プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:DDTプロレス

この記事では、2012年8月18日に開催された、DDTプロレス、日本武道館大会「武道館ピーターパン」の観戦記(その3)を書いています。

2012年8月18日(土)に開催された、DDT武道館大会。観戦記、その1とその2に続いて、いよいよ最後、その3をお届けします。


IMGP5618

前半で個人的に一番好きだったのはサッカーマッチ。


DDT武道館 第7試合 ハードコアマッチ

HARASHIMA&真壁刀義 対 伊東竜二&石川修司

DDTのエースであるHARASHIMAが、「大学の先輩」で新日本プロレスの人気レスラー真壁と初タッグを組んで、ハードコア慣れした他団体の2人に挑むという、きわめてシンプルなテーマの試合。

あまり石川がハードコア戦士、というイメージが無かったが、よくよく考えると画鋲バスケットボールとか薔薇とか、真壁よりも激しいデスマッチの経験が豊富だった。

伊東も石川も、インディーのなかでは屈指の長身ながら、メジャーとの絡みがほとんど無いので、ハードコアという自分たちの土俵で、メジャー戦士である真壁とどうぶつかるのか、とても興味のある試合だった。

この試合は、1人ずつ入場。大日本プロレスファンの自分としては、この大観衆で伊東の入場テーマが聞けたことで大満足。(良い曲だと思います)

試合は予想通り、HARASHIMAがつかまり、大流血するという展開だった。
予想外だったのは、真壁も机に落とされたり、椅子オブジェの上に投げられたりと、かなりハードな受け身をとっていたことで、真壁の好感度が上がった。
真壁って、伊東や石川と比べると結構小さいこともわかった。

印象的だったのは(大日本ではおなじみだけれど)折り畳み椅子を横にして10個くらい並べた上に真壁を投げつける、というシーン。
比較的ハードコアの少ないDDT の客たちの「おいおいそんなところに投げちゃうの!」といわんばかりのリアクションがとても良かった。ハードコアとかデスマッチという試合形式は、大会場でも痛みや凄さが伝わりやすいな、と感じた。
試合はHARASHIMAが流血の末、ハードコア殺法で石川を沈めた。

勝ち名乗りをあげ、お決まりの「鍛えてるからだー!」を言う後輩の横で、(マイクを奪うこともせず)ニコニコと笑う真壁、ほんとにいい人!

藤波辰爾も試合後この試合を褒めていたり、良い試合でした。

※試合後の取材でも「今後もどんどんオレを呼べよ、すげえ試合してやるからよ」といってたらしい。さらに、対戦相手である伊東と石川のことも褒めていた。(新日本プロレス公式サイトより)そこまでやるとキャラ崩れちゃうよ!

広告


DDT武道館 第8試合(セミファイナル)透明爆破マッチ

男色ディーノ 対 透明人間

人形(ヨシヒコ)との試合や、過去にも透明人間系の選手が登場しているDDT にとって、決して目新しいネタではない「透明人間ネタ」をまさかのセミにもってきたあたりが、もの凄い期待を抱かせる。
 
第7試合のハードコアマッチ開始前に、この試合が「透明爆破マッチ」と発表されて、俄然面白そうな気配が漂う。そして両者入場。男色ディーノってまともに見たのは初めてだけど、狩りをする中にもオーラがあった。

割とオーソドックスな透明人間ネタに、「透明人間が見えるメガネ」というネタを織り交ぜつつ試合が展開。セコンドのメガネが投げ捨てられる、とか面白かった。
そして、5分が経過したため、電流爆破のスイッチがオン。ロープに少しでも触れると、透明電流爆破が起こるという状況でディーノが電流爆破の餌食に!

透明爆破とはいえ、場内にはけっこう大きな音で破裂音が流れる。先輩曰く「前の試合でさんざん本当のハードコアやっているので、ここは本当の音出してほしくなかった。」と核心を突いたコメントをしていた。

その後、エトピリカとともにディーノ、そして透明人間による独白が始まり、なんだか不思議な方向へ。

マッスルっぽい演出が不思議、というのではなく、2人の独白の方向性のはなし。2人とも、この試合にかける想いではなく、「DDTの興行のメイン」に対する想いを語り始める。


そうか、このセミは、メインへの前振りなのか!?


