この記事では、アメリカ有数の経済情報誌であるWSJ(ウォールストリートジャーナル)に掲載されていたアメリカのインディープロレスに関する記事を和訳して紹介しています。

世界最大の日刊経済新聞であるウォールストリートジャーナル(Wall Street Journal WSJ)が、なんとアメリカのインディー団体の内情を赤裸裸に紹介していました。




すごい興味深い内容なので思わず和訳してしまいました。少しでもアメリカのインディープロレスに興味がある方は、是非読んで頂きたいです。

元記事
http://blogs.wsj.com/metropolis/2014/03/19/bronx-wrestlers-punch-body-slam-for-glory/
元記事だと、この和訳記事の広告が表示されているところに、レスラーたちの写真があるので、是非そっちも一度見てくださいね。段落が多いのは、元記事と同じ所で区切っているためです。

1911915_659795387425569_632963845_n
こちらの団体、BWF(Bronx Wrestling Fedelation)のルポです。


日本語訳

タイトル:Bronx Wrestlers Punch, Body-Slam for Glory

ブロンクスのレスラー達は名誉のためにパンチやボディースラムをする

ニューヨーク州のブロンクスにある倉庫の2階で、コスチュームに身を包んだ男たちが、100人以上のファンを前にリングの上で闘っている。

彼らは日中は工事現場労働者だったり、レストランのマネージャーだ。でも、夜はプロレスラー”ケイブマン”や”ビッグ・ヘビー"となって、毎月開催されるBWF(ブロンクスレスリング連盟)の興行に出場するのだ。

BMFの大半のレスラー達は別の仕事をしていて、家族も持っている。彼らは子どもの頃からプロレスラーになりたいという夢を持っていて、そして今それをかなえている。

ドミニカ出身のフランコ・セガンドにとって、それは本当に大きな夢で、彼は2010年にBWFを設立した。

セガンド氏がコスチュームに身を包んでリングに上がるとき、彼はマスクマン、ブロンコ・インターナシオナルになる。

「私たちは子ども達の人気者だ。リングに上がると子ども達は熱狂する。試合後、家に帰ると体中が痛いけど、頭の中では”今日はみんな喜んでたな"って思うんだ」と、51歳になるセグンド氏は語る。


彼の母国ではセガンド氏はルチャドール、派手な衣装で闘うメキシコスタイルのプロレスラーだった。彼は2000年に建設業で働くべくニューヨークに移住してきた。しかし彼はどこか満たされず、レスリングをすることだけが彼を満たしてくれると気づいた。

それから氏はブロンクス川の近くのジムにリングを作った。レスリングスクールを開いて50人の生徒を指導し、興行を始めた。


「ルチャは私の情熱、私の人生だ」と彼は語った。

広告



彼に同調する人も出てきた。レストランのマネージャー兼子どものカウンセラー兼看守をしている39歳のロバート・ムノズさんだ。リングネームは”関節技のテクニシャン”ことボビー・ベノムだ。

混紡を振り回して叫ぶレスラーのケイブマンはブロンコス在住の21歳のホセ・カマチョだ。彼はネアンデルタール人のような髪を切るように上司に言われた事がきっかけでバイトをやめてしまった。

「僕はバイトの上司にレスリングが最優先だと伝えたよ」とカマチョ氏(ケイブマン)は語る。

ビッグヘビーことジョージ・ロサリオ氏は185cm、140kgの巨漢だ。


彼はリング上で叫ぶ「誰も俺を止められない。俺は偉いんだぜ。お前達がそれを気に入らないならなんとかしてみな!」彼は29歳で高齢者センターで運搬人をしている。


ニューヨーク州のアスレチックコミッションはプロレス興行をエンターテイメント(演劇などと同様)として扱っている。しかし、(格闘技ほどではないにせよ)依然として規制がある。興行主は年間免許を持たなければならず、レスラー達に保険をかけ、試合前にはレスラー達は免許を持った医師の診断を受ける必要がある。


世界最大のプロレス団体のWWEのように、BWFの試合結果は決まっていて、抗争やストーリーラインには脚本がある。しかし、レスラー達が身体に受ける痛みは本物である。レスラーたちは脳しんとうを起こしたり骨折したりする。


sponsored link



ジョニー・ノスの名で活躍する26歳のジョン・トーレスは「身体は痛むけど、心は喜びでいっぱいなんだ」と言う。彼の父もレスラーで、彼はそれを継いだのだという。

BWFはアメリカに数多くある”インディー”団体の1つである。レスラー達はコミュニティセンターやビリヤードホールのような会場で行われるインディー興行に出場し、僅かなお金、あるいは無償で試合をする。


プロレスリングイラストレーテッド誌の編集長であるスチュー・サクス氏によれば、インディー団体の収入はチケットの売り上げに大きくかかっているという。
彼によると多くのレスラー達の最終目標は、TNAやWWEのような大きな団体に所属する事である。しかし、メジャー団体がテレビや大会場で生える大型選手を好むのに対し、才能はあるけれど体格が足りない選手達がインディーには多い。


「例え数は少なくても、観衆の前に立ってやりたい事をするのは、レスラーにとって特別なことなんです」とサクス氏。


今月の興行では、明るいライトと煙幕が立ちこめるジムの中で、レスラー達が闘っていた。小さい子どもを連れた家族が折り畳みイスに座り、歓声をあげていた。


試合前に選手たちの血圧をチェックした医者も、手を叩きながら観客席に座っていた。売店では、ケイブマンのポスターが2ドル、ブロンコ・インターナシオナルのマスクが15ドルで売られていた。入場料は大人13ドル、子ども7ドルだ。(現在1ドル100円程度)

sponsored link




49歳のデビッド・ブラントレーは30歳の息子コーリーと一緒に最前列に座っていた。コーリーは腰の下に麻痺があり、車いすを使っている。


父子は毎月BWFを見に来ている。レスラー達はよくコーリーに話しかけてくれて、写真を一緒に取ってくれる。


「私も息子もこの為に生きています」と父のデイビッドは語る。


この日のメインイベントは極悪人ボビーCディネーロ率いるタッグチームディスリスペクトフルズとケイブマンとルカ(190cm、125kgの荒くれ者)の抗争であった。首を絞めたり噛み付いたりとの乱戦の末、ボビーCディネーロがルカをピンフォールし、観客達はブーイングを飛ばした。


ボビーCの本名はロバート・ゼムラーという42歳の男性で「リング上では俺は悪者だけど、リングを降りたら優しいぜ」と語る。


彼はプロレスで稼げてはいないが、プロレスを愛していると言う。彼は興行のチラシや自分がポーズをとっている写真を貼ったスクラップブックを持っている。


「何かしらの遺産を残したい人がいるだろう。俺に取って、レスラーであることと、人生を通じて良い人であること、それが全てなんだ」とゼムラー氏は語った。


※一部意訳したり端折ったところがあります。(試合の細かい描写とか)

紹介されていたBWFという団体のサイトはこちらです。
https://www.facebook.com/TheBWF


色々こみあげてくるものはありますが、感想は後日別記事で。

当ブログは経済&プロレスの両面を見ようとしていたブログです。今回紹介した記事は、経済ネタというより日経新聞の生活欄みたいな感じではありますが、まさにど真ん中の記事でした。意外と長かったけど、好きなものは頑張れば1時間ちょっとで訳せるものなんですね。

広告

ブロンクスといえばデニーロ初監督作品のブロンクス物語が真っ先に出てきます。


【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


モア 同じカテゴリの記事