プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:田口隆祐

この記事では、2014年10月13日(月、祝)に東京の両国国技館で開催された新日本プロレスのビッグマッチ、KING OF PRO-WRESTLINGの観戦記を書いています。中盤戦第5,6試合です。タッグ王座戦がすごいことになりましたよ。

njpw_king_of_pro_wrestling_2014_009


新日本プロレスのキングオブプロレスリング両国大会(2014)の観戦記を書いています。序盤はやっぱりこんなものかな…というビッグマッチ特有のサクサク進むアンダーカードでした。中盤に組まれているIWGPのJr.タッグ王座戦の出来具合いが気になる所です。

 

広告



新日本両国大会 第5試合:IWGP Jr.タッグ選手権 3WAYマッチ

(王者組:タイムスプリッターズ)アレックス・シェリー&KUSHIDA

(挑戦者組:フォーエバーフーリガンズ)アレックス・コズロフ&ロッキー・ロメロ

(挑戦者組:ヤングバックス)ニック・ジャクソン&マット・ジャクソン

njpw_king_of_pro_wrestling_2014_008
中だるみしてきた興行のアクセントとなって欲しい試合です。

3WAYとうたわれているものの、フォーエバーフーリガンズはコーナーに控えて参戦せず、タイムスプリッターズの激しい攻撃に耐えかねたヤングバックスが助けを求める形でタッチしてからのリングイン。これは常時2チームしか試合権の無いスタイルなのか?最後まで曖昧なままでした。

フーリガンズの試合は恐らく初めて見ました。ロメロが確保した相手に対してコズロフが合体攻撃しようと過剰なロープワークするのでロメロがキレて、イザコザ起こすけどハグして仲直り…というダチョウ倶楽部的なやりとりがあったり、ロープにふられたけど、ロープに挟まってフェイントしようとしたら、すぐに見つかってヤングバックスのダブルドロップキックの餌食になったりと、色々笑いました。

ヤングバックスとタイムスプリッターズは相変わらず早すぎてもう何が何やら。珠玉の時間を満喫しました。最後はKUSHIDAが決めて王座防衛。


なお、試合中に、場外にいる相手に1人ずつトペを見舞って行く、という団体戦特有の流れになり、最後に飛ぶキャラとは思えないコズロフがすっごい頑張って飛ぼうとして、足を引っかけて転落、、という流れがあって、「ヒヤヒヤした」という人がいましたが、現場で見ている限り、高度に計算された意図的な失敗に見えました。(ロープにしっかり足を絡ませて飛んで、しっかり相手が身体を受け止めていたので、安全に見えた。) その後もコズロフは動いていたので大丈夫だったのでは・・


ここで15分の休憩です。特筆すべき出来事はなしでした。

sponsored link


日本のプロレスはサムライTV、WWEはJ-Sports

新日本両国大会 第6試合:IWGP Jr.ヘビー級選手権

(第69代王者)田口 隆祐 対  (チャレンジャー)エル・デスペラード

njpw_king_of_pro_wrestling_2014_010

第69代をネタにした、マジで酷すぎる田口の下ネタにデスペラードが突っ込むというシュールな煽りVに続いて、西側客席よりTAKAに付き添われてデスペラードが入場する。ただ、荒っぽいのと、隣の観客の「タイチじゃね?」という声。

田口は普通に入場。(ツタンカーメンではなかった)

デスペラードと向かい合うと、後ろからもう1人のデスペラードが走ってくる。やっぱり最初のは偽者か。襲撃されて大の字になる田口の前でマスクを脱いだその姿は、タイチ!
(というか、この襲撃、ゴングのだいぶ前にやってたので、変なタイミングだった)


試合はデスペラードが一方的に田口の腰を攻める。しかし、田口がまさかのヒップアタックで逆襲。めっちゃ上手なヒップアタック連発。なぜそのチョイス??その後は前回から使っているアンクルホールドを連発。さらに、心のこもっていない(ように見えた)両腕を上げるポーズからのデビッドオマージュの場外トペを放ったりと、田口は伸び伸びと戦い、執拗なアンクルホールドでデスペラードからタップを奪い、王座防衛。試合後も襲撃を受けて散々ながらも、王者のまま年を越しそうです。しかし、試合後にタカタイチによる一方的な王者への攻撃が延々続き、誰も助けに来ないのでなんだかモヤモヤしました。

※いやあ、この日の田口の試合後のコメントも実にサイテーでしたねえ。どこに向かっているのだ、田口・・


新日本観戦記はその4に続きますよ。

広告

本大会とあわせて昨年の大会もDVD発売中。


【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

新日本プロレス、2014年春の両国大会、INVASION ATTACK を見た感想をお伝えします。第3弾として、中盤戦の感想を書きました


photo (3)

2014年4月6日(日)に東京の両国国技館で開催された、新日本プロレスのビッグイベント、INVASION ATTACK 2014を妹夫妻と観に行ってきました。第1弾第2弾に続いて、第3回をお届けします。第5〜第7試合の感想です。


広告


Invasion Attack 第5試合 スペシャルシングルマッチ


田口隆祐
vs
プリンス・デヴィット

photo (2)