そして10分経過のアナウンスとともに、さっきよりも更に派手な爆破音とともに、透明爆発が炸裂し、透明人間が勝利し、少しの独白(どうやら透明人間は高木三四郎らしい)の後、そのままメイン(ケニーオメガの入場テーマ)へ切り替わる。

なかなか凝った演出を堪能したのだけど、あえて苦言を。

・1興行でマッスル演出(エトピリカ)が3度目なので、くどい
・爆破音が結構大きくて、せっかくの透明爆破と言うネタがかすむ
・透明人間の独白は、鈴木みのる戦の高木のマイクの後なので少し蛇足

もう少し全体のバランス考えると分かりやすかったかな、とも感じた。
それにしても、ディーノの団体への貢献ぷりが半端ないね。





DDT武道館 第9試合(メイン)KO-D無差別級選手権試合

飯伏幸太 対 ケニー・オメガ

対戦決定した時点から、多くの人が今年のベストバウトになるだろうと予想したであろう顔合わせ。


IMGP5621

両者への紙テープは相当な量。回収にだいぶ手間取った。
(余談だが、出場者が多すぎて、1人1人のテープは少なくても、全試合部まとめるととんでもない量になって、リング下がすごそうだった)

序盤はじっくりとした立ち上がりで、緊張感あふれる展開。オメガは徹底して腕狙い。ただ、寝不足とダークマッチ開始から4時間30分経過という状況で、頭がぼおっとしてしまって、途中落ちかけた。

大きな見せ場は、20分過ぎに飯伏が武道館1階席(普通の建物の3階くらいの高さ?)からのケブラーダ。高さもフォームもカンペキ。大日本とかのデスマッチで、無茶なダイブは良くみるけど、運動神経が高くて、おまけに向こう見ずな飯伏にこんだけ凄い事されると、他のレスラーの立場がないな、と思った。

そして、その後、コーナーに座ったオメガをフランケンシュタイナーで、なんと場外マットに叩き付ける、という殺人技を見せる飯伏。完全にこちらの眠気は吹き飛びました。

オメガは見事に場外マット状に背中から受け身をとったし、技をかけた飯伏も割と危なげなく着地していたところがまず凄い。そして、背中から受け身をとってもただじゃすまなさそうな高さだったことが衝撃的だった。現にその後オメガはずっと脇腹抑えていた。そして何より衝撃的だったのは、ビジョンに映し出された飯伏の表情。本当に人を殺しそうな無表情な目つきが恐ろしかった。

オメガはその後、カウント19でリングインしたけれど、ここで終わっても不思議ではなかった。

その後も無茶な攻防は続いたが、序盤からさんざん飯伏の腕を痛めつけていたオメガがここで反撃として、腕ひしぎを繰り出したことにびっくりした。完全に飯伏の勝利と思っていたが、オメガ唯一の突破口が残されていた。

しかし、それをしのいだ飯伏は、コーナートップから「雪崩式フェニックス・プレックス」を放つ。

フェニックス・プレックスとは「パワーボムの体勢で持ち上げたところで、相手の首を抱え込み後方に反り投げ、そのままブリッジを効かせてフォールに持ち込む技(by Wikipedia)」
…というアホみたいに危険な技なんだけど、それを雪崩式…。オメガはかろうじて返すもそれが精一杯で、続けざまにフェニックス・スプラッシュを放った飯伏が勝利した。

とにかく飯伏幸太というレスラーの非凡さ、非情さ・怖さというものが伝わる試合だった。(あとオメガの受けの上手さも)文句無しに今年のベストバウトになりうる試合だと思った。

その後、エンディングでサンプラザ中野が歌い、全員でフィナーレ。

来年は再び両国国技館での開催…2日連続、というサプライズで、21時少し前、5時間30分(330分)に及ぶ興行が終わり、放心状態のまま会場を後にしました。

とにかく興行自体に期待しすぎて、予想の範囲内の試合があると失望してしまうこともあったけれど、メインで他の感想がかすんでしまいました。

 


【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link





ハードコアマッチといっても実に色々ありますよ、

この記事では、2012年8月18日に開催された、DDTプロレス、日本武道館大会「武道館ピーターパン」の観戦記(その2)を書いています。

2012年8月18日(土)に開催された、DDT武道館大会。その2をお届けします。


IMG_1880

(電飾は素晴らしかった。ビッグマッチっぽいよ!)


