この記事では、2014年10月13日(月、祝)に東京の両国国技館で開催された新日本プロレスのビッグマッチ、KING OF PRO-WRESTLINGの観戦記を書いています。お待ちかね、石井ちゃんと中邑さんの試合です。


njpw_king_of_pro_wrestling_2014_007
第5試合中にとれかけた中邑の横断幕。早めに処理してあげて...


新日本プロレスのキングオブプロレスリング両国大会(2014)の観戦記を書いています。第5試合のジュニアタッグが盛り上がりました。後半もこの勢いに乗りたい所です。

 

広告



新日本両国大会 第7試合:NEVER無差別級選手権

(第4代チャンピオン)高橋 裕二郎 対 (チャレンジャー)石井 智宏

njpw_king_of_pro_wrestling_2014_013


石井選手への声援は凄まじいものがあります。特に今回は相手が嫌われ者の裕二郎ということもあり、ほぼ全員が石井応援というすごい熱気です。

裕二郎はセクシーなお姉さんを同伴で入場します。先に入場した石井選手を差し置いて、お姉さんは裕二郎の入場曲に合わせてクネクネと踊ります。外からニヤニヤと見つめる裕二郎と、一切無視する石井。

真っ向勝負の石井と、相手をスカす裕二郎はものすごく噛み合なくて石井が苦戦すると思っていたものの、この日の裕二郎はセコンドを介入させることもなく真っ向勝負でした。ただ、歴代の名勝負(私が見たのは飯伏、内藤戦)と比べると後一歩盛り上がりが足りなかったように思います。

前半の頭突きを温存した石井が、後半に頭突きをもとに反撃して、マイアミシャインも返して、大勝利。場内は大爆発でした。

特筆すべき事としては、いつも観客にアピールしないイメージがあった石井が、技に入るまえに両腕を高々と掲げたり、首をかっ切るポーズなど、客席に対してアピールをしていました。いつから??





sponsored link


日本のプロレスはサムライTV、WWEはJ-Sports

新日本両国大会 第8試合:タッグマッチ

YOSHI-HASHI&中邑 真輔 対 柴田 勝頼&後藤 洋央紀

njpw_king_of_pro_wrestling_2014_012

なんとこの日は、後藤のテーマ(覇道)ではなくて、柴田のテーマで両者入場でした。

njpw_king_of_pro_wrestling_2014_011
因縁高まる柴田と中邑の刺激的な交わり。打撃と組技を中心に、短時間ではありますが、バチバチとぶつかりました。

この日の後藤はほとんどサポートに徹したのか、ほとんど印象がありません。良い事なのか悪い事なのか、回天とか昇天とかほぼ出さず。

YOSHI-HASHIが奮闘するも、最後は後藤が中邑を押さえつけている間に、柴田がスリーパーからのPKでYOSHI-HASHIからフォール勝ちです。

なんとも言えない幕切れでしたが、試合後に中邑がマイクを持って大歓声が起こります。中邑は王者権限で、いきなり柴田をIC王座の挑戦者に指名しました。ドームなのか大阪なのかは明言せず。

※セミ・メインの更新はしばしお待ちください。


広告

本大会とあわせて昨年の大会もDVD発売中。


【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

  モア 同じカテゴリの記事