プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:関本大介

この記事では、横浜を拠点に活動するプロレス団体である大日本プロレスが横浜各地の商店街で開催している無料イベント「商店街プロレス」を横浜市瀬谷区のいちょう通り商店街で開催したときの観戦記を書いています。

BJW_shotengai_proresu_seya06



大日本プロレスが地元横浜近辺の商店街で開催する無料のプロレスイベント、商店街プロレスを観戦して来ました。2014年10月19日(日)の午後に開催されました。
今回の開催地である瀬谷いちょう通り商店街は、私の地元です。商店街の店の子どもが同級生だったりします。

いちょう通り商店街のホームページ
http://www.icho-dori.com/shop/


2年前には隣接する「瀬谷銀座通り商店街」で同様のイベントを開催しておりましたが、その時の開催場所の駐車場に大型のスポーツジムが建設されたのと、主催商店街が違うことから、今回は商店街入り口にある横浜信用金庫ヨコの駐車場での開催でした。

BJW_shotengai_proresu_seya01

前回の駐車場がとても大きくて見やすかったのに対し、今回の駐車場はごく普通の大きさで、狭い。遅く到着したこともあって、リング上がほとんど見えませんでした。300人くらい動員しているように見えました。

広告



リングが見えないのでしばらくウロウロしていると、変な人発見。

BJW_shotengai_proresu_seya03
大日本プロレスのアブドーラ小林選手ですね。選手たちも控え室が無いのか、次の試合にでるからなのか、ウロウロしています。



この日のイチョウ通り商店街プロレスは、13:00と14:30からの2部構成で、私は第2部の途中14:50頃から観戦しました。第1部は子どもプロレス教室とセットの開催で2試合のみ。第2部は比較的本格的な構成で、4試合の開催でした。

日曜午後の開催にも関わらず寝坊し、第2部からの観戦となりました。到着早々、稲葉大樹選手によく似たグレートパイン選手がムーンサルトプレスで、誰かから勝利していました。人ごみで対戦相手は見えず。退場して来たのをみて初めてオレンジ色のコスチュームの若手、関札晧太(せきふだこうた)選手であるとわかりました。

BJW_shotengai_proresu_seya04
パイン選手。近くに極道服の人の良さそうな人(星野選手)がいます。

商店街プロレス、第3試合(セミファイナル)



BlogPaint

ハロウィンのマスクを被って沼澤邪鬼選手のガウンを羽織った選手と、赤いツナギを着た天狗風のお面をかぶった怪奇派コンビと、アブドーラ小林&沼澤邪鬼組のタッグマッチでした。(ツナギの選手はいちょう通りにちなんだ、「デス・イチョウ・ストリー」、ハロウィンマスクの選手は「狂乱のセヤ」選手とのこと)

狂乱のセヤ選手、ハロウィンマスクの下は橋本和樹選手でしょうか。

BJW_shotengai_proresu_seya07
天狗ぽいデス・イチョウ・ストリー選手の正体は全く分かりませんでした。マスクの向こうの目の周りが黒かった?少なくともフランクおじさん、谷口選手は観戦していたので違うようです。
(どうでもいいけど、うつりこんでいる女性、アラレちゃん眼鏡してるの?プライバシー保護モザイクかけようとしたけど、必要なかった。。)

bjw_shotengai_proresu_seya_icho09

開始早々、場外乱闘です。とはいえ、車やテレビまで壊す六角橋商店街プロレスと違って、普通の商店街プロレスは実に平和です。天狗と小林が、ケーキ店「ソフィア」に乱入しようとしたり、料理店のオヤジさんを拉致しようとしたり、ソフトヒットな乱闘をしました。着いて来る観客も少なかったのでその後はリングに戻りました。


アブ小の愛してますチョップ、バカチンガーエルボードロップ、ダイビングエルボー、ロープで滾ってからの膝蹴り(背中のストレッチにもならないくらい反ってなかった)などで、勝利を収めました。


敗れた怪奇派コンビは大人しめに退場しつつ、ベビーカーを奪って5mくらい押していったり、少しだけ悪事を働いていました。

sponsored link



商店街プロレス、第4試合(メインイベント)

誰が出るのかと思ったら、鳴り響くモータルコンバットのテーマ、大日本プロレスの大エース、伊東竜二が登場です!パートナーの植木崇行(うえきたかゆき)選手と入場してきました。
ネット上で話題沸騰の植木選手を見るのはこれが初めて。入場前の路上から気合入りまくり、叫びまくりです。素晴らしいキャラだ。

