プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

カテゴリ:TNA

この記事では、2014年10月12日(日)に後楽園ホールで開催された、アメリカのプロレス団体TNAの年間最大の興行"BOUND FOR GLORY"を生観戦した観戦記を書いています。第2試合から第4試合まで。ロウ・キーが久しぶりに見られて嬉しかったけど、サモア・ジョーに魅了されました。


TNA_Bound_For_Glory_03



当日の思いつきで、後楽園ホールにTNAを観戦しに行きました。当日券、指定席で一番安い席を買ったら、見事に一番後ろの席でした。ガラガラかと思いきや、入場に手間取っただけで、ふたを開けてみたらフルハウスで、観客もノリノリでした。

広告


TNA BFG 第2試合:シングルマッチ

イーサン・カーター3世(EC3) 対 浜亮太 (Ethan Carter III vs. Ryota Hama, Singles Match)



最近のTNAはテレビで一回しか見たことないけれど、その時出てた悪役がこのEC3でした。若い金持ちキャラですね。先に入場したEC3はすごい良い身体です。もちろん大きなブーイング。長めのマイクをしますが、少々マイクが聞き取りづらい。


TNA_Bound_For_Glory_06
EC3の煽り(Hamaじゃなくてham呼ばわり)で浜が入場。いつの間にか雰囲気出てますね。リキシのオマージュといえばそれまでだけど。

TNA_Bound_For_Glory_07
浜が体格を活かし、攻め込みます。自分の使い方良くわかってます。
体格でかなわぬEC3は思わず相撲勝負を挑む始末。

浜が終止良い働きをするも、EC3が急所攻撃からの丸め込みで勝利。試合中は散々ブーイングしてても退場時にEC3にちゃんと声援送るのが日本人らしいなと思いました。

TNA_Bound_For_Glory_08


TNA BFG 第3試合 シングルマッチ

MVP 対 KAZUMA SAKAMOTO (MVP vs. Kazma Sakamoto, Singles Match)

TNA_Bound_For_Glory_09

新日本プロレス(IC王座戦線)でお馴染みのMVP。入場時にはおかえりの声も飛んでいました。
坂本が奇声を上げながらの攻撃など織り交ぜつつも、試合は終始MVPペース。途中、TENSAIがどうのというネタもはさみつつ、サカモトが場外で若い女性観客の上に落とされたりしつつ、最後は強烈なキックからMVPがピンフォール。MVPの勝利です。


 
sponsored link

TNAは日テレG+で毎週放映中です


第4試合 TNA X Division選手権試合 3WAYマッチ

サモア・ジョー(王者) 対 ロウ・キー 対 カズハヤシ
(Samoa Joe (c) vs. Low Ki vs. Kaz Hayashi Three-Way Match for the TNA X Division Championship)

TNA_Bound_For_Glory_11


ロウキー大好きなので注目の一戦です。3WAYの王座戦でも、ロウキーなら絶対面白くなるはず!


過去実績の一例

まずはロウキーが入場。声援も大きいです。続いてのカズだけ声援なし。最後に入場した王者サモア・ジョーへの声援がすごい。始まってすぐにその理由がわかっりました。巨体に似合わず動くこと動くこと。投げから関節に打撃、そして飛ぶ!場外でロウキーとカズの両方に放ったダイブは大声援でした。

若干カズが目立たない展開ながらも、ジョーに鎌固めをかけられたロウキーをカットするどころか、2人まとめて関節をかけたりと、なかなか魅せます。場内"Jow! Joe! Joe!"とジョーコール。

ロウキーがコーナーにいる2人を狙ったところ、ジョーが巧みにかわしてロウキーはコーナーにいたハヤシに見事すぎるキックを決めたりと、単発で凄い動きがたくさんでてきました。

そして、最後はサブミッションでサモア・ジョーがロウキーを下しました。(なぜかカズハヤシは場外から戻って来なかった)

勝利したジョーはマイクを持ち、日本語で…

TNA_Bound_For_Glory_13
「元気ですかー!」

ずっと昔に立った後楽園ホールにまた立てたことに対し、ファンへの感謝を述べていました。そして、TNAとW-1はファンのために一体となって行くことを宣言しました。(そもそもW-1ってファンを無視して分裂した団体なんだけどなぁ…)


