プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:プロレスとアメフトの違い

この記事は、アメフトにほとんど興味のなかったプロレスファンである筆者が、社会人のアメフトリーグであるXリーグの試合を見てきて、その感想を書いています。2014年9月27日に神奈川県の川崎富士見球技場で開催された富士通フロンティアーズ対東京ガスクリエイターズの試合の観戦記です。

X-league-Fujitsu-Sep27_overview

プロレス以外のスポーツをほとんど見ないし、娯楽も殆ど持たない私ですが、先日、友人に誘われてサッカー(J2)を生観戦したことや、ふらりと観に行った社会人アメフトが面白かったのをきっかけに2度目の社会人アメフト(Xリーグ)を観戦に行きました。

なんと言うか、「昨日家でゴロゴロしてた」というよりも「昨日はアメフトの試合を観戦してました」という方が、まともな大人っぽくないですか?

意外と朝11時という週末にしては早朝に開催されているので、手頃な時間に開催される試合を狙って観戦です。コンビニで当日に共通前売り券(当日券1300円のところ、1100円プラス手数料108円)を購入して、会場である川崎に向かいました。


広告


富士通フロンティアーズ vs 東京ガスクリエイターズ:前半戦

人生2度目、2週間ぶりに観戦したアメフトの試合は、2014/9/27(土)に川崎市にある川崎富士見球技場で開催された富士通対東京ガスの試合です。川崎富士見球技場って聞き慣れない名前だけど、もと川崎球場です。現千葉ロッテが川崎ロッテオリオンズだった頃のホームグラウンド、プロレスファンにはFMWの…と言えばすぐわかるでしょうか。

川崎駅から15分くらい歩くと球場です。今回は試合開始前につこうと思ったものの、思ったのが遅すぎて、5分遅れで到着しました。

東京ドームと違って客席が小さくて(バックスタンドが工事中…試合中もがっつり工事していた)、観客はメインスタンドのみで観戦です。小さなスタンドですがけっこうまんべんなく人が座っています。公式発表では来場者900人とのことでしたが、本当かな?もっと入っていたように思います。少なくとも先日の東京ドーム(3000人はいってもガラガラ)より多く感じました。子どもとか、顔パスで入った選手達(けっこうそれっぽい人をみかけた)を数えていないのかもしれません。



フィールド向かって左手が東京ガス、右手が富士通の応援席です。富士通って確か強豪だったよな、ぐらいの認識はあったんですが、実際そのようで、客席は8:2くらいの割合で富士通応援団・関係者らしき人が占めていました。東京ガスの応援団少ない。

やはりチアリーダーが大音量の音楽&マイクでひっきりなしに応援しています。ほかに2チームしか知らないけれど、どのチームもノリは同じで超体育会系のようです。


5分遅れで席に着くと、すでに7対0で富士通が先制です。実力差が激しくないと良いのですが。。

しかし、期待に反して相当実力差がありそうです。とにかく富士通はパスが簡単に通る。全然妨害されずに、長い距離のパスが通ってしまうんです。そしてパスが通ったら簡単に走られる。あれよあれよといううちに、第1クオーターで2つのタッチダウンが決まり、14-0です。点数以上に実力差があるようで、東京ガスがジリジリと距離を稼ぐのに対し、富士通はあっけなく距離を稼ぎます。東京ガスはパスがなかなか通らないし、正面から突破しようとすると呆気なく潰されています。これは厳しい。

第2クオーターになってもすぐに富士通の2つタッチダウンが決まりました。これで28-0です。このペースだと100-0もあり得る・・・と思っていたところで、東京ガスが着実なプレーで前に進んで最初のタッチダウンを奪います。これで28-7です。よく頑張った!

しかし、その後が良くなかった。わずか1分で富士通がまたタッチダウンを決めて、35-7と差を広げます。やたらとガタイの良い選手(アメリカ人らしい)がいて、その人の突進力がありすぎて、2-3人はねのけたら独走しちゃってました。もう呆れて笑うしかない。

ちなみにこのピリオド中、後ろの席に若い女性2人組がやってきて「良かった、まだニック始まったところだ」(ニック=第2クオーターの事らしい)という会話から始まり、やたらと専門的な視点で試合の感想を言い始める。…この人たち、関係者か??

