プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:ビジネスマナー

この記事では、仕事上で直面した課題に対し、プロレスラーだったらどう解決すれば良いかのヒントを見つけます。今回のテーマは「若手社員の無力感」です。



BuyIPfdIUAEf3gK

私はプロレス界でいうと新日本プロレスくらいの規模の会社で働いています。会社では日々色々な課題が起こります。くじけそうになったとき、プロレスラー達の姿に学びましょう。

問題提起:無力な若手社員

若手社員の頃は、仕事をしていても色々と無力感を覚えることが多いでしょう。

あらゆる意見を「考えが足りない」否定されたり、上司の指示に従って資料を作ったけれど「違う!」と怒られたり・・。


何か根本的に間違っているのだろうか、どうやったら認めてもらえるのだろうか、もしかしてビジネススクールとかに行くべきなのだろうか、そんな風に悩む方も出てくるかもしれません。

その頑張りを否定はしません。でも、その前にプロレスに学んでみましょう。

広告



解決編:若手レスラーだって悩んでる

では、プロレスラーだったらどう解決していたでしょう?

プロレスの若手レスラーたちは、若手同士で試合をすることもあります。それ意外の場合、先輩レスラー達と試合をします。そうすると、ボロボロにやられます。

ヒョロヒョロな若手レスラーのドロップキックは先輩レスラーにはねかえされてしまいます。さらに、先輩レスラーたちの基本技(逆エビ固めなど)でギブアップを奪われます。このままでいいのか、若手レスラー?


私の意見は「それで良い」です。


会社もプロレスも、若手もいればべテランもいます。新日本プロレスのG1 クライマックスのリーグ戦のように全試合がクライマックス、全員スター選手、という例外もあるけれど、普通の興行は若手の試合もあればベテランの試合もあります。若手対ベテランのように、実力差がある選手同士の試合も組まれます。

そういうとき、ベテラン選手が若手のドロップキックを受けて涼しい顔をしていたらどうでしょう?

「あの若手ショボイな」というより「やっぱりベテランはすごいな」となるのではないでしょうか。そう、若手選手がベテラン選手の引き立て役になってるんです。

全ての選手に役割があるように、若手にも「若いこと、いろいろ出来ないことが多いこと」という役割があるんです。相対的になってしまうけれど、結果的にそれがベテラン選手を高めることにつながるんです、



プロレスビジネス論、今日の結論

若手が怒られたりするのは、先輩や上司が優越感を覚えるという意味合いもあるので、そういうもんだとおもってやり過ごしましょう。

P.S.1
とはいえ、10年たってもドロップキックがひ弱だったらさすがにマズいので、しっかり成長していきましょう。

P.S.2
いつまでが若手、というのは難しい問題です。例えば、デーモン植田ってまだ若手だと思ってたけど、すでに7年目、私と1歳しか違わないし、社会人歴(レスラー歴)も2007年〜で同じだった。。

<広告>



【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この記事では、社会人が仕事上に直面する課題に対し、プロレスラーだったらどう解決すれば良いかのヒントを見つけます。今回のテーマは「社会人の口ぐせ」です。


Br84p7UCMAAiAj9


【週刊プロレスビジネス論】改め、週プロ経済(週刊プロレス経済論)としました。

日本経済を支える社会人の皆さんには、仕事上、日々色々な困難が立ちふさがります。くじけそうになったとき、プロレスラー達の姿に学びましょう、


問題提起1:外回り先から帰ってきた上司

まず、職場でこんなことが起こりました。暑い夏の日、あなたは一日オフィスの中で仕事をしていました。すると、上司が外回り先から帰ってきました。(お客さんを訪問したりして戻ってきたという事です)とても暑そうです。さて、あなただったら何と声をかけるでしょうか?

暑いのに頑張ってきた上司。まずねぎらいの言葉をかけましょう。

「お疲れ様でした」



…あれ、何だか上司が怒ってしまいましたよ??

広告



解決編:オカダカズチカに学ぶ…のはダメ。

2013年の6月に棚橋弘至を破ってIWGPヘビー級王座に返り咲いたオカダカズチカが棚橋に言い放った言葉が「お疲れさまでした」です。

こないだ読んだビジネス本 によると、このシチュエーションの正解は「お疲れさまです」だそうです。一体なぜ?


さて、オカダが意図的に使った「お疲れ様でした」は過去形です。


もし、使われた相手がまだ仕事を続ける意思があった場合「まだ仕事終わってないんだけど??」とイラっとしてしまう恐れがあります。オカダもまだまだ現役である棚橋を挑発する目的で敢えて過去形を使っています。そういう意図が無い限りは使わないようにしましょう。

当たり障り無く「お疲れさまです」とだけ言っておきましょう。

本によると、「暑い中大変でしたね!」というねぎらいも、相手によっては「いいよなーお前は一日涼しいオフィスにいて・・」と嫌味に取られかねないので使わない方がよいとか。(メンドクサイですね)


なお、このシチュエーションで「ご苦労様でした」は論外です。これは目上の人が使う台詞なので、若手は絶対に使ってはいけません。



広告

今回の記事には、こちらの書籍を参考にしました。

意外と意識していなかった挨拶やちょっとした一言で、一気に地獄を見る事もあることがよくわかりました。プロレスラーも社会人も、自分が発する言葉には細心の
注意を払わないといけませんね!


【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