プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:坂井澄江

この記事では、海外武者修行中の新日本プロレス渡辺高章選手が、スターダムを主戦場とする女子プロレスラーの木村響子選手と接近したことについて書いています。


新日本プロレスの渡辺高章選手が、女子プロレスラーの木村響子選手とアメリカでご飯たべてました。ソースはいつもの通り、在米日本人女子プロレスラーの坂井澄江選手です。

なんでまた渡辺選手と木村響子選手が一緒に写ってるのだろうと思ったら、このたび引退される中川ともか選手が、アメリカで引退試合をするのに帯同して、木村選手が渡米していたのですね。

この場に@NatbyNatureが一緒にいたらなー、と言ってます。現WWEのディーバのナタリヤのことですね。

広告




ここには写っていませんが、中川ともか選手は、2015年4月12日に、シカゴで引退試合を行ったそうです。日本からは、木村響子選手のほかに、ダイナマイト関西、大畠美咲、AKINO、 尾崎魔弓、松本浩代、アジャコングなどそうそうたるメンバーが参加していたようです。中川選手の3G (Global Green Gangsters)のパートナー、ケリー・スケーター選手も登場し、賑やかな引退興行となったようですね。

参考(中川選手のブログ):http://blog.livedoor.jp/tomoka_sov/archives/1898930.html



さて、渡辺高章選手は、2015年5月に開催されるROH(Ring Of Honor)と新日本プロレスの合同興行に参戦します。5月12日(火)と13日(水)にアメリカのフィラデルフィア(旧ECWアリーナが会場!)、15日(金)と16日(土)にカナダのトロントです。

新日本プロレスからは、渡辺選手以外にオカダカズチカ、棚橋弘至、獣神サンダーライガー、内藤哲也、KUSHIDA、そして外道が参戦するそうですよ。 KUSHIDAと外道は最近追加された様子。だんだん増えてますね。

広告


【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

 

この記事では、アメリカ武者修行中の新日本プロレスのレスラー、渡辺高章選手の2015年1月のアメリカでの試合動画をお伝えします。あの2世レスラーと組んでました。

2013年秋からアメリカで海外武者修行中の新日本プロレスの渡辺高章選手。凱旋帰国はまだのようで、アメリカで修行中です。最新情報を見つけ出してお届けして参ります。


久しぶりに試合動画を見つける事ができました。

アメリカはニューヨークの団体、WUW (World of Unpredictable Wrestling)が2015年1月17日に開催した、"30 Anniversary Gran Prix" (30周年のグランプリ大会)です。


広告



観客は200-300、会場はラジアントホールくらいでしょうか、狭い会場にナントカリングを入れて客を詰め込んでいる印象です。(あとロープ緩すぎ!)

Watanabe Takaaki選手は、David Finlay選手とタッグを組んで、Mike Firezone選手とPayaso Coco選手と対戦しました。

David Finlay(デヴィッド・フィンレー)選手は、WWEやSMASHに出てきたデイブ・フィンレーの息子です。赤い大谷みたいなショートタイツ。白くてまだ細いけど、首筋にタトゥー入れてます(なんでみんなすぐ入れちゃうんだろう・・・)。細い割に首回りがかなり太いので、これからに期待でしょう。

対戦相手のMike Firezone(マイク・ファイアゾーン)選手は青いロングタイツの細身の若い選手、Payaso Coco(パヤソ・ココ)選手はピエロみたいな覆面選手で、メキシカンでしょうか、体格は太そうです。 

渡辺高章選手は、"荒武者"後藤洋央起選手のように、甲冑をモチーフにした赤いコスチュームです。上着の背中には漢字で「渡辺」とあり、袴にスカートみたいな甲冑のパーツ(草摺=くさずりというんだそうです)を付けています。棚橋よりも長い髪をチョンマゲのようなポニーテールのようにまとめています。SAMURAIっぽくしてるんでしょうね。昨年獲得したWuWベルトを巻いての入場でした。


発音がちゃんと英語になってる!



<試合経過>

試合は、ヒールのFirezone&Coco組がFinlay選手をいたぶる展開。渡辺選手は時折タッチを受けて、圧倒的なパワーでラリアットやタックルして相手を蹴散らします。ただ、ヒールコンビは場外に逃げたりブラインドをついて2人攻撃したりと、なかなか渡辺選手のペースになりません。

観客は完全にWatanabe and Finlay組を後押し。ワタナベコールも起こります。

Watanabe選手がCoco選手のムーンサルトを食らってピンチになったものの、続くFirezone選手のベルト攻撃を誤爆させ、Watanabe & Finlay組が一気にチャンスをつかみます。ダブルのバックドロップとFinlayのスピアーでFirezone選手をノックアウトして、Watanabe選手がフォール。しかしこれは2カウント。(なぜかゴングがなってしまったけれど、取り消し)
そして、Finlayが場外のCocoにプランチャを炸裂させているあいだに、Watanabe選手が強烈なバックドロップドライバーで、Firezoneから完璧な3カウントを奪いました。


アメリカ在住の坂井澄江選手が面倒を見ているのか、渡辺選手とフィンレー選手は良く一緒に行動しているように見えますが、タッグを組んだのはこれが初めてとのこと。初タッグで息もピッタリなので、これからタッグ王座なんかも狙っていくんでしょうかね。

広告


海外デビューに備えて、甲冑を用意しておきましょう!



【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

 

このページのトップヘ