どうやらお二人は他のアメフトチームのマネージャーらしく、外国人選手に対するレギュレーションの話、外国人天国化していく傾向への嘆き、同期だというプレー中の選手のこと、選手とチアの関係(彼女達のチームは一切交流がないとか)など、めちゃくちゃ興味深い内部事情トークをしていたので、試合よりもそっちが気になってしまいました。


sponsored link


富士通フロンティアーズ vs 東京ガスクリエイターズ:ハーフタイムショーと応援スタイルの違い

富士通の一方的な試合展開のまま試合はハーフタイムショーへ突入しました。

富士通も東京ガスも、チアリーダーはミニスカートにボンボンを持つオーソドックスタイル(プロレスでいう黒パンツがオーソドックスみたいな感じですかね)で、持ち上げたりしないラインダンス中心のチアダンスをしていました。

客席は、東京ガスがバルーンスティック、富士通が即席ハリセンでした。必ずこの組み合わせになるよう、全チームが二種類持ってるんですかね。

ハーフタイムショーってチアが踊るだけだと思っていたら、先攻の富士通は、ちびっこをフィールドに入れて、競争をさせていました。

X-league-Fujitsu-Sep27
チアの人たちは進行&アシスト

デモンストレーションをチアの人たちがやったんだけど「ここで10回飛び跳ねてそれから走ってね」というデモをするときのジャンプがすごいガチで、普段の激しいトレーニングを窺い知る事ができました。



子どもを使ってるので富士通側のハーフタイムショーが結構長引いていたんですが、まだ終わらないうちから東京ガスがダンスを始めて、若干カオス。持ち時間決まってるのね。

X-league-Fujitsu-Sep27_half-time-show
まだハケてないのに…


富士通フロンティアーズ vs 東京ガスクリエイターズ:後半戦

後半からは富士通側で観戦することにしました。が、よくよく気づくとど真ん中で見てました。とはいえ周りはほとんど富士通応援団。気づいたんだけど、富士通ユニフォームを着ている人が多い。そして富士通ユニフォームを着た子どもが多い。

強いチームということはそれなりにお金かけているということで、子持ち社員を中心に、けっこう社内で支持されているんだろうなあ、と思いました。

後半も前半以上に増して富士通ペース。一番呆れてしまったのが、ほぼ自陣ゴールライン(一番不利な場所から)から攻撃をスタートした富士通が、スルリと防御を抜けて、そのままゴールまで100ヤード走ってタッチダウンしてしまったシーンですかね。サッカーでいうと、コーナーキックで、ディフェンスしていた側がそのままゴールに独走しちゃう感じですかね。ひどかった。。

第3ピリオドに東京ガスは後一歩のところでタッチダウンが決められそうにないのでフィールドゴールを決めて3点返すのがやっと。疲れたのか、主力を温存していたように見える富士通に対し、第4ピリオドは4つのタッチダウンを奪われます。最後なんてほとんどパスが通ってなかった。77-10で富士通が圧勝です。(ちなみに、サッカーと違って得失点差は20点以上付いた場合、20点で計算されるらしい)


いやー、富士通の強さは分かったけど、見応えなかったですねえ。。占有率をみると、70%近くの時間を東京ガスが支配していたらしいのだけど、ひとえに富士通がボール持ったらすぐに得点しちゃうから全然ボール持ってないというだけでして。獲得ヤード数は7:3くらいの差がついてました。


x-league-fujitsu-fronteers
試合後に礼をする富士通選手陣。80人くらいいる。東京ガスは70人もいなかった気が。強さも選手層も圧倒的に上回る強者。

出口では、選手とチアが見送りをしてくれていました。東京ドームではそんなのなかったので、こういう球技場の方がお得なのかも。

あと、東京ドームのときも見かけたんですが、明らかにどちらの企業にも関係なさそうなアメリカ人の観客が何組かいました。服装から判断するに、お休み中の米軍関係者か。単純にアメフトが好きで見に来たんでしょうかね。

この日来ていた2人組は帰りにチアリーダーとツーショット撮ってました。


広告

時を同じくして、京都では、大学アメフトの強豪である京都大学が3連敗を喫したことが話題になっているようです。うーむ、ライスボウル、気になるなあ。



【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この記事は、アメフトにほとんど興味のなかったプロレスファンである筆者が、社会人のアメフトリーグであるXリーグの試合を見てきて、その感想を書いています。2014年9月15日に東京ドームで開催されたLIXILディアーズ対アサヒビールシルバースターズの試合の観戦記です。

x-league-american-football-at-dome


わたくし、1年間アメリカに行っていたにもかかわらず、かの国で最大の娯楽とも言われるアメリカンフットボールを1度も生観戦せずに帰国してしまいました。(テレビでスーパーボウルは見たし、だいたいのルールは知っている)


先日、友人に誘われてサッカー(J2)を生観戦したのをきっかけに、プロレス以外のスポーツを観戦する心のハードルが下がったので、ふと思い立って観戦に行きました。

広告


日本最大のアメフトリーグ?