DDT武道館第3試合 竹下幸之介 対 エル・ジェネリコ

期待の新人高校生「竹下幸之介」の登場。
デビュー戦にして、DDT最高の舞台、そして対戦相手は超一流選手。会社が彼にかけている期待の大きさが伺い知れます。

でも、最後までこの舞台でやる意味がわからなかった。
確かにタフだし運動神経も良くて、ジェネリコの必殺技Brainbustaaaaahhhhh!!!!!まで引き出したけど、穿った見方をすれば、「大舞台のデビューで相手が大物なので、粘って必殺技まで引き出して負ける」というのがミエミエでその通りになったので、なんかつまらなかった。本人にも相手にもプラスにならないデビュー戦だったのではと思う。

(なお、私は見る目がないので、来年早速竹下が大物になってたらこの意見をすぐ翻します。竹下選手は、陸上部の動きを取り入れたエルボーや飛び技を駆使していました。遠くて気づかなかった)


広告



DDT武道館 第4試合 サッカーマッチ

マサ高梨、佐々木大輔、星誕期、遠藤哲哉、藤本つかさ(アイスリボン)
vs 
ヤス・ウラノ、アントーニオ本多、火野裕士(K-DOJO)、タノムサク鳥羽、世IV虎(スターダム)

個人的に期待していたサッカーマッチ。

5対5のタッグだけど、「5分ハーフの前半後半で、フォール&ギブアップの数を競う」という素敵なルール。
いきなりキャプテン翼の作者高橋陽一が書いたあおり漫画という素敵すぎるVTRでスタート。サッカーユニフォームを着たメンバーが入場するところから期待が高まる。こういうのは形が大事だよね。

開始がゴングじゃなくてホイッスルとか、間接技の途中で時間切れになるとか、ロスタイム1分とか、フォールとったあとに浮かれて抱き合うとか、浮かれてるスキに逆転されるとか、とにかくサッカーとプロレスの掛け合わせの小ネタの質が高くて楽しかった。

そして2-2で迎えた結末は、まさかのPK戦。何のひねりも無い普通のPK戦。
花道奥にリアルサッカーゴールを設置して、(グダグダな感じで、一切サッカー的に見る所のない)PK戦が繰り広げられるのでありました。すばらしかった。


IMGP5617

当日唐突に発表されたチーム名(明枠と東葛)も素敵。




DDT武道館第5試合 KUDO&大石真翔 対 MIKAMI&藤波辰爾

レジェンド「藤波辰爾」を迎えて行われたKO-Dタッグ選手権。
ほもクロとして、アイドルをうたう大石&KUDOの王者組に、藤波&MIKAMIが挑戦。
藤波が出てきた背景は知らないが、どうやらMIKAMIは藤波の大ファンらしい。
まあ、アレですね。接待プロレス。

藤波がラダーに登って大歓声、ドラゴン殺法に大歓声。

藤原組長のときにも感じたけど、若さと独自色で人気を獲得した団体が、昭和のレジェンドレスラーの晩年に頼る姿はあまり見たくなかった。


DDT武道館 第6試合 高木三四郎 対 鈴木みのる

DDTの大社長が鈴木みのるに挑む大一番。
対戦が決定したのが1年前というのが本気度高め。
1万人の観衆が高木の入場テーマにあわせて「Fire」ポーズをしたのは圧巻だった。この2人の入場曲はとても良いと思う。

高木のみ凶器使用が可能という、勝ちに徹した試合。…と思ったけれど、凶器というのが
・メカマミーのドリル
・新高木三四郎(松田憲三=分身)
・愛川ゆず季(=お色気)
・マッスル
・藤原喜明

ということで、普通にネタ満載のプロレスに。
とはいえ、試合部分で全く歯が立たない高木。ゴッチ式パイルドライバーで沈む。

その後が高木の真骨頂。引退宣言とみせかけて(嘘泣きまでしてた)みのるにスタナー。往生際が悪いようで、これまでの想いをすべて込めた感動的なマイクの末、5年後の東京ドーム大会の開催を宣言する高木。しかし。これだけ高木が喋ったのに、最後は自分のインパクトを残して行くみのるは凄かった。

プロレス初観戦の後輩は、この試合が一番印象に残ったと言っていました。


このあと休憩をはさんで、いよいよラスト3試合です。(この時点で既に3時間超えてました)



実はCDにほとんど収録されていない「風になれ」。まさかのNOAHコンピに収録されてる。

【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

このページのトップヘ