プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:バラモン兄弟

この記事では、この記事では、仕事をしている上で生じる、自己紹介をしないまま案件に巻き込まれて、業務に従事する現象の良し悪しを、プロレスのタッグマッチになぞらえて解説します。 

IMGP2204



私はプロレス界でいうと新日本プロレスくらいの規模の会社で働いています。会社では日々色々な課題が起こります。くじけそうになったとき、プロレスラー達の姿に学びましょう。



問題提起:案件へ突然入っているけど、これって…?

仕事をしていると、唐突に新しい案件をまかされて、突然知らない打ち合わせに呼び出され、自己紹介もしないうちにその打ち合わせの宿題事項を任されたりすることがあります。相手の人たちも何と無く自分を受け入れて、自分宛に連絡をしてきて、気づけばその案件の担当者になっている…なんて事があります。


本来であれば、しっかり自己紹介して、自分がこの案件を担当する旨を皆に周知し、関係者と挨拶をしてから仕事に取り掛かるべきでは無いのでしょうか。


この名前の無い、自己紹介もそこそこに案件の担当者になる現象の良し悪しについて、プロレスに学びましょう。

広告



解決編:普通のタッグマッチとルチャルールはどちらが面白い?

プロレスの試合形式は、大きく分けるとシングルマッチとタッグマッチに分かれます。シングルマッチというのは文字通り一対一での試合、タッグマッチは、通常2対2ですが、2人以上のチーム戦は一括りにタッグマッチと呼びます。


タッグマッチといえども、リング上は常に一対一の戦いが行われ、残りのメンバーは、リングの外で待機します。タッチするとこで試合権が移るので、相手チームの弱い選手をタッチさせぬように痛みつけるのが定石です。痛みつけられた選手が何とかピンチを乗り越え、タッチして、変わって登場した選手が大活躍して声援を浴びるのが、タッグマッチの醍醐味(様式美)です。


さて、これは普通のタッグマッチなんですが、プロレスにこの他に、メキシコ式のタッグマッチというのがあります。こちらはタッチせずとも試合権が変わる、非常に柔軟かつ曖昧なルールです。仲間がピンチになったら即座に助けに入り、そのままなし崩し的に試合を続けるので、目まぐるしいスピーディーな攻防になる反面、見ている側は混乱することがあります。メキシコのプロレスはルチャリブレと言うため、このタッグマッチのルールを「ルチャルール」と呼びます。


今回の、自己紹介もそこそこに案件の担当者になる現象は、ルチャルールのタッグマッチと良く似ています。もし、しっかりとタッチをして入場してきたら、観客(一緒に働いている人たち)はあなたの事を信頼して、期待の目で見てくるでしょう。


では、タッチをしないで入場してきたらどうでしょう?観客は戸惑ったり、シラケたりするでしょうか?


…そうでもないんじゃないですかね?結局は登場した後の動き次第じゃないかと思います。


michipro-brahman1
ルチャルールというか、ただのカオスになってしまうパターン
(みちのくプロレスの名物タッグコンビ、双子のバラモン兄弟)

また、必ずしもタッチをしているからといって、観客が全面的に支持してくれるかというと、そうではないでしょう。例えばタッグマッチで、AJスタイルズがリングにいるときに、味方のタッチを受けてリングに上がってきたのがタイチだったらどうします?

「鈴木みのるとAJスタイルズが見たいんだよ!」とブーイングしちゃいますよね。

まとめ:仕事でタッチワークは必要?

まとめると、担当者が変わる際の手続きは、大事だけれども、結局は変わった相手がその場にふさわしい格や権限をもっていたり、それなりの働きをしてくれるかどうかに関わっているんじゃないでしょうか。

とはいえ、後任の担当者が決まっていて、しっかり引き継ぎの時間が設けられている場合は、しっかりレフェリーの目の前でタッチをして、試合権利を交代しましょうね(意訳:しっかり皆に分かるように引き継ぎをしましょうね)

広告





【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


この記事では、2014年9月14日(日)に、横浜市にある横浜ラジアントホールで開催された、みちのくプロレスの興行「みちのくプロレス横浜大会 〜冥冥之志〜」の観戦記を書いています。その2です。

michipro-new-faze


9月14日のみちのくプロレス横浜大会の観戦記、その2です。その1では、オープニングの沼二郎の歌と選手入場を合わせても45分で休憩突入した前半戦3試合の観戦記をお届けしました。【みちプロ】横浜ラジアントホール大会2014年9月観戦記(その1)

続いて濃い目の後半戦2試合です。

広告



第4試合 6人タッグマッチ


ザ・グレート・サスケ、バラモンシュウ、バラモンケイ

ヤッペーマン一号、ヤッペーマン二号、イーグルス・マスク


休憩明け、セミは期待の一番。当初は野橋の試合がセミだったけど、変えて正解でしたね。バラモン兄弟の試合を観たのは大日本以外では初めてだったけど、素晴らしいですね。


ヤッターマンのテーマが1番2番とかかっても何も起こらず、客席がざわつき始めたところでようやくヤッペーマン1号2号が入場。続いてイーグルスマスクが楽天イーグルスの応援歌で入場。
michipro-eagles-mask


