プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:バレットクラブ

この記事では、新日本プロレスのレスリングどんたく(2015/5/3)に参戦する"ドク・ギャローズの妻"ことアンバー・ギャローズについて書いています。

最近更新していなかったのに、昨日だけ突出したアクセスがありました。何かと思ったら皆さん「アンバー・ギャローズ」という単語でこのブログを見つけた様子。新日本プロレスのレスリングどんたく(2015)に参戦が決まったそうです。

私には全く聞き覚えの無い名前のうえ、ドク・ギャローズの記事にアクセスが来ていたので、偶然かと思ってました。

【週刊アメプロ】ドク・ギャロウズのお盆明けのご予定

アクセスがあったのは、アメリカでドク・ギャローズが出場する興行に出場していた「アンバー・オニール」という選手に関する記載。この「アンバー」と「ギャローズ」をGoogleが拾った様子。でも、結果的に間違ってなかったようです。 



https://twitter.com/amberoneal1

アンバー・オニールという女子レスラー、またの名をアンバー・オニール・ギャローズというそうです。旧姓(旧リングネーム?)がオニールで、ルーク・"ドク"・ギャローズと結婚したので、ギャローズ姓を名乗っています。

広告



以下はWikipediaからの受け売りです。

ドク・ギャローズと結婚したのは2014年の5月、まだ結婚1年目ですね。尊敬するレスラーはWWEで活躍していたハーディーズとリタ。

1974年生まれで今年41歳になる大ベテランです。ノースカロライナのシャーロットと言う都市のPGWA(Professinal Girls Wrestling Association)で1999年にプロレスデビューしました。当時25歳で、リングネームはアンバー・ホリーだったそう。
怪我を経て、2004年にバイカーギミックのアンバー・オニールに改名(プライベートでもバイクが好きなんだそうです)。 WWEのトライアウトを受けたり、タッグパートナーだけがWWEと契約したりしたけれど、本人はWWE経験は無いようです。

TNA、ドラゴンゲートUSA、NWA系の団体にも出場経験あり。
Amber O'Neal 時代の得意技はAmber Alert(アンバーアラートっていうのはアメリカで誘拐事件が発生したときに出る注意喚起みたいなやつです)と言う名前の逆さ押さえ込みや、Holly Bully (リアネイキッドチョーク)、スーパーキック、そしてSTO'Neal (STO)だそうです。

マリア様のレスラーとしての実力も、アンバー・ギャローズの実力もどちらも見た事ないので分かりませんが、良い雰囲気になると良いですね。

アンバーとマリアはTwitterでフォローし合っている関係のようですよ。


広告

アンバー・オニール選手のTNA参戦は2006年と2008年だそうで。

【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

 

新日本プロレス、2014年春の両国大会、INVASION ATTACK を見た感想をお伝えします。最終・第4弾として、セミとメインの感想を書きました



photo 2


2014年4月6日(日)に東京の両国国技館で開催された、新日本プロレスのビッグイベント、INVASION ATTACK 2014を妹夫妻と観に行ってきました。第1弾第2弾第3弾に続いて、最終回である第4回をお届けします。第8試合(セミ)と第9試合(メイン)の感想です。



広告



Invasion Attack 第8試合(セミ) IWGPタッグ選手権試合

[第64代王者組]カール・アンダーソン&ドク・ギャローズ
vs
[挑戦者]後藤洋央紀&柴田勝頼



photo 3

そこまで悪い試合ではなかったと思います。ただ、前の試合が素晴らしすぎたので、テンポが悪くて散漫な印象を受けました。スタイルの違いもあるので、試合順が悪かったとしかいいようがありません。ギャローズが試合が進むに連れてどんどん顔が赤くなって行くこと、顔面のペイントがだんだんはげていくこと、腰に下げたバンダナがちょっと可愛らしい事、アンダーソンのニールキックやガンスタンのキレがめちゃくちゃ良かった事が印象に残っています。

18分31秒、柴田が場外でダウンしている間に、合体技マジックキラーからのエビ固めでアンダーソンが後藤から勝利しました。



sponsored link

日本のプロレスはサムライTV、WWEはJ-Sports



第9試合(メイン) IWGPインターコンチネンタル選手権試合

[第7代王者]棚橋弘至
vs
[挑戦者/NEW JAPAN CUP 2014優勝者]中邑真輔

photo 3

オカダ人気もすごかったですが、中邑の人気って本当にすごいですね。独特の雰囲気があるので、入場したら両国はすっかり中邑ワールドでした。両者入場後、場内は中邑コール一色になっていたような気がします。この圧倒的なアウェーの状況を棚橋は打開できるのだろうかと思いました。しかし、ダテに新日本のエースを名乗っていませんね。執拗な足攻めで、棚橋は完全に試合の雰囲気を自分のものにしてしまいました。

ただ、この足攻めがちょっと長過ぎた。試合の8割くらいは中邑がゴロゴロしているのを見続けていたような気がします。そして唐突にボマイェでフィニッシュ。私はよくわかっていなかったのですが、左足を攻められていた中邑が、起死回生、幻の右ヒザでのボマイエを使った、ということだったようです。ちょっとそこまで読み取れなかった。。

26分49秒、ボマイェからの片エビ固めで中邑が勝利。IC王者を奪回しました。



試合内容はちょっと単調だったのですが、勝利してマイクをとった中邑はさすがのオーラでした。場内湧きまくり。おまけにグレイシーと桜庭まで乱入してきたのに「やってやるし組んでやる。でも今日はおひきとりを」と見事すぎる返しです。最後に白い紙テープに包まれるころには、マイクの余韻でとても満足していました。


photo 2
紙吹雪。うまく撮れなかった。

というわけで、楽しい興行でした。ベストは石井対内藤、裏MVPはブルースサープ会長です。
終わってみると、Invasion(侵入)してきたのは、試合後乱入したAJスタイルズくらいでしたね。外敵であるNWA勢はベルト撮られたし、デビットは改心したし、グレイシーもほとんどクレイジーに翻弄されてたし。所属選手が充実している以上、Invasion Attackという大会名は意味をなさなくなってきたかもしれませんね。



余談:試合中の控え選手の立ち振る舞いに関する考察

photo (3)
そういえば、私の席って、青コーナーに控えている選手がすごく邪魔になる席だったんですよ。ただ、意識して見ていると、ほとんど全ての選手が、控えている間も絶えずポジションを入れ替えていました。コーナーの右側に立っていたかと思えば、すぐに左側に移動したり。直立不動でコーナーの片側に立ち尽くして観客の視界を遮る、というレスラーは皆無でした。これ、レスラー達にうるさく指導しているのではないかな、と感じました。なお、唯一動かなかったのは、デカくてノロそうなファレやギャローズ、ではなくて、柴田でした!たぶん集中しすぎていたんだと思う。



広告

大会DVD、いまのうちにご予約を。



リンク・引用は歓迎します。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


このページのトップヘ