対戦相手は知らなかったのだけど、聞き慣れたテーマソングが鳴り響きます。昨日ノアにも出ていた関本大介!!こちらも若手の神谷ヒデヨシ選手とのタッグです。

BJW_shotengai_proresu_seya05
近くのビルの中から出てきました。

植木が気合たっぷりで握手を申し入れるも無視され、気合たっぷりで先発を申し入れるも無視され、伊東と関本でスタート。関本のゴツい身体や過剰な気合が後輩達に継承されているのは素晴らしい。


伊東のドラゴンスプラッシュや、植木のダイビングショルダーにムーンサルトアタックも飛び出たものの、最後は関本が植木を沈める。


試合後は勝利者賞として商店街から症状やら副賞(読売新聞1年間購読権!)が贈呈されました。そして、珍しく関本がマイクを握り、不器用に感謝を述べ、締め。
プロレス見るならー(大日本!)
買い物するならー(商店街!)
新聞読むならー(読売新聞!)


という、謎すぎる締めでした。

BJW_shotengai_proresu_seya08
会場が小さ過ぎてよく見えなかったものの、大日本としては無料興行の割りに手加減なしの面子を出して来たな、と思いました。地元民からすると、肝心の商店街が、老朽化かつシャッター通りになっているのは悲しいところですが、何とかこういうイベントを続けて欲しいなと思います。


ご参考:瀬谷いちょう通り商店街のご紹介

最後に、この商店街プロレスの舞台となったいちょう通り商店街の名物をご紹介しておきます。いちょう通り商店街奥(駅を背にして左側)にある青柳という和菓子屋さんの、瀬谷八福神というお菓子がとても美味しいですよ。最中状の煎餅二枚でで牛皮の饅頭を挟んだ、和菓子好きの私からすると「最高の組み合わせ」です。
http://www.icho-dori.com/shop/aoyagi/


横浜市瀬谷区という町は、七福神に一つ足した八福神(8個目は達磨大使)が有名です。区内にある八つのお寺がそれぞれ八福神に対応しているので、八福神巡りスタンプラリーなどできますよ。次回開催の折には是非ともご検討ください。

http://www.sotetsu.co.jp/train/info/127.htm
相模鉄道(通称:相鉄線)のキャンペーン。最寄りは「瀬谷」駅。横浜から20分です。

http://7.longseller.org/c/88.html
日本各地の七福神巡りのサイト 

広告

是非地元商店街でお買い物を!

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

この記事では、2014年8月3日(日)に後楽園ホールで開催されたプロレスリングZERO-1の興行である「火祭り2014」の決勝戦の観戦記(その1)を書いています。

10574419_618731108240329_6401470719674132990_n


友人に招待されて(無料で)観戦したゼロワンの火祭りがあまりに面白かったので、決勝を自腹を切って観戦してきました。

そのときの観戦記はこちら。火祭り、2014年開幕戦(その1)ZERO1観戦記

巨人戦がちょうと終了した東京ドームの雑踏を抜けて、後楽園ホールの1階でチケットを購入します。5000円の席と迷った結果、一番安い4000円の席を購入しました。南側のL列。あら、通路のすぐ後ろでとても見やすい席でした。不思議なのは、開始直前に買った当日券より後ろに沢山の人が座っていたこと。あれ?

10553515_618731504906956_3719480626870033738_n

客入りは南側の後ろの入りが3割弱くらいでしたが、東西北はほぼ満員。開幕戦より増えて1300〜1500人くらいの入りでしょうか。

広告



第1試合 火祭り2014 Bブロック公式戦

13909_618731361573637_92385825671132299_n


大日本の橋本和樹 対 ゼロワンの佐藤耕平によるリーグ戦です。


火祭りの煽りVTRが終わったら、場内にプロレステーマ屈指の名曲である「大日本プロレスのテーマ」が響き渡ります。無条件で興奮して手拍子してしまったけれど、橋本選手の入場曲なんですね。テンション上がります。
しかし、耕平選手はデカい。


以前、試合後に談笑して一緒に帰って行った姿を見たので、恐らくプライベートで仲の良い2人。馴れ合いの試合になるのか、はたまた無理矢理怒鳴り合うのか、とおもったら意外な展開となりました。


何発かやり取りした後で、橋本選手が笑顔で「耕平さん、やりますか?」と尋ねかけます。耕平も笑顔で応じます。何をするのかと思えば、延々と意地の張り合い。チョップにはチョップで、ミドルにはミドルで。四方のお客さんが見えるように、場外に出て、4面すべてで律儀に乱闘です。ベタと言えばベタなんだけど、やっぱり盛り上がってしまいます。
10527458_618731388240301_2567675631108152446_n
南側場外での蹴り合い