続いてはバラモン兄弟組の入場。しかし、こちらもいつまでたっても現れず。客席ザワザワし始めたところで、これまでと違うドアが開いて、マスター(サスケ)を神輿に担いだバラモン兄弟が入場です。サスケは飴を投げ、客席大盛り上がり。

michipro-mesia

神輿を下ろしたバラモンは、客席にとにかく水を吐く。そしてサスケも鉢に水を入れて、選ばれた客に水をかける。これだけですでに15分くらい経過してます。

michipro-mesia-sasuke

そして試合開始。いきなりマスターサスケが登場し、イーグルスマスクと対峙します。「おまえらマスターの奇跡をみとけよ!」と煽るバラモン。時々一本調子に感じることもあったけれど、全体的に見事な煽りでした。サスケの空気投げのような技を警戒するイーグルス。というより「なんだ、これはいったいなにがおこるんだ!」というシュールツッコミ。
空気投げを避けたところ、ちょうど後ろの客席でイスが倒れるという奇跡も起こりつつ、警戒するイーグルス。「俺はいったいどうすればいいんだ」に、レフェリー「自分で考えろ!」、観客爆笑。そんな感じのやり取りがありつつ、乱戦に。


途中、サスケはなぜかマンデラコールを煽る。横浜の市民達は抑圧から開放されるべきた、ということらしいんだけど、あれ、抑圧されてたんだっけ??
michipuro-brahman  mon-bros


客席に水をまき散らすバラモン。観客のバッグを奪って相手を殴ったり、水を防いだり。私の前に座っていた女性のバッグが標的になって、けっこうビショビショにされていました。あれにパソコンとか入っていたらと思うと、けっこう笑えない・・。


※Twitterで、一眼レフのレンズを入れたバッグを酷使された旨をつぶやいてる方を見つけました。どうやらレンズは無事だったようで何よりです。でも安心して観たい。。


そんなこんなでバラモン側が勝利。試合後も相手をいたぶるバラモン達。そこへ、2人の選手がダッシュで乱入し、バラモンを蹴散らします。第1試合に出た郡司と佐々木です。バラモンのエルボーで水を吐いたり、不自然に口を開けないなど、水を口に入れてきたのは自明。そして一斉に2人でバラモン兄弟に水を吐き…出すはずが殆ど残っておらず。
michipro-new-faze-vs-brahman



そして、郡司がマイクを持ってアピール。9月20日の大会でタッグ王座に挑戦する意気込みを語ります。ただ、滑舌悪い上に精神論ばかりなので、バラモンがいちいち真っ当なツッコミをして、それがいちいち面白い。
「だからさっきもムリだろって言っただろ!」
「お前、観客が理解する前に喋るなよ!」
「いや、ずっとタッグ組んでただろ!」
さらには、郡司がタッグチーム名を発表。しかし、滑舌悪すぎて、肝心のチーム名が聞き取れない。2回くらい言い直すんだけど、やっぱり聞こえない。"new face”に聞こえたんですが、「意味は、新しい風だよ!」というような事を叫んでる。


らちがあかないので、見かねた佐々木がマイクを取る。これまで郡司が喋っていた内容と同じ趣旨のコメントを滑舌良くまとめて締める。どうもチーム名はニューフェイズらしい。(フェイズの綴りが分からん)
そうして最後、郡司が「絶対勝つぞー!」と怪しげな滑舌で叫んで退場。なんと言うか、とんでもないカオスで、とにかく笑った。バラモンの試合が凄い・面白い、とは聞いていたけれど、これは実際に観ないと全然分かりませんね。



sponsored link


日本のインディープロレスはサムライTV





第5試合 横浜スペシャル!!

フジタJrハヤト、南野タケシ、卍丸、Ken45

ラッセ、剣舞、大柳錦也、日向寺塁

michipro-yokohama-main-event

バカ疲れしたセミに続いて、大人数のタッグ。両チームとも比較的速やかに入場。今日みちのくに足を運んだきっかけの1つは、ハヤトを生で観た事ないな、というのがあったので、念願かなった。凄いレスラーですね。小さいのにバンバンいい音立てて蹴るし(しかも音が最大になるよう、しっかり正面からあててる)、ロープワークのスピードがものすごく早い。単調になりがちな大人数タッグでしっかりと強い印象を残していました。これは拳王不在のいま、ライバルとなる存在がいないのが痛いか・・・


しかし、見た目が統一されている(田舎のヤンキー…)ヒール軍に比べると、正規軍って何だか統一感無いですね。マスクマンにストロングスタイルに…。新日本もそうだけど、正規軍=全体からヒールを抜いた人たち、という構図は何とかならないものか。


最後は卍丸がきつい角度からのドライバーで勝利。締めの挨拶はヒールの大将であるハヤト。

michipro-hayato

んん?と思いましたが、一切悪態などつく事なく、「今日は俺たちの試合をオカズに(ツマミの良い間違い)、おいしいお酒を飲んで帰ってください。いつになるか分からないけれど、また横浜に戻ってくる機会があったら、是非見に来てください!」


うわー、ハヤトすっげえいい奴じゃん、とすっかりファンになってしまいそうです。


全部おわってまだ20時過ぎ。1時間30分のコンパクトな興行でありました。4500円はやっぱり高かった気がするけれど、バラモンでお腹いっぱいになったので、良しとしましょう。




<今日の文句>
近くで観戦していた、プロレス観戦歴の長いとおぼしき中年男性2人組。
プロレス慣れすぎてるからか、場外乱闘とかダイブ技も「これならここまで来ない」という判断が的確。簡単には動かないし、事実その通り。でも、まわりはそこまで慣れてないから「一応逃げとくか」という早めの判断をしちゃうし、結果杞憂に終わる。でも彼らはそれを極端にうっとうしく思っているらしく、「ほらもう大丈夫だから座ろうよ」と事あるごとに回りに言う。うーん、でも安全だったのって結果論でしかなくて、危険の察知の仕方は人それぞれだから、そこまで目の敵にしなくても。うーん。。


広告


【ご注意】
リンク・引用は歓迎。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


このページのトップヘ