プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:ユニオンプロレス

この記事では、2014年5月18日に、後楽園ホールで開催された、ユニオンプロレスのビッグマッチ、ゴールデンユニオン2014の観戦記の後半を書いています。


photo 4




試合レポートは、DDT(ユニオン)公式ページに途中経過含めて凄く詳細に書いてあるので、是非そちらをご覧下さい。
http://www.ddtpro.com/union/10023/

客の入りや第1試合〜第5試合までのレポートは前半をご覧下さい。



セミファイナル 薔薇1000本+αデスマッチ
石川修司vs大家健



photo 2


いちどは見たかった薔薇デスマッチをついに観戦です。大家が一方的に提唱しているガンバレプロレスの負け戦みたいなものかな、と思っていました。まず目についたのは、今成夢人選手のセコンドっぷり。とにかく大声でゲキを飛ばし、全身で悔しさを表現する。大家がピンチになると、相手方コーナーであろうと、ユニオンのセコンド勢を蹴散らしながら駆け寄る。徹底しているなと思いました。(でも休憩中は、ユニオン勢の横でチケット売ってた)

さて、大家選手は、「うだつの上がらない中堅レスラー」という印象でした。インディーのトップレスラーである石川選手に挑んで勝ち目があるわけがありません。しかし、試合展開は私の予想を大きく裏切りました。とにかく石川選手が容赦ない攻めを見せます。薔薇ボードに叩き付け、ボードを乗せたままイスで滅多打ち。場内若干ドン引きするくらいの音が出てました。しかし、大家選手はとにかく食らいつく。場外で逆転すると、入場ゲートからダイブ!

photo 3
フラフラと上って行くあたりが、覚悟を感じさせます。

全体的に石川が押しているものの、大家の心は折れず、随所で息を吹き返して一矢報いて行きます。
有刺鉄線ボードに何度もボディースラムされようと、激しい頭突きを食らおうとも、立ち上がりつづけました。そしてカウンターのスピアー!正直、当たりが全然浅かったのですが、これが完璧な形で入れば、勝つこともできたのでは、と一瞬思うくらい、気持ちの上では大家選手が石川選手を上回っていました。
最後はジャイアントボムで大家選手が沈みましたが、とても良い試合でした。本日ベストバウトです。

ぶっちゃけ、新日本の石井選手がやっている、気持ちと我慢比べみたいな試合なので、毎回このスタイルでやるといつか身体を壊しそうなので、あんまり賞賛しすぎるのはどうかと思うのですが、それでも勝ち目が無い相手に頑張って食らいつく姿というのは琴線に触れてしまうものですね。


広告



メインイベント ユニオンMAX選手権試合
木高イサミ(第2代王者) vs 佐藤光留


photo 1

これまで散々ユニオン勢を「休憩所」呼ばわりしてきた佐藤をユニオンのトップが迎え撃ちます。



佐藤は白いコスチュームで本気を感じさせます。立ち振る舞いも本当に堂々としていて、憎々しさを強調させていました。ゴングがなってからしばらくお互いに間合いを取り合い、佐藤が強烈なローキックを放ちます。一瞬で顔を歪めるイサミ。その後はしばらくグラウンド勝負です。
この展開は本当に緊張感が漂っていて、3分くらいにわたって、客席が誰1人声援を送らない、という驚くべき状態になりました。
佐藤がローキックでイサミの左脚を攻め続け、イサミはエルボーに活路を見出すという展開でした。エルボーとローの打ち合いという我慢比べもありましたが、基本は関節を巡った攻防が中心。最後は脚の取り合いの末、イサミがタップ。散々ユニオン勢をバカにしてきた佐藤がイサミすらも破る結末となりました。
photo 2

試合後、イサミの検討をさわやかに讃える佐藤、、ですが、それは本心ではありませんでした。ベルトを投げ捨て「ここはお前らの低いハードルの夢を叶える場なのか、こんなベルトに価値はない」という痛烈なダメ出しをユニオン全体にする佐藤。あまりにも正論過ぎて、ブーイングがあまり飛びません。

