プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:鈴木みのる

この記事では、2014年10月13日(月、祝)に東京の両国国技館で開催された新日本プロレスのビッグマッチ、KING OF PRO-WRESTLINGの観戦記を書いています。序盤戦第3,4試合です。天コジの今後、そして桜庭鈴木の因縁はいったいどうなるのか?

njpw_king_of_pro_wrestling_2014_000


第1試合から盛り上がっている新日本プロレス両国大会、King of Pro-Wrestling 2014ですが、客席はほぼ満員でした。ただ、ところどころ空いているマス席があったり、2階席もチラホラと空いている席があったので、完全に満員ではなく、90~95%くらいの入りだったのかな、と想像します。
(85~90%の入りに見えた2014年春の両国大会INVASION ATTACKよりは入っています)

 
広告



新日本両国大会 第3試合:NWA世界タッグ選手権

(チャンピオンチーム)小島 聡&天山 広吉 vs  (チャレンジャーチーム)デイビーボーイ・スミスJr.&ランス・アーチャー

njpw_king_of_pro_wrestling_2014_005

単調だと思っていたこの組み合わせだけど、だんだんアーチャーやスミスへの声援が増えていて、見ていてそこまで飽きませんね。少なくともサープ社長を見ていなくても楽しめました。(サープ社長、前の試合で退場も、こっそりと客席に戻ってきていました。今回はどういう意図でKESの応援してるんだ?)

試合終盤に小島のラリアットが天山に誤爆して、天山が場外で戦意喪失。孤立した小島は奮闘するも、ラリアットをかわされて、KESのダブルのパワーボムを喰らい、ピンフォール負けで王座が移動でした。

試合後、誤爆をきっかけに、まさかのテンコジが小競り合いを始め、2人は別々に退場していきました。どうなる、天コジ!


sponsored link


日本のプロレスはサムライTV、WWEはJ-Sports

新日本両国大会 第4試合:タッグマッチ

桜庭 和志&矢野 通 vs 飯塚 高史&鈴木 みのる

njpw_king_of_pro_wrestling_2014_006
飯塚さんは西側マス席後方より登場。私の隣のマス席まで来ました。バラモンと違って害がないので、にこやかに逃げ惑うことができますね。

先発は桜庭と鈴木みのる。みのるは張り手を誘っておいて、桜庭が張り手するとよけてラッシュ。ロープを掴んでも暴行を止めず、レフェリーを突き飛ばし、思わずセコンドのTAKAみちのくが止める始末。それにしてもレフェリーが情けなさ過ぎる。明らかにレフェリー暴行なんだから毅然と反則をとるかしないと。(初心者に説明がつかなくなります)

しかし桜庭がキレて反撃。グラウンドからのサクロックで鈴木を攻めます。今度は桜庭がレフェリーの静止を聞かず、矢野が止めに入る。リング上は矢野と飯塚に変わり、桜庭と鈴木の2人は場外へ。いつものターンバックル剥がしとYTRのポーズをめぐるやり取りの末、矢野が勝利。しかし、鈴木と桜庭は試合そっちのけで延々場外でやりあっています。桜庭退場後も怒りが収まらない鈴木は、ヤングライオンの田中選手をイスで叩く始末です。

…この終わりの無い抗争はいつまで引っ張るんでしょうか・・そろそろ飽きてきてるんですけれど。。

ちなみに、マイペースなモノ同士の対戦ということで、このタッグ(矢野vs飯塚、桜庭vs鈴木)は意外と組み合わせ的には相性がいいのですね。

まだまだその3へ続きます。ここで4試合で1時間でした。次は休憩前のJr王座の3wayタッグ戦です。

広告

本大会とあわせて昨年の大会もDVD発売中。


【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

 

この記事では&新日本プロレスの横浜アリーナ大会&Back To The Yokohama Arena (2014年5月25日開催)の観戦記を書いています。


photo 1



2014/5/25に、大学時代の先輩(プロレス好き)と一緒に新日本プロレスの横浜アリーナ大会「Back to the Yokohama Arena」を生観戦してきました。感想を複数回に分けてお伝えします。

第1試合 20分1本勝負 Road to BEST OF THE SUPER Jr. XXI

獣神サンダー・ライガー&タイガーマスク&×エル・デスペラード&マスカラ・ドラダ

田口 隆祐&○BUSHI&KUSHIDA&アレックス・シェリー
[08分25秒]エムエックス→片エビ固め



【感想】
みんなの個性の発揮できなさがもどかしかったです。特にBUSHIは、内藤とかデスペラードとキャラが被っているので、この先埋もれそうな感じがすごくしています。でもそんなBUSHIがデスペラードから勝利。リーグ戦の目玉となるのか??