アメリカでは超メジャーで、プロリーグのNFLは6万人規模のスタジアムの試合のチケットが常時入手困難、大学生の試合でも下手すると10万人超えの動員があり、全米No.1を決めるスーパーボールの視聴率は全米で年間最高という人気っぷりのアメフト。しかし日本では、社会人リーグと大学リーグがほそぼそと支持されている程度のようです。


毎日試合がある野球やプロレス、週2回ほどやれるサッカーと比べ、試合の激しさゆえ、週に一戦というペースで開催されるアメフト。社会人リーグ(Xリーグ)は、8月に開幕し、18チームが3つの地区にわかれて6チームの総当りリーグ戦、第二ステージという複雑なリーグ戦、決勝トーナメントを経て12月に日本一を決定します。

私が観に行ったのは、このXリーグのリーグ戦(1stステージ)です。

2014/9/15(月・祝)に東京ドームで開催されたLIXILディアーズ対アサヒビールシルバースターを観戦しました。

社会人アメフト、Xリーグのチケットの入手方法

ホームページなどで確認すると、チケットは当日券わずか1300円(前売り1100円)だとか。先日観戦したみちのくプロレス4500円と比べるとかなり安いので、気軽に観に行かれます。

当日券でも良いけど、前売り券の方が安いなと思っていたら、当日でもコンビニなどで購入ができるとようです。そこで近くのファミマで購入して会場に向かいました(なお、手数料108円がかかるので、実際の当日券の値段は1208円となる)。

ちなみに、試合も座席も指定されていないので、好きな大会に使えます。また、1日に同一会場で複数試合が開催される場合、1枚のチケットで続けてみていられますよ。お得!

恐らく、試合をするチームの会社の従業員であれば、無料で入場できるのでしょうが、私はどの会社にも縁がないので、有料入場者となりました。(実際の有料入場者って100人もいるのだろうか…)

野球をほとんど見ないし、新日本のドーム興行もなかなか行かれないので、2006年のノアの東京ドーム大会以来、8年振りに東京ドームに入りました。

sponsored link



LIXILディアーズ vs アサヒビールシルバースター:前半戦

2014/9/15(月・祝)に東京ドームで開催された試合です。

想像していた以上にガラガラで、1塁側にLIXIL関係者、3塁側にアサヒビール関係者が座って応援していました。開始時点で2000人ちょっとといった入りでしょうか(公式発表は3000人ちょっと)。広いドームだとガラガラ感が際立ちます。
x-league-american-football-at-dome_deers2
1塁側(LIXIL応援団)こうみるとソコソコ入っていますが、ここ以外はほぼ無人です。

チアリーダーが大音量の音楽&マイクでひっきりなしに応援するため、客入りの割には賑やかです。


3分遅れで席に着くと、すでに7対0でLIXILディアーズがリードしています。アメフトは基本的にタッチダウン(6点)と追随するキック(1点)で7点単位で得点していきます。試合開始早々にLIXILがタッチダウンしたようです。嫌な予感。来る前に他チームの試合結果など簡単にチェックしたところ、100-0くらいの大差がつくゲームもあるらしい。この試合も実力差が激しいのでしょうか。。

その後もLIXILディアーズは優勢に試合を進め、第1ピリオド(Xリーグは12分×4ピリオド制らしい)にもう一度タッチダウンを決めて、14-0です。アサヒビールって何だか強そうなイメージがあったのと、LIXILって新興勢力な感じがしていたので、もっと伯仲した試合を期待していたのですが、リクシル強い。このペースだと50点差くらいついてしまう・・と予感しました。

