プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:チーム3D

この記事では、2014年10月12日(日)に後楽園ホールで開催された、アメリカのプロレス団体TNAの年間最大の興行"BOUND FOR GLORY"を生観戦した観戦記を書いています。その3として第5試合と第6試合。大ベテランたちの凄さを体感しました。


TNA_Bound_For_Glory_20
一杯入りました。



当日の思いつきで観戦することにしたTNA、思いのほか盛り上がっていて、良い興行でした。4回にわけて観戦記を書いています。

広告


TNA BFG 第5試合 W-1提供 タッグマッチ

アンディー・ウー&エル・イホ・デル・パンテーラ 対 黒潮"イケメン"二郎 &児玉ユースケ
(Andy Wu and El Hijo del Pantera vs. Jiro Kuroshio and Yusuke Kodama, Tag match)

ここでリングアナがW-1のリングアナに交代、してる間にパンテーラがタイミング間違えて出てくるハプニングがありました。何のアナウンスも無いままに、花道に立つマスクマン。何とも言えない雰囲気が流れ、客席苦笑です。
TNA_Bound_For_Glory_14

さて、散々TNAで温まったところでのW-1枠だったので、一抹の不安もあった試合です。しかし、そんなことはなく、同じくらい盛り上がりました。イケメン黒潮がひたすらイケメンという声援を受けます。このキャラ初見でしたが、分かりやすくて良いですね。サッとトップロープに立つ身の軽さも良かった。

試合はパンテーラが感情をむき出しに立ち向かうも、全体的にイケメン組が優勢。ものすごい高さからのイケメン場外へのダイブでアンディーを倒しておいて、児玉がパンテーラを飛び技でピン。

W-1というよりWNCメンバーだったけど、みんな良かったです。ただ、ずっと声援を送っていた外人のファン達はケータイいじる時間だったのか静か目でした。イケメンとか意味わかんないよね。

TNA_Bound_For_Glory_15


この試合の後にトイレタイムが設けられるのかと思ったけれど、一切そういう配慮なし。最後まで休憩無しでした。この試合あたりが自主トイレタイムになるかとおもいきや、あまりトイレに立つ人が少なかった印象がありました。


sponsored link

TNAは日テレG+で毎週放映中です


TNA BFG第6試合 ハードコアタッグマッチ

チーム3D(ブリー・レイ&ディーヴォン) 対 トミー・ドリーマー&アビス

(Team 3D (Bully Ray and Devon) vs. Abyss and Tommy Dreamer, Hardcore Tag Team Match)


続いてはこの日一番ネームバリューある試合ですね。往年の有名選手達が昔の名前と動きで沸かせる試合。
TNA_Bound_For_Glory_17
ドリーマーとアビスはそれぞれ個別に入場です。

TNA_Bound_For_Glory_16
ドリーマーに大きなECWコールです。

続いて3Dは入場口と反対側、なんと南側客席の中から登場します。ものすごい大声援!この日一番の盛り上がりです。リングに立つと今度は"We want tables" コールが鳴り止みません。

TNA_Bound_For_Glory_18
この盛り上がり!

TNA_Bound_For_Glory_19
テーブルだよテーブル!



試合は流石に皆様ベテランさんで動きがもっさりしてらっしゃるなー、という感想でした。序盤は。3Dがテーブル出してみんなが盛り上がります。


しあし、このあたりから雰囲気は一変。3Dのテーブル攻撃をかわしたトミーが場外だ、と叫んで客席に雪崩出し、そのあとリング下から凶器の山が取り出されます。


竹刀対竹刀、椅子対椅子のチャンバラやらテーブルクラッシュやらの攻防の挙句にアビスがリング下から取り出したのはなんと、画鋲!


