プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

カテゴリ:InspirePro

この記事では、新日本プロレスの渡辺高章選手が出場した、アメリカはテキサス州のインディープロレス団体であるInspire Pro Wrestlingの大会の動画をご紹介します。

31 PM

以前、このブログで、アメリカで海外武者修行中の新日本プロレスの渡辺高章選手の近況をお伝えしました。

渡辺高章、武者修行先のインスパイアプロレスで高評価される!

2014年1月にテキサス州オースチンのInspire Pro(インスパイアプロ)という団体に上がり、歓声を浴びていたようです。


このInspire Pro、歴史は浅いながら、けっこうちゃんとした団体で、ホームページやらYouTubeの公式チャンネルなどけっこう充実しています。そしてYouTube公式チャンネルに、1月大会(The Ecstasy of Gold)の動画がまるまるアップされていました!もちろん渡辺選手の動画も見られます。

というわけで、気になる方は、以下の動画をチェックしてみてください。


渡辺選手の試合は1時間46分30秒あたりから見られます。(リンククリックでその時間から再生開始します)
この記事投稿時点で290viewでした。どれだけ増えるかな。


sponsored link

動画の英語を聞き取れるようになりたい方へ!


渡辺選手のInspire Proでの試合動画の解説

動画を見るのが億劫だという方向けに文字で紹介しておきます。

対戦相手は顔面白塗りのGregory(Greg) James (グレゴリー・ジェームズ)という選手です。写真を見る限りでは細身の選手という印象でしたが、動画を見るとプロレスラーだけあってゴツい。アメリカ人は骨格が違います。入場するなりニョロニョロとレフェリーを威嚇するなど、怪奇派スタイルでしょうか。

しかし、続いて入場してきた渡辺選手、対戦相手とは比べ物にならないくらい身体が分厚い!さすが日本のメジャー所属選手です。背中にライオンマークの入った革ジャンらしきものを着ています。

対戦相手がヒールということもあってか、観客の声援は渡辺選手に好意的です。コールされると紙テープが飛び、「ワ・タ・ナ・ベ」チャントが沸き起こりました。
ゴングが鳴っても渡辺選手は自ら手を叩いて拍手&コールを誘っていました。堂々としたものです。

序盤は、ヤングライオンとかでよくある攻防が繰り広げられます。ジェームズ選手、ロープワークがちょっとばたついたり、細かい動きが雑なように見えます。基本の攻防とはいえ、体格で勝る渡辺選手が優勢に試合を進めます。

実況が恐ろしいほど聞き取りづらいんですが、Japanese Style とか Completely differentとか聞き取れたので、日米のファイティングスタイルの違いについて解説していたのではと想像します。

広告




渡辺選手は場外の相手に向けて、エプロンを助走してのボディアタック(優し目)なども敢行していました。強烈な打撃などで追い込んで、足を抱えてのバックドロップを放とうとしたところ、逆転されて、回転十字固めに切り返されてしまいます。そこからジェームズ選手が優勢に立ちます。チョーク攻撃を皮切りに、トップロープからのネックブリーカーと畳み掛けます。しかし、渡辺は踏ん張り、チョップ合戦からのカウンターのエルボースマッシュ、エルボー連打、STF、コーナーから(ちょっと長過ぎるアピールを挟んでの)ダイビングクローズラインと大技連発です。グレゴリー選手は2カウントで返すのがやっとです。

そして、最後は必殺の足を抱え込んでのバックドロップ(Back Drop Driver)を炸裂させます。しかし、ここでグレゴリー選手のセコンドのモビダスが妨害して3カウントならず。

渡辺選手がセコンドに気を取られているすきにグレゴリーが立ち上がり、ジャンピングのヒザ蹴り、ネックブリーカー(実況談)とたたみかけ、渡辺選手から3カウントを奪ってしまいました。