橋本選手も粘りましたが、同じ攻撃数となると、やはり対格差がモノを言います。橋本選手の強烈な頭突きで耕平選手は額から出血したものの、その後のファルコンアローで見事勝利を飾ります。敗れた橋本選手には大歓声です。

10525905_618731344906972_8161030221532811825_n

第1試合から良い出だしでした。


○佐藤耕平(3勝1敗1分=勝ち点7)
●橋本和樹(1勝3敗1分=勝ち点3)
8分11秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド※耕平がBブロック1位通過


これにより、耕平選手がBブロック首位決定。2位のデーモン選手とともに準決勝進出です。また、同時に田中雅将選手のリーグ敗退が決定。セミファイナルで行われる大谷・横山組の対戦相手が田中・小幡組に決まりました。


それにしても、大日本プロレスの橋本和樹選手、本当に良いですね。まだ2試合しか見ていないけれど、確実に場内を盛り上げる力と個性を持っています。直線勝負・肉体勝負が主流の大日本プロレスのストロングBJでも確実に個性を発揮できると思います。



第2試合 火祭り2014 Aブロック公式戦


10485073_618731428240297_5336137363058825797_n

続いても大日本プロレスから関本大介選手が出場です。対するは崔領二選手。


インディートップクラスの対決です。勝った方がKAI選手に続いて準決勝進出です。
私は崔選手があまり好きでなかった(中途半端な印象が強かった)のだけど、火祭り開幕戦で非常に良い動きをしていたので、今回はとても期待していました。


試合は関本選手が優勢に進めます。ものすごい気迫でのヘッドロックやハーフボストンクラブで崔選手を痛めつけます。ただ、いつもに比べると気迫が足りなかったり、攻めが甘いように見えたのは気のせいでしょうか。

10513389_618731308240309_2986343819581839012_n
関本、鬼の形相のSTF。迫力ありすぎて笑ってしまいます。

2度のハーフボストンとサソリ固めで攻勢だった関本選手ですが、崔は突然背後からの胴締めスリーパーを仕掛けます。しっかり極ったように見えたものの、関本選手は何とこれを立ち上がって振りほどきます。こいつはバケモノか!しかし、崔は執拗にスリーパーを仕掛けます。こんどはガッチリ決まったか、関本選手は手をバタバタと振ってもがきます。そしてゴング!決まりました!崔選手がシドマスも那智の滝も温存して勝利しました。


○崔 領二(3勝2敗=勝ち点6)
11分48秒 スリーパーホールド※崔がAブロック2位通過
●関本大介(2勝2敗1分=勝ち点5)


この結果を受けて、準決勝の組み合わせがようやく決まりました。


デーモン植田 対 KAI
佐藤耕平 対 崔領二

異色の対決と、ゼロワン同世代対決ですね。注目はデーモン。

sponsored link


日本のプロレスはサムライTV、WWEはJ-Sports


第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負

10577053_618731281573645_8240637516811590934_n


続いては色々出てくるタッグです。


BM軍が入場し、YASSHIがマイクを握ります。要約すると「カス野郎ども、盛り上がっている火祭りで組まれたこの試合は、トイレタイムだ」
みんなが思っていたことを代弁しちゃいました。そして対戦相手チームを呼び入れます。セコンドの吉田くんは可愛い感じの若いお姉さんが誘導してます。(なお、中の人も同じ位の若いお姉さんでしたよ)

10494591_618748251571948_5287386509142855625_n

客席の注目はパンダ(パンディータ・ヌエボ)に集まります。BM側もパンダを挑発しますが、なかなかみんなタッチしません。藤田峰選手が捕まる展開が続き、満を持してのパンダ登場、が、弱い。客席から楽しそうな失笑が漏れます。
私はパンディータ選手みたいな選手は弱そうに見えて実はすごい空中技を持っていると勝手に予想していたのだけど、特に飛ばず、ボディスラムの受け手を見る限り、意外と若手が入っているかも、と思いました。


試合は、拳剛がパンダをフォールして勝利。YASSHIの言葉通り、トイレタイムになってしまいましたね。


日高郁人、ジェイソン・リー、藤田峰雄、●パンディータ・ヌエボ
14分11秒 フロッグスプラッシュ→体固め
KAMIKAZE、菅原拓也、“brother”YASSHI、○拳剛


広告

後ろの小学生が「パンダ全然働いてないじゃん!」と言ってました。


準決勝の様子はその2に続きます。


【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

 

このページのトップヘ