退団が噂されるデビットと、それを意識したかのような「敗者退団マッチ」というテーマ。デビットが負けて退団、なんて安易なシナリオは信じたくなかったので、私は

・田口が負けて田口が引退
・田口が負けるが、バレットクラブに悪い田口として加入
・デビットが負けるが、改心して良いデビットとして復帰

この辺を想像していました。しかし、全部外れました。試合内容は素晴らしかったです。今年の東京ドーム大会以来のおどろおどろしいボディペイントで登場したデビットでしたが、セコンドのヤングバックスの介入をことごとく拒否して、しまいには仲間割れ。そして、黒い腕のサポーターを投げ捨てると、ヒールターン前のキャラのような戦いかたに戻ります。そこまで新日本を追っていなかった私ですが、7年前にデビットの試合を生で見ていたので、「ああ、あの時の動きをしているんだな」と何だか感慨深かったです。そして、真っ向からぶつかったデビットでしたが、田口の前に敗れ去り、自ら握手を求めると、退場しました。
(あの流れだと、田口から握手をするのかと思ったんですけどね。)

デビットは本当に退団するようでバッドエンドだけれど、ハッピーエンドな試合でした。

12分03秒、新技どどん・ジ・エンドからのエビ固めで田口がデビットに勝利!


Invasion Attack 第6試合 スペシャルタッグマッチ

バッドラック・ファレ&タマ・トンガ
vs
オカダ・カズチカ&YOSHI-HASHI

photo (1)


オカダ入場時の盛り上がり方は本当にすごかったです。まさに大スター。私にとってもオカダカズチカとしての試合をみるのは初めてでした。でも、残念ながらこの日いちばんつまらなかった試合でした。ヨシハシが長く捕まる→何とかオカダにタッチ→オカダ無双で得意技全部出してレインメーカーで完勝。この先に繋がる何かも無く、ただ技を出しただけの試合でした。
こんなのでファレに因縁を作ってIWGPに挑戦なんて、おかしいよな、と思っていたら、AJスタイルズの乱入という続きがありました。やっぱりファレは顔じゃないよなあ。

私はAJスタイルズが来場するという噂を聞いていたので、誰が乱入したのか分かったんですが、後ろの方のおっさんは「誰だお前ー!日本語で喋れー!」とヤジを飛ばしてました。すごい簡単な英語だったので、それくらい分かれよ、と思うのですが、AJはせめて名前を名乗るべきでしたね。

8分43秒、レインメーカーからの片エビ固めでオカダがタマ・トンガから3カウント


sponsored link

日本のプロレスはサムライTV、WWEはJ-Sports


Invasion Attack 第7試合 NEVER無差別級選手権試合

[第3代王者]石井智宏
vs
[挑戦者]内藤哲也


photo 2


私は昨今の"後楽園ホールで大人気!"という石井人気に乗れずにいます。まだ自分の目で石井の試合を見た事がないのと、石井の小さい図体に将来性を感じていなかったからです。また、内藤も迷走しすぎている気がして、あまり好きなレスラーではありません。ただ、妹が内藤の大ファンだったのと、ここ最近の内藤の不遇っぷりをみるにつけて内藤を応援しようという気になり、この試合は全面的に内藤を応援することにしました。

いやー、この試合が凄かった。開き直ったようにヒール殺法を駆使する内藤と、多少のダメージなど気にしないかのごとく突進してくる石井に、場内湧きまくりです。華麗な飛び技よりも、内藤には頭突きや張り手のような泥臭い技が良くあっているのだな、と感じました。これは石井と抗争をした賜物でしょう。

内藤は持てる技を全て石井にぶつけるのですが、なかなか3カウントが奪えない。裏投げをDDTで切り返される、なんてトンでもない事まで起こりました。なかなか勝てない内藤に、応援している私はもどかしくなってきました。しかし、満を持して内藤の必殺技であるプルマブランカがリング中央で炸裂しました。石井は必死に足をバタバタさせて脱出しようとしますが、あと少しでロープに届きません。もう少し足が長ければ… しかし、内藤は内藤で完全には極めきれていません。あと少し中央でかけていれば…

この攻防に、私は心をわしづかみにされてしまいました。

あと少しでIWGP王者になれなかった内藤。何かが足りないのか、トップレスラーの手前で足踏みをしてしまっている。そして今、技を極めきれずにいる。

一方の石井。本人は意地になって否定しますが、あと少し背が高ければ…と言われ続けているのは事実でしょう。そして今、あと少し足が足りないばっかりにロープに届かずにいる。

この「あと少し」の攻防は、2人のレスラーが置かれている状況、まさにそのものだったのです。

そして、石井が長くはない足をバタバタとさせて、何とかロープに逃れました。内藤はまたしても勝てなかった、石井の意地がロープに届いたのです。この瞬間、内藤を応援していた私は思わず石井に声援を送ってしまいました。

そして、再び一進一退の攻防の末、石井が再び内藤を破りました。文句無しに現時点でのベストバウトです。

勝った石井、負けた内藤、どちらも素晴らしいレスラーだということが良くわかりました。

17分45秒、垂直落下式ブレーンバスターからの片エビ固めで石井が内藤に勝利。王座を防衛。



勝った石井にはKUSHIDAが挑戦表明をした模様。こういうのってプロレス界の悪しき風習だと思うんですけど、なんで裏で表明するんでしょう。せめて当日の観客にも見えるようにしてほしいものです。。


あとちょっと、その4、セミ&メイン編に続きます

広告

大会DVD、いまのうちにご予約を。



リンク・引用は歓迎します。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