誰であろうと挑戦を受けると言い放つ佐藤。唯一の条件として「ユニオン所属であること」を提示します。誰が出るのかと思っていたところで、花道に登場したのは・・・福田洋!試合のとき以上におちゃらけたアメリカ国旗柄のダボダボなパンツ姿です。この殺伐とした雰囲気にこの格好は素敵です。まばらなUSAコール(本人曰く万雷のUSAコール)に後押しされて佐藤に対戦をアピールしますが、佐藤は相手にせず引き上げます。スーザン代表と協議の結果、次回挑戦者として福田洋が決定しました。



大日本を見ていても感じるのですが、メイン・セミがしっかりしていると、興行が締まりますね。ビアードあり、SAY YESあり、激しい薔薇デスマッチあり、殺伐としたメインありで、バラエティ豊かでとても楽しかったです。


きっと次の王座戦は、いまやパンクラスではなく全日本プロレスを背負うメジャーレスラーである佐藤光留と、どこを切ってもインディー要素満載の福田洋のイデオロギー論争になるのでしょう。しかし、因果なもので、観客動員数でいえば、今の全日本プロレスは、DDTはおろか、ユニオンにも及ばないわけです。「プロ」レスラーとしてのプライド、団体としてのファンの支持、勝つのはいったいどちらなのでしょう!気になるけど平日だと見られないな。。



時間が無くて更新できない、と思ってましたが、頑張るとかけるものですね。
他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link








この記事では、2014年5月18日に、後楽園ホールで開催された、ユニオンプロレスのビッグマッチ、ゴールデンユニオン2014の観戦記を書いています。まずは前半です。
photo 4





週末何をしようか悩んでいたら、ちょうどユニオンプロレスの後楽園大会が昼間に開催されていたので、観戦してきました。

12時開始に15分遅刻して到着。3500円の当日自由席を購入して会場入りしました。自由席(南側席の後方5列ほど)のまわりは人がまばらでしたが、リング周りの席は一通り埋まっていました。なお、北側席は封鎖していました。目視確認したところ、600-800人くらい。主催者発表は780人程度だったので、なかなか入っていたと思います。(2日前の全日本は700人未満だった)
photo 4
南側の通路後ろはスカスカだけど、あとはけっこうぎっしり。


試合レポートは、ユニオン(DDT)公式ページに途中経過含めて凄く詳細に書いてあるので、そちらもご覧下さい。
http://www.ddtpro.com/union/10023/

広告



第1試合 6人タッグマッチ
紫雷美央&風戸大智&河村知哉vsSAGAT&円華&米山香織



photo 1

到着してすぐに試合が終わってしまいました。ユニオン若手勢をまだ見分けられません。男前の細いレスラーがいるなあ、と思っていましたが、まさか円華だとは思っていませんでした。。



第2試合 シングルマッチ
三富政行vs冨永真一郎


photo 2

一方的にユニオンに喧嘩を売っている「ガンバレ☆プロレス」がらみの試合。それ以外にも学生プロレス時代の因縁とかありそうでしたが、あまりその経緯には乗れませんでした。分厚い胸板の三富が、細い冨永の痛めた肩をいたぶるも、冨永が打点の高いドロップキックで反撃し、コーナーに座った冨永を飛びつき雪崩式フランケンで投げ飛ばして、RKOから文字通り両肩を押さえ込んでフォール勝ち!最後の執念が見えてた思いがけぬ好勝負でした。冨永選手は(怪我の影響もあるだろうけど)細かった。跳躍力はあるのだけれど、ところどころ動きが危ない所があるように思いました。三富選手は学プロキャリアもあって、立ち振る舞いが堂々としていて、身体も分厚いのだけれど、なまじ完成しているばっかりに、この先が心配です。



