プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:トムブレイディ

この記事では、2015年2月1日に開催された、アメリカのプロアメフトリーグであるNFLの決勝であるスーパーボウルのテレビ観戦感想を書いています

SuperBowl49


プロレスブログであることを忘れ、アメフトについて書く3回目です。

全米テレビ界最大のイベントが、アメフトの決勝"スーパーボウル"です。視聴率は45%くらいと、他チャンネルのアメリカにしては他の追随を許さない高視聴率。皆で集まって見ている人も多いので、実際の視聴者数は数字以上でしょう。スポーツイベントというよりも、紅白歌合戦のような国民的行事です。

今年の会場はアリゾナ州にあるフェニックス大学スタジアムです。1回勝負なので、野球の日本シリーズのようにホーム&アウェイではなく、事前に決められた持ち回りの会場で開催されます。国体に近い?

今年の決勝進出チームは、驚異的な逆転劇で2年連続のスーパーボウル進出を決めたシアトル・シーホークスと、レイヴンスに苦戦した意外は圧倒的強さでここまで勝ち進んできたニューイングランド・ペイトリオッツです。
 
昨年はシーホークスが43-8というワンサイドゲームで制しましたが、今年は最後まで目が離せない白熱した一戦となりました。

NFLスーパーボウル49、前半の展開

最初の2シリーズはお互いパントで終わる、堅実な守りでした。しかし、ゴールライン間際まで攻め込んだペイトリオッツ、ブレイディのタッチダウンパスを、ゴールライン真上でCBレーンが値千金のインターセプト。しかし、そのあとにランで転倒して無念の骨折退場。

シーホークス、せっかくの好機でしたが、この後もパントに終わり、次の攻撃でペイトリオッツが得点。この日はオフェンシブラインの堅い守りに守られながらのパス・ランを織り交ぜた手堅い攻めでした。迎え撃つシーホークスのディフェンスは、エース選手がなかなかテレビに写りません。ペイトリオッツは強くない所を徹底して攻めているのでしょう。
しかし、オフェンスは好調。マーション・リンチが走ってすぐに7-7に追いつきます。

しかし、前半終了間際に続いてペイトリオッツのTEグロンコウスキーにもTDパスが決まり、14-7です。残りは30秒ちょっと。しかし、シーホークスはここぞというときの集中力が凄い。しっかりと陣地回復して、残り11ヤードにして残り6秒という明らかにFGで妥協すべきシーンで、10ヤードのTDパスをウィルソンが通してしまいます。心臓強すぎ。 14-14で前半終了です。


NFLスーパーボウル49、ハーフタイムショー

興奮冷めやらぬまま、ハーフタイムショーに突入です。ケイティ・ペリーのパフォーマンスも素晴らしかった。ライオンとサメ、レニークラビッツにミッシーエリオットが登場し、最後は星に乗ってスタジアム中に花火が上がります。熱戦にふさわしいショーでした。



この日、ケイティ・ペリーが歌ったのは次のラインナップ
・Roar →巨大なライオン!
・Dark Horse → チェスの駒のバク転が格好いい
・I Kissed a Girl (with レニークラビッツ) →炎が凄い
・Teenage Dream →サメ!
・California Gurls →変なビキニ
〜ミッシー・エリオットによるメドレー〜
・Fireworks →花火が圧巻


なお、彼女の衣装がバンバンビガロに似ていたともっぱらの評判だようです。




NFLスーパーボウル49、後半の展開

後半、シーホークスが攻めきれずにFGと、1TDを決めて、24-14と10点差までリードするも、その後はペイトリオッツがエデルマンへのTDパスなど2TDを決めて28-24としました。

そして残り時間はまた1分。シーホークスならば十分逆転を狙えるでしょう。期待通り、リンチへのロングパス、最後だけ大活躍するWRのカースが転倒・あわやインターセプトされるかという状況でボールを確保するというとんでもない31ヤードパスという2つのロングパスであっという間に残り5ヤード。続いてリンチが密集するディフェンスを切り崩して3ヤード追加し、残り時間30秒にして残り僅か1ヤード。逆転TDによるシーホークスの2連覇は確実となりました。

そして次の攻撃、誰もがリンチのランを予想していたであろう場面で、なんと、ウィルソンはパス!!そしてキャッチ!TD決まった!と思ったら、パスを受け取ったシーホークスのWRが1人倒れました。なんと、パスは通っていません。ゴールライン上に走ってきたペイトリオッツのSバトラーがインターセプトしたのです。