内容ではこの日一番の試合でした。


4試合終わってこの時点で20時少し前。ちょっと長めの興行の予感です。その3に続きます。



広告

女子レスラーDVDはPornかと思った。


【ご注意】
リンク・引用は歓迎。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


この記事では、2014年10月12日(日)に後楽園ホールで開催された、アメリカのプロレス団体TNAの年間最大の興行"BOUND FOR GLORY"を生観戦した観戦記を書いています。まずは開場から第1試合まで。TNAのPPVがガラガラになるかと思ってヒヤヒヤしました。

TNA_Bound_For_Glory_25


当日の思いつきで、後楽園ホールにTNAを観戦しに行きました。ガラガラなのでは、という噂と、16時の時点でそこそこチケットを買いにきている人がいるという情報が錯綜するなか、直接当日券売り場に足を運んでみました。当日券の安い席が無ければ観戦断念と思って、17時に後楽園ホールに到着すると、なんと、立ち見含む全席販売中でした。立ち見(1500円)はバルコニーではなく南席最後尾とのことだったので、4000円の指定席を購入しました。先日観戦したみちのくプロレスの当日券より安い…

広告




TNA 開場までの長い道のり

開場18時とのことで、1時間後に後楽園ホールに戻るとすごい人だかりができていました。混みすぎてるので、整列入場のために階段てっぺんから東京ドーム方向に列を作っての入場となりました。ものすごい長さになり、東京ドームの下の駐車場のようなスペースまで伸びて行きました。そして、5分ほどで開場したのでしょうか、ゆるゆると列は前に進み、18:15に入場できました。まだガラガラ。本当に埋まるのか?本当に18:30開演できるのか?

TNA_Bound_For_Glory_02



しかし、ガラガラなのは入場に手間取っているだけのようで、絶え間無くお客は入ってきます。そして何のアナウンスも無いまま開演時間の18:30は過ぎます。19時開始か…と思った18:45に照明が変わります。沸き返る満員の観客。そう、試合開始時点では恐らく全席売切れたのでしょう。北側を花道にして潰しているものの、立ち見は指定席の後ろの通路に3列くらい入り、完全に満員です。


TNA_Bound_For_Glory_03


照明だけついてまた引っ張るのか…と思いきやすぐにW-1のリングアナが登場し、立て続けに本物のTNAリングアナを呼び込みます。ゆっくりとした英語で客席を煽るリングアナ。客席も精一杯の声援で答えます。すごい良い雰囲気。出来上がってます。というか、折角日本に来てくれたTNAを盛り上げようというファンの心意気に感じました。


TNA_Bound_For_Glory_19


早速スタートです。



sponsored link

TNAは日テレG+で毎週放映中です




TNA BFG 第1試合:シングルマッチ

マニック 対 田中稔 (Manik vs. Minoru Tanaka , Singles Match)

TNA_Bound_For_Glory_04
対戦カードは発表されていたものの、試合順は開始まで分からないようになっています。

まずは青いコスチュームでマニック入場。私の知る限り数か月前までスパイダーマンみたいな赤いコスだったので、始めは誰か分からず。稔はバキバキ&真っ黒ですね。

TNA_Bound_For_Glory_05



冒頭からマニックに大きなレッツゴーマニックコール。客席は本当に出来上がってます。途中マニックがリング下に隠れて、稔の背後から突然現れたりと、トリッキーな事をしつつ、一進一退の攻防の末、ミノルスペシャルで稔の勝利です。

※この試合だったか記憶が怪しいのだけど、稔が場外に出るとマニックがダイブしようとして、慌ててレフェリーが(何故か)静止する。レフェリーが場外の稔に向かってカウントを数えていると、背後からマニックがレフェリーを飛び越えて場外にトペ、という凄いシーンがありました。

負けたマニックも、退場時には稔以上の大声援でした。

TNA観戦記はその2に続きます。

広告

女子レスラーDVDはPornかと思った。


【ご注意】
リンク・引用は歓迎。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


このページのトップヘ