プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:両国国技館

この記事では、2014年10月13日(月、祝)に東京の両国国技館で開催された新日本プロレスのビッグマッチ、KING OF PRO-WRESTLINGの観戦記を書いています。長い興行になりました、セミのオカダ内藤と、メインの棚橋AJ戦です。


njpw_king_of_pro_wrestling_2014_015


台風が迫る関東地方、そんなことは気にせぬ9000人の観衆の大声援で、とにかく熱気が半端なかった新日本プロレスのKing Of Pro Wrestling 2014大会もいよいよクライマックスです。セミとメインの感想です。

 

広告



新日本両国大会 第9試合(セミ):東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦

権利者オカダ・カズチカ 対  (チャレンジャー)内藤 哲也

njpw_king_of_pro_wrestling_2014_014


意外な結末として、内藤勝利を予想する声が多いなかで、オカダ入場。ものすごい声援です。オカダドルが降り止みません。

オカダのものすごいスピードのロープワークにびっくりしていると、内藤の張り手一発でオカダが倒れてフラフラになる。もしや脳しんとう、と思いましたが直後に内藤が顔面蹴りまくっていたので、多分アングルでしょう。それにしてはあまりアングルを活かし切れていないように見えました。場外カウント19で内藤が場内に入れるという展開。

その後はオカダも何事もなくファイトして、今度は場外でオカダが内藤を叩き付け、内藤が19カウントで場内に入れられるという展開です。

しかし、内藤は本当に人気が出ましたね。終盤、オカダコールと内藤コールが場内を二分していたんですが、6:4くらいで内藤コールの方が多かったです。

そして最後の攻防は本当に手に汗握りましたね。レインメーカーを巡る攻防で5回くらい湧くという。初めてのオカダのIWGP防衛戦を思い出しました。

レインメーカーをかわされたオカダが、内藤を捕まえて、そのまま超高角度のジャーマン!そしてレインメーカーを決めて、オカダが完勝。何と3年連続で東京ドームのIWGPヘビー戦が決定です。


しかし、私はあろう事か、この熱戦のさなかに、前日のTNAの観戦疲れなどで眠気に襲われ、もうろうとしておりました。。せっかく良い席だったのに・・・


sponsored link


日本のプロレスはサムライTV、WWEはJ-Sports

新日本両国大会 第10試合(メイン):IWGPヘビー級選手権

(王者)AJスタイルズ 対 (挑戦者)棚橋 弘至
njpw_king_of_pro_wrestling_2014_017


さて、オカダと対戦するのは果たしてAJか、それとも棚橋なのか?9割以上の歓声を集めて棚橋が入場します。AJはブーイング、というわけでもなく、この半年弱の活躍が完全に受け入れられたようで、少ないながらも確実に声援が飛んでいました。

njpw_king_of_pro_wrestling_2014_016-2

セコンドにJJが付くものの、基本的に乱入などは無く、真っ向勝負が続きます。しかし、途中でJJがスーツとYシャツを脱いで乱入、、しかけるも棚橋が阻止。

一進一退の攻防の末、棚橋が完璧なタイミングでハイフライフローを2発決め、レフェリーが3カウントを叩く、その瞬間にレフェリーが消えてしまいます。何と、ここにきてジャレットがレフェリーを引きずり下ろしてしまったのです。

さらに、レフェリーが昏倒している隙にジャレットが黒いギターを手に、棚橋に襲いかか…(長い間)...ろうとします。棚橋危うし。キャプテン、止めてあげて!誰か、助けにくる正規軍はいないのか…(長い間)...と、その時、ものすごいスピードで、長髪の男性が私服姿でリングに走ってきました!

長い髪を後ろに束ねた、ガタイの良い長身のその姿は!まさか、もとWWEのKENSO(鈴木健想)?棚健コンビ??


そんなわけもなく、隣で観戦していた男性が「ヨシタツだ!」と叫びます。確かに、前髪に特徴的なメッシュが入っています。元WWEのスーパースターにして元新日本プロレス所属のヨシタツさんでした。

わずか数秒でJJを蹴散らし、そのままバックステージに追いかけて走り去って行きました。この間、わずか5秒?早すぎて誰だったか分からなかった人も多いのでは。


そうして再び一対一の真っ向勝負です。スタイルズがものすごく奇麗なフォームで450スプラッシュを決めるも、棚橋が完璧なタイミングで膝を立てて迎撃。そして棚橋がお返しにハイフライフローを決めるも、今度はAJが完璧なタイミングで剣山。2人ともフォームがキレイでした。

雪崩式のスタイルズクラッシュを阻止した棚橋が、再びハイフライフロー二発を決めて、なんと、棚橋勝利!!場内大爆発です。本当にすごい盛り上がりでした。

njpw_king_of_pro_wrestling_2014_018
熱戦を終えた棚橋のもとに、外道とオカダがやってきます。セミではマイクをとらなかったオカダですが、勝った棚橋を挑発します。

njpw_king_of_pro_wrestling_2014_019
お互いコーナーに上ってアピールし合いますが、大熱戦の直後だけあって、観客は完全に棚橋についています。
格の違いを見せつけられた感のあるオカダは言葉少なに立ち去りました。

その後は、棚橋劇場が繰り広げられた、のですが、私は同行者たちが台風の影響を気にしていたので、途中で会場を後にしました。

盛りだくさんすぎて胃もたれしたけれど、やっぱり見応えのある、高いチケット代に見合った業界最高峰の興行でした。


余談:棚橋のマイクアピール(なぜなら、俺がいるからだ!)がDDTのHARASHIMAの定番のやり取り

H:なんでかって分かるか?
客:なんでー?
H:なぜなら、鍛えてるからだー!