ここで残り26秒。この時点でシーホークスの逆転は絶望的に。2回のニーダウンでペイトリオッツが逃げ切りました。いやー、なんという激戦だったのでしょう。混戦のシーズンの最後を飾るにふさわしい、今シーズン最高の試合でした。

結果的に失敗に終わったけど、前半残り6秒で決めたTDパスに続き、後半もまさかの場面で投げたウィルソンの強心臓っぷりには感銘をうけます。

sponsored link

日テレのCS放送、G+に入るとたくさんNFL見れます。

おわりに、アメフトのススメ

プロレスブログなのに、アメフトの事を書くくらい、アメフトにはまっていました。ただ、プロレスを好きになったのと同じような理由で魅了されたのかもしれません。
全米選りすぐりの肉体と運動神経を誇るアスリートが終結している、アメフトプロリーグであるNFL。120kg超の選手同士が全力でぶつかり合い、その隙間を90kgくらいの選手が運動神経で走り抜ける、ヘビー級同士の肉弾戦とジュニアヘビーのハイスピードな攻防が同時に堪能できるのがアメフトです。

最初の2試合くらいはルールが分からなくて戸惑うと思うけれど、プロレスが大好きな方は、ハマること間違い無しです!


広告







アメフトじゃない、他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


この記事では、2014年のNFLのプレーオフ、AFCカンファレンス決勝をテレビ観戦した感想を書いています。

AFC_NFL



最近ではプロレスよりもアメフトにハマっています。NHK BS1で週に3試合放送されているアメリカのプロリーグ、NFLの中継を10月以降、全放送を欠かさず観戦しました。 

最終日まで決勝進出者が分からない最近の新日本プロレスのG1クライマックスのごとく、混戦だったNFLの2014シーズン。ただ、フタを開けてみると、強豪が順当に準決勝に進出してきました。

1月中旬に、AFCとNFCというプロ野球でいうパリーグ・セリーグみたいな区分けの1位を決めるのがディビジョン決勝(全体からみると準決勝)が行われました。

ディビジョンの中に4つの地区があるのだけど、NFC決勝は北地区1位のグリーンベイ・パッカーズと、西地区1位で昨年全米を制したシアトル・シーホークスの対戦でした。 AFC決勝は、東地区1位のニューイングランド・ペイトリオッツと南地区1位、インディアナポリス・コルツの対戦です。
新日本プロレス好きな方に解説すると、G1の準決勝の顔ぶれが、常勝の棚橋(ペイトリオッツ)と中邑(パッカーズ)、そして近年最強のオカダ(シーホークス)の3強、そして予想外の健闘を見せた真壁(コルツ)というところでしょうか。今回の記事では、新日本プロレスG1の準決勝で棚橋と真壁が激突したような、ペイトリオッツ対コルツの感想を書きましょう。

広告



AFC決勝、ペイトリオッツ対コルツの感想

こちらは、一方的な試合でした。コルツを真壁に例えてしまったけれど、実際にチームを率いるのは、若干3年目の若手QBであるアンドリューラックです。この3年間で、地区優勝が2回です。コルツは、準々決勝で現役ながら生きるレジェンドともいえるペイトン・マニング率いるデンバー・ブロンコスを鉄壁のディフェンスでほぼ完封しました。今回対するは、もう1人の現役レジェンド、トム・ブレイディ擁するペイトリオッツ。2試合連続で大物を撃破して、時代を動かすのか!

しかし、37歳という大ベテランにもかかわらず、絶好調のトム・ブレイディ率いるペイトリオッツの前にはなす術なく、殆ど何も出来ずに敗戦しました。固いガードに阻まれてパスが通らなかったのと、ラン攻撃を主体としたペイトリオッツに好き放題走られていました。

ペイトリオッツには、ボールに細工をして握りやすくしていたのでは、という疑惑が出ていましたが、それを差し引いても準々決勝でレイヴンズに苦戦したのがウソのような、ペイトリオッツの強さばかりが際立つ試合でした。

そんなわけで、一方的な展開で若干しらけつつも、常勝軍団であるニューイングランド・ペイトリオッツが決勝(第49回スーパーボウル)に進出しました。

次の記事では、ペイトリオッツと対戦することになる、もう1つのリーグである、NFCの決勝の感想をお伝えします。

広告


NFL 2014カラー写真名鑑 (B・B MOOK 1096)
ベースボール・マガジン社
2014-08-30



他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


このページのトップヘ