第3試合 アイデアポケット提供試合、世界アイポケ級選手権試合
竜剛馬(第4代王者)vsスーパー・ササダンゴ・マシン

photo 3

反則、リングアウト、KOに加え、フォールでも決着がつかないという驚愕の試合形式。唯一「SAY YES」と言った方が負けというルールです。前日に覚せい剤所持で逮捕されたASUKA選手をオマージュした試合形式です。この事件が無かったらどういう試合形式だったのかが気になります。展開は、通常のプロレスと同じ立ち上がりでしたが、竜選手をヘッドロックに捉えたササダンゴ選手が「SAY YES」を歌いはじめ、サビで竜にマイクを向けるも「SAY NO!」。このやり取りが2回続きましたが、思いのほかサビまで長くて2回ですでにお腹いっぱいに。
中盤、六法全書を持ち出した竜選手が、ササダンゴをノックアウトしたところで、場内からSAY YESが流れます。気持ち良さそうに歌いだす竜。チャゲパートをフォローするササダンゴ。アイポケの選手もギターを持って参戦し、3人で気持ち良さそうに歌い続けます。あまりの気持ち良さに、思わず竜選手が「SAY YES」まで歌い切ってしまい、あっけなく王座陥落。新王者は「以上です」と手短に告げて全員撤収です。楽しかったけどけっこうグダグダ感も多い試合でした。

sponsored link


日本のプロレスはサムライTV、WWEはJ-Sports


第4試合 タッグマッチ
チェリー&男色ディーノvsレディビアード&赤井沙希


photo 2


レディービアード選手は初めて見ました。周囲のお客に対するアピールなど、プロでした。続いて赤井選手が入場。華のある長身なのですが、声の大きさとか、アピール力とか、ビアード選手と比べるとだいぶ落ちるかな・・と思ってしまいました。次いでディーノ&チェリーの入場。チェリーの貫禄は素晴らしいですね。背は低いけれど立ち振る舞いが堂々としていて、マイクも聞き取りやすい。

photo 1
チェリーがディーノを「ホモ、デブ」呼ばわりして、こき使う展開になりました。手四つからディーノとビアードのキスとか、美しくない展開の末、チェリーの一方的な支持で、ディーノがケツを出してコーナーに座る羽目に。(「今日はそんなんじゃないから」とディーノは必死に抵抗するも無駄)
ケツを巡る攻防の末、会場の期待を裏切り、赤井がケツを被弾!しかし、ビアードがチェリーもケツ被弾させ、チェリーからフォール勝ち。次回大会でチェリーの持つ女子王座に挑戦することとなった。その後も赤井は(ケツダメージで)エプロンに横たわり、ディーノはコーナー上で身動き1つしない。その状態でビアードは挨拶をし、「バレンタイン・キス」を歌いだす。
振り付きで可愛く歌っていたかと思うと、サビでデスボイス&ヘッドバンギングを開始。それまでピクリとも動かなかったディーノも気づけば頭を振り出して、大盛り上がり。笑いました。
photo 3


第5試合 UWA世界タッグ選手権試合。
MEN’Sテイオー&福田洋 (第17代王者組) vs 諸橋晴也&FUMA


photo 1

つくづく福田という選手は凄いなあと思います。まだ2年そこらの選手なのだけど、コスチューム・キャラ・立ち振る舞いとも手を抜かず、ベテランのような存在感でした。FUMAの方がデビューが先なのだけど、ユニオンに詳しくない人がこの試合を見ても、FUMAを覚えて帰る人は少ないと思いました。
生き生きとしたテイオー(コンディション良さそうだった)と、福田の合体技により、王座が防衛しました。

ここで休憩。セミの薔薇デスマッチと、メインのユニオンMAX王座戦は後半の記事で書きます。



時間が無くて更新できない、と思ってましたが、頑張ると書けるものですね。
他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link








このページのトップヘ