プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:ヤングバックス

この記事では、2014年10月13日(月、祝)に東京の両国国技館で開催された新日本プロレスのビッグマッチ、KING OF PRO-WRESTLINGの観戦記を書いています。中盤戦第5,6試合です。タッグ王座戦がすごいことになりましたよ。

njpw_king_of_pro_wrestling_2014_009


新日本プロレスのキングオブプロレスリング両国大会(2014)の観戦記を書いています。序盤はやっぱりこんなものかな…というビッグマッチ特有のサクサク進むアンダーカードでした。中盤に組まれているIWGPのJr.タッグ王座戦の出来具合いが気になる所です。

 

広告



新日本両国大会 第5試合:IWGP Jr.タッグ選手権 3WAYマッチ

(王者組:タイムスプリッターズ)アレックス・シェリー&KUSHIDA

(挑戦者組:フォーエバーフーリガンズ)アレックス・コズロフ&ロッキー・ロメロ

(挑戦者組:ヤングバックス)ニック・ジャクソン&マット・ジャクソン

njpw_king_of_pro_wrestling_2014_008
中だるみしてきた興行のアクセントとなって欲しい試合です。

3WAYとうたわれているものの、フォーエバーフーリガンズはコーナーに控えて参戦せず、タイムスプリッターズの激しい攻撃に耐えかねたヤングバックスが助けを求める形でタッチしてからのリングイン。これは常時2チームしか試合権の無いスタイルなのか?最後まで曖昧なままでした。

フーリガンズの試合は恐らく初めて見ました。ロメロが確保した相手に対してコズロフが合体攻撃しようと過剰なロープワークするのでロメロがキレて、イザコザ起こすけどハグして仲直り…というダチョウ倶楽部的なやりとりがあったり、ロープにふられたけど、ロープに挟まってフェイントしようとしたら、すぐに見つかってヤングバックスのダブルドロップキックの餌食になったりと、色々笑いました。

ヤングバックスとタイムスプリッターズは相変わらず早すぎてもう何が何やら。珠玉の時間を満喫しました。最後はKUSHIDAが決めて王座防衛。


なお、試合中に、場外にいる相手に1人ずつトペを見舞って行く、という団体戦特有の流れになり、最後に飛ぶキャラとは思えないコズロフがすっごい頑張って飛ぼうとして、足を引っかけて転落、、という流れがあって、「ヒヤヒヤした」という人がいましたが、現場で見ている限り、高度に計算された意図的な失敗に見えました。(ロープにしっかり足を絡ませて飛んで、しっかり相手が身体を受け止めていたので、安全に見えた。) その後もコズロフは動いていたので大丈夫だったのでは・・


ここで15分の休憩です。特筆すべき出来事はなしでした。

sponsored link


日本のプロレスはサムライTV、WWEはJ-Sports

新日本両国大会 第6試合:IWGP Jr.ヘビー級選手権

(第69代王者)田口 隆祐 対  (チャレンジャー)エル・デスペラード

njpw_king_of_pro_wrestling_2014_010

第69代をネタにした、マジで酷すぎる田口の下ネタにデスペラードが突っ込むというシュールな煽りVに続いて、西側客席よりTAKAに付き添われてデスペラードが入場する。ただ、荒っぽいのと、隣の観客の「タイチじゃね?」という声。

田口は普通に入場。(ツタンカーメンではなかった)

デスペラードと向かい合うと、後ろからもう1人のデスペラードが走ってくる。やっぱり最初のは偽者か。襲撃されて大の字になる田口の前でマスクを脱いだその姿は、タイチ!
(というか、この襲撃、ゴングのだいぶ前にやってたので、変なタイミングだった)


試合はデスペラードが一方的に田口の腰を攻める。しかし、田口がまさかのヒップアタックで逆襲。めっちゃ上手なヒップアタック連発。なぜそのチョイス??その後は前回から使っているアンクルホールドを連発。さらに、心のこもっていない(ように見えた)両腕を上げるポーズからのデビッドオマージュの場外トペを放ったりと、田口は伸び伸びと戦い、執拗なアンクルホールドでデスペラードからタップを奪い、王座防衛。試合後も襲撃を受けて散々ながらも、王者のまま年を越しそうです。しかし、試合後にタカタイチによる一方的な王者への攻撃が延々続き、誰も助けに来ないのでなんだかモヤモヤしました。

※いやあ、この日の田口の試合後のコメントも実にサイテーでしたねえ。どこに向かっているのだ、田口・・


新日本観戦記はその4に続きますよ。

広告

本大会とあわせて昨年の大会もDVD発売中。


【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この記事では、2014年7月14日から7月27日までにアメリカのプロレス界(主に中南部インディー)で起こった出来事をお伝えします。

IMG_2059



NWAを中心に、私が押さえている範囲で、アメリカのプロレス界(の片隅)で起こった出来事をお伝えします。期間が中途半端なのはご容赦ください。1回飛ばしたので、合併号とします。情報量は2倍ではなくいつもと同じです。


1.ヨシタツ、再始動!

WWEをリリースされたYoshi-Tatsuさんがオファー歓迎している旨のTweetをされていました。アメリカの中堅団体〜インディーに上がるのでしょうか。自分のメールアドレスを普通に公開しています。試合・イベント出演など、ドシドシ募集しているようですね。

広告


2.ドク・ギャローズにお盆休みはない

新日本プロレスのG1クライマックスに参戦中のバレットクラブのドク・ギャローズ(@ImpactDOC)の情報です。

8月10日(日)に西武ドームで開催されるG1クライマックス決勝戦にどういう形で出場するのか、まだまだわかりませんが、翌週はアメリカ中南部のインディーに参戦するようです。

まず、8/15(金)はジョージア州のジャクソンで、WrestleMerica(レッスルメリカ)という大会に参戦予定。中央のオジさんは"ネイチャーボーイ"ことポール・リー(Paul Lee)で、私の知っているネイチャーボーイとは違う人みたい。左右の女性はアマンダ・ロドリゲス(Amanda Rodriguez)とアンバー・オニール(Amber O'neil)さんです。

日付変わって翌日8/16(土)には、テネシー州キングスポートで、NWAスモーキーマウンテンに参戦です。ポスターのもう片方に掲載されているクリス・リチャーズ(Chris Richards)と対戦するのかな。

なお、どうでも良い情報として、私は前週にスモーキーマウンテンに行こうかと画策中です。

あと、以前元WWEのブルーダスクレイが出場する大会が豪華、とお伝えしましたが、ギャロウズさん、そのうちのFCCWにも出場するみたいです。メンバーが追加されてた。8/30です。
元ハリケーン、マイク・ターヴァー、クレイ、ギャロウズ、ランス・アーチャー、ウェス・ブリスコが出場です。



sponsored link

本当に中途半端な英語から脱出したい。。。


3.ハーディーボーイズ対ヤングバックスの兄弟対決

8月2日にニューヨーク州のNEW(NorthEast Wrestling)にて、新日本で活躍中のヤング・バックスと、WWEで大活躍したハーディーボーイズが対戦するとか。

弟さんは色々トラブル続きの人生だったようですが、まだ往年の動きができるのでしょうか。昔は全然似てないなとおもったけど、歳を取ったせいか、(ジェフの刺青を差し置いても)ずいぶん似てきましたね。



不定期にアップデートしてます。


広告

ドクギャローズ、WWE含むアメリカではルーク・ギャローズとして活動してます。


【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