を意識したようなやり取りに聞こえてしまいました。


10試合終わって20時過ぎ、実に4時間超えの長丁場でした。良い興行だったけれど、もう1時間くらい短くないと年間ベスト興行には厳しいなあ。70点くらいの試合が多すぎて、結果的に平均点が伸び悩む気がします。(他の興行の70点より遥かにレベル高いんですけどね)

広告

本大会とあわせて昨年の大会もDVD発売中。


【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

 

新日本プロレス、2014年春の両国大会、INVASION ATTACK を見た感想をお伝えします。第2弾として、序盤戦の感想を書きました


2014年4月6日(日)に東京の両国国技館で開催された、新日本プロレスのビッグイベント、INVASION ATTACK 2014を妹夫妻と観に行ってきました。第1回に続いて、第2回をお届けします。第1〜第4試合の感想です。


広告



INVASION ATTACK 2014第1試合 IWGPジュニアタッグ選手権試合


photo 3

[第37代王者組]
ニック・ジャクソン&マット・ジャクソン
vs
[挑戦者]
飯伏幸太&エル・デスペラード

エル・デスペラードを初めて見ました。少し体格が良いので身軽な動きにはみえませんでしたが、開脚して技をかわすなど、面白い動きでした。飯伏の動きが堪能できたし、スピーディーでとても良い試合でした。

11分47秒、モアバック4ユアバック→片エビ固めでマットがデスペラードに勝利し、ヤングバックスが3度目の防衛に成功。


INVASION ATTACK 2014 第2試合 スペシャル6人タッグマッチ

photo 2


真壁刀義・永田裕志・桜庭和志
vs
鈴木みのる・TAKAみちのく・タイチ

桜庭と鈴木みのるのプロレスマットでの遭遇、という不思議なテーマの試合でした。真壁はすっかりバラエティー出演要員になってしまったのですね。怪我であまり動けなくなったので、メディア露出担当になっているのではないかと想像します。

試合はみのるが桜庭を挑発してのチョップ合戦がハイライトでした。しかし、桜庭は一体どこに向かって行くのでしょうか。鈴木みのるは、自分がプロレスに戻ったように、桜庭もチョップ合戦をするような純プロレスにつかれ、というメッセージを発しているようにも見えましたが、それって絶対違いますよね。

9分39秒、サクラバロックで桜庭がタイチから勝利。

桜庭は肌が白くて少し筋肉がたるんでいて、見ていてちょっぴり悲しくなる体格だったのが残念です。あと、永田さんっていまパイレーツオブカリビアンのテーマで入場してたんですね。何故??正義(青義)なのに海賊なの?

広告

キャラは大事に。。

INVASION ATTACK 2014 第3試合 NWA世界タッグ選手権試合

photo 4

[王者組]
ロブ・コンウェイ&ジャックス・ダン(IronGodz)
vs
[挑戦者]
天山広吉&小島聡

分かりやすい対立軸の試合です。ジャックス・ダンはとにかくデカいし筋肉ムキムキなのですが、多分遠慮しているのでしょうね、控えめなファイトが何とももどかしかったです。ロブ・コンウェイは表情豊かで思っていたより良いレスラーでした。

と、試合の感想はここまで。殆どの時間、私はブルース・サープNWA社長に目を奪われていました。
BlogPaint

鉄柵の後ろ、客席のようなところに座っているにもかかわらず、客席からも分かるくらいのオーバーリアクションで試合を盛り上げる、立ち上がって絶叫する、鉄柵をスワンダイブ式に乗り越えて飛び降りて、試合に介入する… セコンドでもないのに一瞬たりとも気を抜かずにプロレスをやっていました。(これだけリング外でも熱心にプロレスしているのは、関本大介くらいではないでしょうか)

10分06秒、ムーンサルトプレスからの体固めで、天山がジャックス・ダンから勝利。天山&小島が新王者に。


意外性のない結末に感じましたが、人気ベビーフェイスタッグの勝利に会場はかなり盛り上がっていました。


INVASION ATTACK 2014 第4試合 プロレスvs柔術 異種格闘技戦

photo 3

矢野通&飯塚高史
vs
ダニエル・グレイシー&ホーレス・グレイシー

分かりやすい善玉悪玉の対戦カードに続いて、混沌としたタッグマッチです。プロレスできない格闘家タッグと、プロレスしない無法者タッグ。どうなるのかと思ったら、思いのほか試合が成立していました。場外でダニエルを手錠で拘束する矢野、ペットボトルを投げつけるダニエル、手錠を切りにくるスタッフなど、見せ場が多かったです。手錠を破壊してホーレスをカットに行く、なんてすごいタイミングになるのかと思ってましたが、さすがにそこまではできなかったようです。
6分56秒、ヒザ十字固めでダニエルが飯塚から勝利。

photo 4
こんな近くまで乱闘に来た!

矢野と飯塚って、いまではクレイジーになっちゃってるけど、新日本プロレス総合格闘技路線の時期(2003年)に、パンクラスとの対抗戦で矢野は渋谷修身に、飯塚は鈴木みのる(当時はまだパンクラシスト)に敗れていて、それぞれ総合格闘家とは因縁があるんですよね。


広告

パンクラスとの対抗戦に出ていた若手がこんな風に成長するとは、、

まだまだその3、中盤戦に続きます。


【ご注意】
リンク・引用は歓迎します。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


このページのトップヘ