この記事では、当ブログがアメリカのNWAより、ポスター画像の引用を認められたことについて書いています。


このブログではときどきアメリカのNWA(特にNWA Houston)の情報を掲載しています。その際、NWAのホームページに掲載されているポスターの画像を勝手に貼っていたのですが、これってあんまりよろしくないかな、と思って、NWAの人に問い合わせることにしました。

無断使用といってもポスター画像なので向こうの利益は損ねていないはずだし、快く許可してくれるはず・・・という浅ましい思いを秘めつつ、NWA Houstonのホームページに掲載されている連絡先メールアドレスにメールを送りました。すると、意外な展開になりました。。


広告




メールをしたら数時間ほどで返信が帰ってきました。差出人はスタッフなどではなくて、NWA Houstonのプロモーターであり、NWAのVice President(組織体系が見えないけど、副会長あたりか?)であるTony Brooklyn氏です!

「ポスターの画像は今後も使って問題ない。世界にNWAを広めてくれてありがとう。是非ブログのリンクを教えてください」という趣旨のお返事をいただきました!

うっかりリンクを貼らずに問合せメールを出すという失態を犯してしまったものの、ちゃんとNWAに許可を頂くことができました。

というわけで、今後は堂々とポスターの画像を貼っていこうと思います。

また、Brooklyn氏は返信の中で、来年5月頃に、NWA(おそらく NWAヒューストンのはず)と新日本プロレスがまた一緒に興行をする、という情報も教えてくださいました。残念ながら私は見に行くことができませんが、今後も新日本とNWAは交流が続いていくのですね!(この先の小島絡みのストーリーを邪推しないように)

というわけで、こちらがお墨付きをいただいたポスターです!

NWAPosterJan2014
ドリーファンクジュニアが来場します。左端で腕組みしているのがジャックス・デイン(ジャックス・ダン)で、ドリーの右隣に写っているのがByron Wilcotことビッグダディ・ヤムヤムです。

その後、わたしがブログで何を書いているか(今度はちゃんとリンクを送って)お伝えしたところ、興味を持っていただけたのか、「大会の際に是非お会いしましょう」ということになったので、めちゃくちゃ興奮しております。色々伝えたい事や聞いてみたいことがたくさんあるので、しばらくは英語の勉強を頑張ろうと思います。


他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

本当に中途半端な英語から脱出したい。。。

sponsored link



モア 同じカテゴリの記事