グレゴリー選手の意外な勝利に場内は軽いブーイング。倒れたままの渡辺選手を、グレゴリー選手のセコンドのモビダス(Morbidus)が追撃したことで、ブーイングはさらに大きくなります。すると、渡辺選手は息を吹き返し、モビダス選手に強烈なバックドロップをお見舞いします。グレゴリー選手は慌ててバックステージへと逃げて行きました。コーナーへ上がってアピールする渡辺選手に対し、場内は渡辺コールでこたえます。引き上げる際には"Please come back"と叫んでいる人もいました。

そんなわけで、当時の現地レポートにあった渡辺選手が高評価、というのはあながち誇張ではなかったようです!


sponsored link



Inspire Proの興行、他の見どころをご紹介

52 AM

このインスパイアプロレス、なかなか見応えのあるイベントなので、お時間がある方は、是非とも他の試合動画もチェックしてみてください。

メインイベントでは、Inspire Proの初代王座を賭けた3Way勝ち抜き戦が行われましたが、が個人的にはセミで行われたRaymond "Death" Rowe(レイモンド・ロウ)選手とChris Hero(クリス・ヒーロー)選手のシングルマッチが凄い良かったです。
(2時間28分頃から試合開始です。)

四天王プロレスのような大技の攻防で、手に汗握る試合でした。試合後も互いをたたえ合う、清々しい結末です。当ブログではRaymond Rowe選手をイチオシしていますが、本当に名勝負製造機ですよ。

また、ビッグダディ・ヤムヤム曰く「日本語がペラペラな黒人選手」ことRicky Starks選手も出場しています。ハリウッドスターのジョセフ・ゴードン・レヴィットにちょっと雰囲気が似ていました。無駄のない体格で華があるルックスなので、インディーの人気レスラーにとどまっていてほしくないなあと思いました。2時間5分頃に登場です。対戦相手がすごい"汚い"です。


この興行ではあともう1試合、すごい気になった試合があるのですが、こちらについては別の記事でお伝えします。


渡辺高章選手、4月に再度Inspire Pro参戦

Inspire Proは、来る2014年の4月27日に、No Room to Dieなる興行を開催するようです。公式Twitterによると、この大会に新日本プロレスの渡辺高章選手が再び参戦するようです。(対戦相手は現時点では言及なし)



追記

渡辺高章選手の対戦相手は、DIRTY Andy Dalton(アンディー・ダルトン)に決まったようです。Andy Dalton選手は1月大会ではRicky Stalksと対戦した選手で、ニックネームのDirty(汚い・バッチい)に違わず汚くて下品な選手です。渡辺選手の試合運びが試される難敵ですね。


なお、グレゴリー選手はInspire Pro王者であるマイク・デルに挑戦する模様。ここ数戦負け無しという挑戦者のグレゴリー選手ですが、渡辺戦を見る限り、まだ顔じゃないという印象だけどなあ。。なお、マイク・デル選手は、PRIDEで活躍したマーク・コールマンみたいな厳つい顔をした選手です。私は生で見た事はないけれど、オーラのありそうなベテランインディーレスラーです。

ゴールデンウィークシーズンなので、是非日本からテキサス州オースチンまで、渡辺選手を応援に行ってみてください!


sponsored link

レンタカーは必須。



【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


この記事では、海外武者修行中の新日本プロレスの渡辺高章選手が参戦したインスパイアプロレス(Inspire Pro Wrestling)の1月の大会結果について書いています。


31 PM


先日このブログでもお伝えした通り、新日本プロレス所属の渡辺高章選手が、1月5日にテキサス州オースチンで開催された、Inspire ProwrestlingのEcstacy of Goldという大会に出場したようです。
新日本プロレスの渡辺高章、TexasのInspire Prowrestlingに出場

