プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:ロブコンウェイ

この記事では、2014年8月末にアメリカのプロレス界(主に中南部インディー)で起こった出来事をお伝えします。


inspire-pro-wrestling-mike-dell



NWAを中心に、私が押さえている範囲で、アメリカのプロレス界(の片隅)で起こった出来事をお伝えします。最近仕事が忙しすぎて、あまりキャッチアップできてないです。

広告



1.テキサスInspire Proの意外な新王者


テキサスはオースチンのNWA加盟団体であるInspire Pro。昨年2013年にInspire王座を設立し、初代チャンピオンにマイク・デルが君臨しました。ランス・アーチャーなど強敵を退けた彼が迎えた挑戦者は、ROH参戦中のレイ・ロウ・・・のはずでした。しかし、彼が事故のために欠場。代わりに迎えた挑戦者はなんと、Andy Dalton。背は高くないし、ポッチャリ体系で、どちらかというと色モノみたいな存在に見えます。
そして、まさかのアンディー・ダルトンが王座を奪ってしまいました!彼も近隣のローカルベルトを持ってはいますが、意外すぎる新王者の登場に、今後の展開が気になります。

sponsored link

中途半端な英語から…

2.ランス・アーチャーとロブ・コンウェイの講演会


新日本プロレス参戦中のランス・アーチャー(鈴木軍)ことランス・ホイトさんと、小島聡からNWA世界ヘビー級王座を奪還したアイアンマン、ロブ・コンウェイがテキサス州のシャーマン(ダラスの北)で、講演会をやるそうです。
9月19日(金曜)で、聴講料は40ドルと意外とお高い。(試合だと10ドルくらいなので)
ポスターにはひたすら過去の獲得タイトルが書いてあるのみ。一体誰を対象に、何を喋るイベントなんだろう。


sponsored link


日本のプロレスはサムライTV、WWEはJ-Sports


3.ハーディーズの豪快なアイスバケツチャレンジ

もうブームは過ぎ去ったのでしょうか。ALS(筋萎縮性即素硬化症)に関する啓蒙活動として、氷水をかぶるアイスバケツチャレンジ、元WWEのハーディーボーイズこと、Matt Hardy and Jeff Hardy (マットハーディーとジェフハーディー)も挑戦していました。


「俺たちもアイスバケツチャレンジやろうぜ」と誘う兄マットと、あまり興味なさそうな弟ジェフ。ジェフが去った後で、ベンチで居眠りしてしまったマットが気づくと、ベンチにぐるぐる巻きにされていて、ブルドーザーに乗ったウィローがやってくる。そして…という動画です。大掛かりだ。



広告



不定期にアップデートしてます。




【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

この記事では、2014年6月8日から6月14日までにアメリカのプロレス界(主に中南部インディー)で起こった出来事をお伝えします。


IMG_5005



NWAを中心に、私が押さえている範囲で、アメリカのプロレス界(の片隅)で起こった出来事をお伝えします。期間が中途半端なのはご容赦ください。

1:WWEがスーパースターを大量解雇

WWEは追っていないのだけど、WWEに出場していた選手たちは、小さなインディー団体にとっては、喉から手が出るくらい欲しい素材です。全国区の知名度や、大舞台で身につけたオーラや技術。解雇された彼らは、今後、生活の為に地方のインディー団体に上がることもあるでしょう。

もとWWEスーパースターであるハリケーンことグレゴリー・シェイン・ヘルムス氏が、解雇された人たちへ暖かいコメントを出していました。

(拙訳)契約終えたスター達へ。自由を謳歌するんだ。インディー界は凄いし、世界のレスリングの故郷だ。


WWEはプロレス界最大の「舞台」だけど、近年俺が見ている最高のレスリングはインディー界だ。幸運を!

要するに、何人かは不安だったり落ち込んだりしてるけど、他はWWE後の人生があるってことだよ、約束するぜ。

同じようにWWEを去りながらも、インディー界で活躍を続けている(であろう)ハリケーン選手ならではの、将来を不安に思っているであろう、元WWEスター達に対するエールです。

自分が努めていた大企業を退職して、新天地で何とかやっていくようになって、退職することになった昔の同僚達に「あの会社だけが会社じゃない。お前ならきっと新しいところで上手くやっていけるさ!」なんてサラりと言えるようになりたいですね。


広告


2.AJスタイルズがNWA系列の団体に出場



アメリカ最大の祝日は4th of Julyこと独立記念日です。
この記念日に、アーカンソー州ベントンという街で、NWA Summer Clashというイベントが開催されます。ポスターからも分かるようにやたらと出場者が豪華です。

メインイベントは、新日本プロレスの王者であるAJスタイルズ 対 スティーブ・アンソニー (Steve Anthony)
他にも、新日本に上がった、ジャックス・ダン、ロブ・コンウェイ、ビッグダディ・ヤムヤム(バイロン・ウィルコット)や、ティムストームなどが参加するようです。テキサス州でもないのに、NWAローンスタータッグ王座戦も行われます。(マットリヴィエラ&グレッグアンソニー組対ロックンロール・エキスプレス)

3.ランス・アーチャー、テキサスのInspire Proで王座戦

NWA加入で勢いづいているであろうテキサス州オースチンの団体Inspire Proの興行"Clash At The Bash"が開催されます。(現地時間で6月15日)


注目すべきは、Inspireの王者であるマイク・デルに、ランス・ホイトことランスアーチャーが挑戦することです。



あと、UCWというとこも侵略するらしいです。6月15日に。お祭りかな。


4.新日本プロレス、渡辺高章選手、クリスヒーローと対戦

詳細不明です。

6月8日のライバルスクールズなる大会でクリスヒーローと対戦したっぽい。追い切れてません。ROH?

sponsored link

日本のプロレスはサムライTV、WWEはJ-Sports


5.CZWのトーナメント・オブ・デスが開催される 


大日本プロレスファンを名乗っておきながら一切追えてませんが、6月14日にデラウェア州で、CZWのデスマッチトーナメント、Tournament of Death 13 (通称TOD13)が開催されます。



日本からは葛西、沼澤、復帰した竹田誠志が出場します。MASADAも出るようです。誰が優勝候補なんだろう?

不定期にこんな形でアップデートして行こうと思います。よろしく。

広告



【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のなく記事を引用しないでくださいね。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


 

このページのトップヘ