プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:デーモン植田

この記事では、仕事上で直面した課題に対し、プロレスラーだったらどう解決すれば良いかのヒントを見つけます。今回のテーマは「若手社員の無力感」です。



BuyIPfdIUAEf3gK

私はプロレス界でいうと新日本プロレスくらいの規模の会社で働いています。会社では日々色々な課題が起こります。くじけそうになったとき、プロレスラー達の姿に学びましょう。

問題提起:無力な若手社員

若手社員の頃は、仕事をしていても色々と無力感を覚えることが多いでしょう。

あらゆる意見を「考えが足りない」否定されたり、上司の指示に従って資料を作ったけれど「違う!」と怒られたり・・。


何か根本的に間違っているのだろうか、どうやったら認めてもらえるのだろうか、もしかしてビジネススクールとかに行くべきなのだろうか、そんな風に悩む方も出てくるかもしれません。

その頑張りを否定はしません。でも、その前にプロレスに学んでみましょう。

広告



解決編:若手レスラーだって悩んでる

では、プロレスラーだったらどう解決していたでしょう?

プロレスの若手レスラーたちは、若手同士で試合をすることもあります。それ意外の場合、先輩レスラー達と試合をします。そうすると、ボロボロにやられます。

ヒョロヒョロな若手レスラーのドロップキックは先輩レスラーにはねかえされてしまいます。さらに、先輩レスラーたちの基本技(逆エビ固めなど)でギブアップを奪われます。このままでいいのか、若手レスラー?


私の意見は「それで良い」です。


会社もプロレスも、若手もいればべテランもいます。新日本プロレスのG1 クライマックスのリーグ戦のように全試合がクライマックス、全員スター選手、という例外もあるけれど、普通の興行は若手の試合もあればベテランの試合もあります。若手対ベテランのように、実力差がある選手同士の試合も組まれます。

そういうとき、ベテラン選手が若手のドロップキックを受けて涼しい顔をしていたらどうでしょう?

「あの若手ショボイな」というより「やっぱりベテランはすごいな」となるのではないでしょうか。そう、若手選手がベテラン選手の引き立て役になってるんです。

全ての選手に役割があるように、若手にも「若いこと、いろいろ出来ないことが多いこと」という役割があるんです。相対的になってしまうけれど、結果的にそれがベテラン選手を高めることにつながるんです、



プロレスビジネス論、今日の結論

若手が怒られたりするのは、先輩や上司が優越感を覚えるという意味合いもあるので、そういうもんだとおもってやり過ごしましょう。

P.S.1
とはいえ、10年たってもドロップキックがひ弱だったらさすがにマズいので、しっかり成長していきましょう。

P.S.2
いつまでが若手、というのは難しい問題です。例えば、デーモン植田ってまだ若手だと思ってたけど、すでに7年目、私と1歳しか違わないし、社会人歴(レスラー歴)も2007年〜で同じだった。。

<広告>



【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この記事では、2014年8月3日(日)に後楽園ホールで開催されたプロレスリングZERO-1の興行である「火祭り2014」の決勝戦の観戦記(その2)を書いています。


BuG86bqCQAEiGoA


友人に招待されて(無料で)観戦したゼロワンの火祭りがあまりに面白かったので、決勝を自腹を切って観戦してきました。観戦記その2です。その1からご覧下さい。


広告


第4試合 火祭り2014準決勝 30分1本勝負



デーモン植田 対 KAI。さて、注目の対決です。若手からイロモノに変身したデーモンはWrestle-1の外敵KAIにどんな結果を残すのか。煽りVTRが始まります。

取材班がVMとともにデーモンに呼び出された場所は、何故かデーモンの火祭り優勝祝賀会。デーモンはオネーチャン2人をはべらして得意げにしています。しかし、酔っぱらって目覚めたデーモンは縛られて吊るされています。オネーチャンたちはSMの女王様だったようで、ムチで叩かれ、ロウを垂らされ悲鳴を上げるデーモン。女王様に促され、泣きそうな声で「お前を蝋人形にしてやろうか!」という決め台詞を吐いたところで、音楽がスタートしてデーモン植田入場。

10455208_618731451573628_1788808512660845167_n
スクリーンには陵辱されるデーモンの姿が垂れ流し。なんじゃこりゃ。


試合は、KAIが優勢になったところを、セコンドが介入してデーモン有利に。前回、佐藤耕平に勝ったときは(デーモン水を多用したとはいえ)セコンド使わずに勝ったのになあ、、と思いつつも、勝ちにこだわる姿勢は支持しましょう。
しかし、満を持したデーモン水(毒霧)はKAIが両腕でがっちりとブロック。


10474691_618731251573648_5126077091271996508_n

そのままスプラッシュ・プランチャ(ダイビングボディプレス)でKAIが順当に勝利しました。


○[Aブロック1位]KAI
11分12秒 スプラッシュ・プランチャ→体固め※KAIが決勝進出
●[Bブロック2位]デーモン植田


sponsored link


日本のプロレスはサムライTV、WWEはJ-Sports


第5試合 火祭り2014準決勝 30分1本勝負

58861_618756391571134_6116795185926700228_n


佐藤耕平 対 崔領二、ゼロワンを背負う中堅対決です。ゴングが鳴るなり崔が先制で追い込みます。しかし、耕平も強烈な裏投げとファルコンアローで反撃します。ヘッドバッドで耕平が流血したものの、勝負を制したのは崔。必殺のシドマスを決めてわずか5分少しで勝利します。これで決勝はKAIと崔の対決となりました。

短いながらも見応えある試合でした。


○[Aブロック2位]崔 領二
6分49秒 シドマス→エビ固め※崔が決勝に進出
●[Bブロック1位]佐藤耕平




第6試合 NWA UNヘビー級選手権試合 60分1本勝負

10584047_618756458237794_1332551881468629237_n

休憩をはさんでの一発目は、UNヘビー級選手権。
火祭り予選敗退同士によるタイトルマッチ…という位置づけではあるけれど、個人的には注目している2人の対決なので期待は高めです。

試合は全身をペイントしたタマ選手が優勢に進めます。エルボースマッシュで何とか反撃するものの、途中から鈴木選手はグロッキーになってしまいます。しかし、タマ選手必殺のダブルアームパイルドライバーは何とか回避。そして逆転のダブルアームスープレックスを決めて3カウント。


ずっと押されていてあまりダメージを与えていなかったように見えたので、唐突なフィニッシュに場内は反応なし。鈴木選手としては結果は残せたけれど、印象を残せなかったな、という少し残念な結果です。

関本選手と対戦した火祭り開幕戦ではとても良い動きだったと思ったのだけれど、タマ選手とだとまだ良さが出なかったのでしょう。


勝利した鈴木選手は、マイクで師匠であったビルロビンソンに対する感謝を述べ、次回防衛戦にケンドー・カシンを指名。ただ、滑舌が悪くて肝心の「ケンドーカシン」がほとんど聞き取れず、場内ノーリアクション。

ゼロワン見に来る人ならきっとケンドーカシンに反応を示すはずだから、単純にみんな聞こえてなかったんでしょう。あー、やってしまったなあ。


●[王者]タマ・ウィリアムス
8分52秒 ダブルアーム・スープレックス→体固め※鈴木が新王者に
○[挑戦者]鈴木秀樹

セミとメイン(決勝)の様子はその3に続きます。

広告
(プロレス小ネタの多い舞台の映像版です)

【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