渡辺選手は、UnholyことGreg James (グレッグ・ジェームズ)選手と対戦しました。
公式サイトに掲載されていた試合レポートを抜粋します。
In the first of our two special attraction matchups, it was the undefeated and “Unholy” Gregory James, squaring off with the first international talent to step foot in an Inspire Pro Wrestling ring, New Japan Pro Wrestling’s Takaaki Watanabe. This once in a lifetime matchup truly delivered despite the clashing of styles between the two competitors. But the question was, could Gregory James hold his own against the international rookie sensation? Both men dished out their stiffest of shots, with no man seemingly able to put the other away. But, when it looked as if Watanabe would deal James his first ever loss in Inspire, the unholy disciple Morbidus would provide a distraction, enough of one for James to hit his butterfly neckbreaker that gained him a unmatched 4-0 record. Looking to inflict more damage, Morbidus would continue the assault on Watanabe, eventually shrugging off the attack and dropping the LEGION member with his signature backdrop driver. Watanabe then took the time to soak up the adulation of a much appreciative crowd, standing tall even in defeat.

【ニュアンス訳】
旗揚げから無敗のUnholyことグレゴリー・ジェームズ選手が、初海外武者修行でインスパイアプロレスに乗り込んできた新日本プロレスの渡辺高章と対戦した。滅多にない激しいぶつかり合いの末、渡辺がグレゴリー・ジェームズにインスパイアプロレスで初めての黒星をつけると思われた。しかし、ジェームズの仲間であるモービダス(Morbidus)が乱入し、その隙にジェームズはバタフライネックぶりーカーで渡辺から勝利を奪い取り、4連勝となった。モビディアスは試合後も渡辺を攻撃したが、渡辺はバックドロップで彼を葬り去った。そして、敗れはしたものの、声援を浴びながら退場した。



渡辺選手、残念ながら敗れはしたものの、拍手喝采を浴びての退場だったようです。
補足として、この試合を見ていた方のTwitterのつぶやきをを拾い上げてみます。


ジェームズが渡辺に勝った。渡辺は試合後(相手のセコンドとして介入してきた)モーディアスにバックドロップを放った。渡辺に大声援とスタンディングオベーション。


渡辺に対して"Please come back" (また来てくれ)というチャント(声援)が発生した。



どうやら渡辺選手、しっかりと参戦した爪痕を残せたようですね!!


渡辺選手、けっこう髪が伸びたんですね。



広告




その他の特筆すべきこととしては、私が応援しているテキサスのRay Roweというレスラーが来日経験もある元WWEのクリス・ヒーローと対戦しました。



激戦の末、レイ・ロウがクリス・ヒーロに勝ったようです。
まだ1月なのに「今日のクリス・ヒーロー対レイ・ロウの試合は、年間最高試合かもしれない」とTwitterに投稿している人がいました。


さらに、試合後、クリス・ヒーローとレイ・ロウは意気投合して、ヒーロウ(Hero+Rowe -> He-Rowe)なるチームを結成することになったようです。

この大会では、初代インスパイアプロレスリング王者が決定しました。メインイベントはデイヴィー・ヴェガ、マイク・デル、ジョーダン・ジェンセンが3wayで対戦し、マイク・デルがデイヴィー・ヴェガをフォールして初代Inspire Pro王座に輝きました。


Inspire Pro Wrestlingの次回大会は、2月16日にテキサス州オースチンで開催されるようです。初代王者となった"ワン・マン" マイク・デルが、1月大会の次期挑戦者決定戦を勝ち抜いたフランコ・ディアンジェロ (Franco D'Angelo)の挑戦を受けるようです。

28 PM
今のところ、渡辺高章選手の出場は予定されていないようです。

渡辺選手の次の試合がいつどこであるのか分かりませんが、ニューヨークの近くニュージャージー州にある PWS(Pro Wrestling Syndicate)なる団体で、2013年2月22日(土)に30人が出場するバトルロワイヤル(30 man on the spot title rumble)にエントリーされているようです!”ヒットマン”ブレット・ハートが来場したり、コルト・カバーナ対クリス・ヒーローが行われる大会のようです。昨年12月にはディアナの坂井澄江選手が出場していたらしい。(彼女、アメリカ在住なんですね!)


広告

イッテンヨンの翌日に頑張った渡辺選手。

余談ですが、当ブログの渡辺選手の記事にテキサス州オースチンからアクセスがありました。私はご本人がアクセスしてくださったのだと信じています。


【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


このページのトップヘ