この記事では、2012年8月18日に開催された、DDTプロレス、日本武道館大会「武道館ピーターパン」の観戦記(その2)を書いています。

2012年8月18日(土)に開催された、DDT武道館大会。その2をお届けします。


IMG_1880

(電飾は素晴らしかった。ビッグマッチっぽいよ!)


DDT武道館第3試合 竹下幸之介 対 エル・ジェネリコ

期待の新人高校生「竹下幸之介」の登場。
デビュー戦にして、DDT最高の舞台、そして対戦相手は超一流選手。会社が彼にかけている期待の大きさが伺い知れます。

でも、最後までこの舞台でやる意味がわからなかった。
確かにタフだし運動神経も良くて、ジェネリコの必殺技Brainbustaaaaahhhhh!!!!!まで引き出したけど、穿った見方をすれば、「大舞台のデビューで相手が大物なので、粘って必殺技まで引き出して負ける」というのがミエミエでその通りになったので、なんかつまらなかった。本人にも相手にもプラスにならないデビュー戦だったのではと思う。

(なお、私は見る目がないので、来年早速竹下が大物になってたらこの意見をすぐ翻します。竹下選手は、陸上部の動きを取り入れたエルボーや飛び技を駆使していました。遠くて気づかなかった)


広告



DDT武道館 第4試合 サッカーマッチ

マサ高梨、佐々木大輔、星誕期、遠藤哲哉、藤本つかさ(アイスリボン)
vs 
ヤス・ウラノ、アントーニオ本多、火野裕士(K-DOJO)、タノムサク鳥羽、世IV虎(スターダム)

個人的に期待していたサッカーマッチ。

5対5のタッグだけど、「5分ハーフの前半後半で、フォール&ギブアップの数を競う」という素敵なルール。
いきなりキャプテン翼の作者高橋陽一が書いたあおり漫画という素敵すぎるVTRでスタート。サッカーユニフォームを着たメンバーが入場するところから期待が高まる。こういうのは形が大事だよね。

開始がゴングじゃなくてホイッスルとか、間接技の途中で時間切れになるとか、ロスタイム1分とか、フォールとったあとに浮かれて抱き合うとか、浮かれてるスキに逆転されるとか、とにかくサッカーとプロレスの掛け合わせの小ネタの質が高くて楽しかった。

そして2-2で迎えた結末は、まさかのPK戦。何のひねりも無い普通のPK戦。
花道奥にリアルサッカーゴールを設置して、(グダグダな感じで、一切サッカー的に見る所のない)PK戦が繰り広げられるのでありました。すばらしかった。


IMGP5617

当日唐突に発表されたチーム名(明枠と東葛)も素敵。




DDT武道館第5試合 KUDO&大石真翔 対 MIKAMI&藤波辰爾

レジェンド「藤波辰爾」を迎えて行われたKO-Dタッグ選手権。
ほもクロとして、アイドルをうたう大石&KUDOの王者組に、藤波&MIKAMIが挑戦。
藤波が出てきた背景は知らないが、どうやらMIKAMIは藤波の大ファンらしい。
まあ、アレですね。接待プロレス。

藤波がラダーに登って大歓声、ドラゴン殺法に大歓声。

藤原組長のときにも感じたけど、若さと独自色で人気を獲得した団体が、昭和のレジェンドレスラーの晩年に頼る姿はあまり見たくなかった。


DDT武道館 第6試合 高木三四郎 対 鈴木みのる

DDTの大社長が鈴木みのるに挑む大一番。
対戦が決定したのが1年前というのが本気度高め。
1万人の観衆が高木の入場テーマにあわせて「Fire」ポーズをしたのは圧巻だった。この2人の入場曲はとても良いと思う。

高木のみ凶器使用が可能という、勝ちに徹した試合。…と思ったけれど、凶器というのが
・メカマミーのドリル
・新高木三四郎(松田憲三=分身)
・愛川ゆず季(=お色気)
・マッスル
・藤原喜明

ということで、普通にネタ満載のプロレスに。
とはいえ、試合部分で全く歯が立たない高木。ゴッチ式パイルドライバーで沈む。

その後が高木の真骨頂。引退宣言とみせかけて(嘘泣きまでしてた)みのるにスタナー。往生際が悪いようで、これまでの想いをすべて込めた感動的なマイクの末、5年後の東京ドーム大会の開催を宣言する高木。しかし。これだけ高木が喋ったのに、最後は自分のインパクトを残して行くみのるは凄かった。

プロレス初観戦の後輩は、この試合が一番印象に残ったと言っていました。


このあと休憩をはさんで、いよいよラスト3試合です。(この時点で既に3時間超えてました)



実はCDにほとんど収録されていない「風になれ」。まさかのNOAHコンピに収録されてる。

【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

モア 同じカテゴリの記事