しかし仕掛けたアビスが画鋲ツッコミ、プルプル身体を震わせて戦線離脱。続いてドリーマーも画鋲のなかへの3Dに沈み、チーム3Dが大勝利をおさめました。客席大爆発。


勝利したブリー・レイはファンのお陰で20年も好きなことをやってこれたこと、TNAの殿堂入り出来たことに感謝を述べます。


そして、取り出したのはバレットクラブTシャツ。まさかのバレットクラブ入りか、と客席がザワつくなか、彼はTシャツを破り捨てて画鋲の山に投げ捨てます。観客大盛り上がり。


いやー、本当に来て良かったわー。


レジェンド枠ってどうなのよ、といつも思うのだけど、いざ生でみてしまうと盛り上がってしまいますね。

ここで20時40分。もうすぐ21時です。

その4に続きます。次で最後。

広告

女子レスラーDVDはPornかと思った。


【ご注意】
リンク・引用は歓迎。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


この記事では、2014年8月3日から8月17日までにアメリカのプロレス界(主に中南部インディー)で起こった出来事をお伝えします。


BvK2PVUCAAA9C1z


NWAを中心に、私が押さえている範囲で、アメリカのプロレス界(の片隅)で起こった出来事をお伝えします。今回はまとめて2週間。いつも期間が中途半端なのはご容赦ください。

広告



1.独立記念日のNWA興行でのAJ Stylesの試合動画

AJ StylesがG1来日少し前の7月4日(アメリカ独立記念日)に、アーカンソー州ベントン(Benton, AR)で開催されたNWA Summer Clashに参戦しました。この動画がYouTubeにアップされていましたのでご紹介しましょう。


対戦相手は"The Empire"のSteve Anthony (スティーブ・アンソニー)です。均整の取れた体格で、動きも良く、なかなか良い選手に見えます。会場はロデオ会場でしょうか。動員は300人〜程度と思われます。ちょっと寂しい数かな。

気になったのは字幕。
Youtubeの動画説明が「とカィヒィ地味か倉民干とるに適せクィチ品ティに聞くか
測地も背にらみチマとかんりぃ­と」

・・・意味不明です。

これはSteve Anthoney vs. IWGP World Heavyweight Chanpion AJ Stlyesを日本語キーボードのひらがな配列で入力したものと思われます。(確認しんどかった…)
一体誰が、どんな意図でこんな事をしたのでしょう。ひらがな配列で打てば日本語になるって発想はどうなのよ。

さあ、皆さんご一緒に、チマとかんりぃと (AJスタイルズ)頑張れ!



2.ハーディーボーイズ対ダッドリーボーイズ!

2000年代初頭のWWE(当時WWF)を見ていた私にとっては、懐かしいカードです。Hardy Boys(ハーディーボーイズ) vs Dudley Boys(ダッドリーボーイズ 又は チーム3D)が、帰ってきました。


TNAのテレビ番組、Impact Wrestlingで対戦するようです。水曜に放送日が変わったらしいので、木曜対戦ということはもう終わってしまってるのかな。



sponsored link



3.デイビーボーイスミスJr.!

8月16日のカナダのノバスコティアで開催されたUCW WrestlingにKES・鈴木軍のDavey Boy Smith Jr. (デイヴィーボーイスミスジュニア)が参戦したようです。ポスターはBret "Hitman" Hart (ヒットマン、ブレット・ハート)との二枚看板のようです。

4.K-Dojo来日外国人選手、ムーンシャインの情報

随分昔に、InspireProに出場していることを認識していた、ムーンシャイン・マンテル (Moonshine Mantel)という選手が、(随分前だけど) K-DOJOに参戦していました。

http://wrestlebk.doorblog.jp/archives/njpw-takaaki-watanabe-in-austin-inspire-pro.html

以前ブログに書いたときは、小島選手のNWA王座に挑戦したこともあるCarson選手(ヒューストン・カーソン選手)とタッグを組んでいました。ぬぼーとした風体で、裸の上半身にオーバーオールを着ていました。


Full Showなので3時間超えの動画。1時間くらいのところで出ています。新日本の渡辺高章選手も出場した大会です。

それにしても、何でこの選手を、いったいどういうルートでK-DOJOに呼んだのやら。世の中って不思議なものです。(FUNAKIさんあたりが噛んでいるのかな)


あとは、ビルゲイツとかティムクックがやっているALSのチャリティーを呼びかけるバケツに入った氷水を頭から被るやつが、プロレス界でも流行っているようです。NWAのブルースサープ会長が、自分の子ども達をつかってやってました。

広告



不定期にアップデートしてます。




【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

このページのトップヘ