せっかく空いているのだから、迫力のある席でみるべく、ゴール近くの一番前の席に陣取ったのですが(全席自由席)、リクシルは反対側に攻めているので、全然近くに選手が来ませんでした。

x-league-american-football-at-dome_sep
こっちに攻めて来て・・

しかし、次の2ndピリオドはリクシルのフィールドからのキックによる3点のみ。17-0で前半(最初の2ピリオドは立て続けに行って、そこで長めの休憩に入るらしい)終了です。

ドーム内で恐らく一番張り切って、声出して、動いている(恐らく選手以上に動いている)チアリーダー達によるハーフタイムショーが行われ、後半戦突入です。
前半はLIXIL側の応援席で見ていたので、反対側から見たらどんな風になるのか、あと相手側のチアのお姉さん立ちが可愛いのかを確かめるべく、後半からアサヒビール側の応援席に移動しました。


LIXILディアーズ vs アサヒビールシルバースター:後半戦


LIXILが優勢だった前半とは一転して、後半はアサヒビールがかなり頑張りました。粘って粘って第3ピリオドで念願のタッチダウンを奪い、17-7まで迫ります。逆転も見えてきました。リクシルが若干強い気がしますが、最初ほどの勢いはなく、お互い50ヤードくらいは進むけど、なかなかタッチダウンにたどり着けない状態です。そんなこんなで手に汗握りつつ、最終第4ピリオドへ。しかし、追い上げ及ばず。後一歩の所でパスが通らなくてタッチダウンが決まらず、客席全体が「ああ・・」という雰囲気になりました。結局このピリオドはお互い1個ずつフィールドからのキックを決め合って点差縮まらず。

20-10でLIXILディアーズがアサヒビールシルバースターを破りました。

あとから獲得ヤード数とかを見ると、第2ピリオド以降のアサヒビールの盛り返しが多かったようで、アサヒが勝ってもおかしくない試合だったのかも。ただ、序盤の2回のタッチダウンで効率良く先制したリクシルがツイテた感じです。

正味時間約2時間30分。なかなかサクサクとした進行で、はじめ分からなかったルールもだんだんつかめてきて、かなり楽しかったです。


sponsored link



LIXILディアーズとアサヒシルバースターズのチア・応援スタイル

社会人アメフトは、思っていた以上にチアリーダーの存在感があったので簡単に感想を書きましょう。
リクシルのチアはショートパンツでラインダンス的な動きをする感じでした。ハーフタイムになると数人増えていたけれど、常時6人で踊り続けていました。恐ろしいスタミナ。
客席には叩いて音を出す細長いバルーンスティックが配られていて、社員・関係者はそれで応援していました。

方やアサヒビールのチアは、いわゆる典型的なチアリーダー。人数は10人くらいいたでしょうか。組み体操とかしてました。すごい力。客席には自分で折って作る簡易ハリセンが配られていました。

どちらのチアリーダーにもいえたのですが、超体育会系。ものすごいハキハキした声で「さあ、チャンスがまわってきました。皆さま、応援よろしくお願いします!」とマイクの前で喋った後で、激しく踊る。

攻守が入れ替わったら「ではみなさま、ディフェンスコールをお願いします!ディーフェンス!!ディーフェンス!!」

…うーん、これ、私が一番苦手なノリです・・。それにしても驚かされたのが皆さん本当に良く動く。そして、顔に疲れを出さない。踊り終わったら一同腰に手を当てて微動だにせず試合を見守る。そしてプレーが一旦ストップしたらすぐさま客席を向いてまた応援。なかなかすごい。

x-league-american-football-at-dome_deers
何か来たよ!


なお、リクシルの客席は比較的密集していて、家族連れがのどかに応援している感じでした。これが歴史の長い建材業界の社員層なのか。
アサヒビールは、大人数名で酒を飲みながらまんべんなく散らばって応援する感じ(みんなヤジとか激励の声が大きい)でした。営業職が多いお酒メーカーだからですかね。企業文化の違いを垣間見たような気がします。




面白かったので、このあと、2014/9/27(土)に川崎市富士見球技場(もと川崎球場)で開催された富士通フロンティアーズ対東京ガスクリエイターズの試合も観に行きました。その感想はまた今度。


ちなみに、学生日本一と社会人日本一が、真の日本一をかけて、ライスボウルという大会で激突します。日程は、新日本プロレスの年間最大の興行、1.4東京ドーム大会の前日、1.3、場所も同じ東京ドームですよ。

広告



プロレスとアメフトの比較論を書きたかったけど、違いすぎて書けませんでした。

【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