最後はみんなで握手して手をつなぐ。うーん、スーパージュニアの顔見せという位置づけはわかるけど、露骨すぎでない?


photo 3

第2試合 20分1本勝負 スペシャル8人タッグマッチ

永田 裕志&中西 学&本間 朋晃&×キャプテン・ニュージャパン

○高橋 裕二郎&“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン&ドク・ギャローズ&タマ・トンガ
[09分03秒]マイアミ・シャイン→体固め

【感想】
中西無双とか本間のやられっぷりが目につきました。ジュニアの8人タッグの後にヘビーの8人タッグって構成として微妙ですね。

広告



第3試合 60分1本勝負 NWA世界タッグ選手権試合3WAYマッチ

(チャンピオンチーム)
○天山 広吉&小島 聡

(チャレンジャーチーム1)
ロブ・コンウェイ&× ウェス・ブリスコ

(チャレンジャーチーム2)
ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.

[11分38秒]ムーンサルトプレス→体固め
※天山広吉&小島聡が2度目の防衛に成功

【感想】
 第三試合は安定のサープ社長クオリティ。セコンドが一番プロレスらしいという状態。リング内は何と無くドタバタとしていました。K.E.Sだけでも扱いを持て余しているのに、さらにNWA勢まで連れて来て、わざわざスリーウェイにする必然性一切ナシかなと思いました。投げても投げても次のチームの人が湧いてくるので、闘っている側としては気の抜けない3WAYだったと思います。ただ、その中でも天コジの連携が際立っていました。ウェス・ブリスコは受けも攻めも特に印象は残せなかったな、という感想です。

勝利者である天山と小島の合体テーマを何度も聞かされたのが不快でした。個々の曲は好きなのだけど、ブチブチ繋ぎ過ぎ。



第4試合30分1本勝負 スペシャルタッグマッチ

×矢野 通&飯塚 高史

○鈴木 みのる&シェルトン・X・ベンジャミン
[00分08秒]ゴッチ式パイルドライバー→体固め

【感想】
 入場早々に飯塚が矢野を裏切って鈴木軍入りして8秒で試合終了。再び鈴木の入場テーマが流れる。ようするに入退場しただけ。最悪。このタイミングで一番やってほしくなかったです。

ここまで試合時間はテンポ良く進んでいて、第3試合終了でちょうど1時間でした。ただ、試合時間が短い割に、入場・退場の時間が長いな、とストレスを感じていた時間帯だったので、入場してすぐ試合が終わるような試合をこのタイミングでやるなよ、と思いました・

sponsored link


日本のプロレスはサムライTV、WWEはJ-Sports

第5試合30分1本勝負 スペシャルシングルマッチ

×内藤 哲也

○バッドラック・ファレ
[12分05秒]バッドラックフォール→片エビ固め


【感想】
何の脈絡もなく、ベルトにも絡んでないファレと内藤がぶつかるので、好勝負を期待していました。内藤の入場はレーザービームも駆使して派手な感じ。でも、期待に反して凡戦でした。内藤は頑張ってたけど、相手の大きい人がダメ過ぎ。動かないキャラなのはわかるけど、動かなくていい理由(殺気とか迂闊に近づいたら危ないとか)が全く表現できてなくて、単に鈍くて動けない人になってました。
途中で明らかに内藤の攻めの受け(水面蹴り)を間違えていたし、打たれ強いキャラも徹底できてなかった。粘る内藤にバッドラックフォールで、KOではなくてフォールしてファレの勝ち。

休憩になるも、ここまで好勝負なしでかなり不安になりました。

観衆7800人で悲観している人もいたけれど、一番安い席と高い席は8-9割くらい埋まっていました。ただ、アリーナ席の後方とか、スタンド席の真ん中(4500円と5500円の中間)が、エリアによってはガラガラでした、 


次回、その2へと続きます。

広告

過去大会のDVDです。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


このページのトップヘ