プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:KAI

この記事では、2014年8月3日(日)に後楽園ホールで開催されたプロレスリングZERO-1の興行である「火祭り2014」の決勝戦の観戦記(その3)、決勝とセミの様子を書いています。

10568779_618731084906998_1236324243742703246_n


友人に招待されて(無料で)観戦したゼロワンの火祭りがあまりに面白かったので、決勝を自腹を切って観戦してきました。観戦記その3、決勝戦の様子です。その1からご覧下さいね。

広告



第7試合 タッグマッチ

続いては火祭り敗退者同士のタッグマッチ。
10351181_618731188240321_9121127280024920668_n



連戦の激しさゆえか、横山の脇腹にはテーピングがしてありました。試合は、田中と小幡が横山を集中で攻撃する展開が続きます。田中は倒れた横山を引き起こして、「寝るなオラ」と厳しい攻め。横山は合体攻撃を何とか耐え切ります。つい笑ってしまったのが、コーナーに控えていた大谷がロープ沿いに横山に激を飛ばしていたのだけど、エキサイトしすぎて、ニュートラルコーナーくらいまで(たぶん本当に無意識のうちに)出てきていました。あと客席からのヤジに対し「まだ(火祭り優勝)諦めてないぞ!」と返す大谷。いやムリですよ。


そんなこんなで大谷が所々で美味しい所をもっていきますが、基本は横山試練の一戦といった展開です。そして、激しい攻めを耐え切った横山が、ものすごい回転してからのスパイラルデスバレーで小幡から勝利を上げました。場内はこの日一番の大盛り上がり!鈴木の勝利を1とすると100倍くらい盛り上がってました。ドラマもあって説得力のある素晴らしい勝利でした。場内は横山コールです。いやー、ゼロワン、ちゃんと若手も育ってるんですね。

10580214_618731214906985_3843174828568459697_n



大谷晋二郎、○横山佳和
14分14秒 スパイラル・デスバレーボム→エビ固め
田中将斗、●小幡優作

sponsored link


日本のプロレスはサムライTV、WWEはJ-Sports



第8試合 火祭り2014決勝戦 時間無制限1本勝負

さあ、いよいよ決勝です。開幕戦はすごいテンポ良かったけれど、この日は3時間超えです。ちょっと長い。

10530867_618731154906991_205372200803521727_n


崔と並ぶとKAIは意外と貧弱です。身長も体格も崔が軽く上回っています。肩幅が全然違いました。これだけ恵まれたモノを持っていながらなぜ崔は…。とはいえ、今日の勢いを見る限り、今日の崔はやってくれそうです。
本日3試合目の崔は満身創痍と思われたのだけど、意外と動きは良く、ミドルキックでKAIをグロッキーに追い込みます。
その後、一進一退の攻防が続きます。ただ、トップロープの攻防などをことごとく崔が制して、若干崔有利か。高さ十分のコーナートップからのブレーンバスターは迫力がありました。

10421198_618731124906994_3687512329879959096_n

また、驚いたのは、コーナートップに上ったKAIを、崔が走り込んでからのミドルキックで迎撃したシーンでした。コーナーに立ってる相手にジャンプしてミドルキックですよ。初めて見たけど驚きました。


10574419_618731108240329_6401470719674132990_n

惜しかったのは、ブレーンバスターもこのミドルキックも終盤に2回くり返したところです。展開被ってる!そして那智の滝でついに崔が勝利!火祭り優勝は崔領二です!


●KAI
18分06秒 那智の滝→体固め※崔が2度目の火祭り優勝
○崔 領二


勝利者インタビューでは、さわやかに「人生なんて頑張ってもちょっとしか成功しないものです」と、10回以上出場して2回しか優勝していない自分を引き合いに出した発言をしました。良い台詞です。
しかし、その後「俺はここにいる他の選手と違う目標を持っています。近い将来、必ず成し遂げますので応援お願いします!」という発言をする崔。ん?全く予想できないです。客席もポカーンとしたリアクション。そりゃ何やりたいのか分からない発言を応援はできないですよね。。WWEにでも行きたいのか??


最後の発言がよくわかりませんでしたが、火祭りは盛況のうちに幕を閉じましたよ。

10551082_618731071573666_4570263729555543942_n
試合後は崔選手が出口でみんなに握手してくれました。ファンサービス良いですね!

おまけ:小橋が来てました。

10580226_618758404904266_1790290392269075154_n
バルコニーから見守る小橋健太。(隣で観戦してた人が「小橋いるよ」と教えてくださいました。週プロで連載をしているのだとか)


週刊 プロレス 2014年 8/6号 [雑誌]
ベースボール・マガジン社
2014-07-23



【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

 

この記事では、2014年8月3日(日)に後楽園ホールで開催されたプロレスリングZERO-1の興行である「火祭り2014」の決勝戦の観戦記(その2)を書いています。


BuG86bqCQAEiGoA


友人に招待されて(無料で)観戦したゼロワンの火祭りがあまりに面白かったので、決勝を自腹を切って観戦してきました。観戦記その2です。その1からご覧下さい。


広告


第4試合 火祭り2014準決勝 30分1本勝負



デーモン植田 対 KAI。さて、注目の対決です。若手からイロモノに変身したデーモンはWrestle-1の外敵KAIにどんな結果を残すのか。煽りVTRが始まります。

取材班がVMとともにデーモンに呼び出された場所は、何故かデーモンの火祭り優勝祝賀会。デーモンはオネーチャン2人をはべらして得意げにしています。しかし、酔っぱらって目覚めたデーモンは縛られて吊るされています。オネーチャンたちはSMの女王様だったようで、ムチで叩かれ、ロウを垂らされ悲鳴を上げるデーモン。女王様に促され、泣きそうな声で「お前を蝋人形にしてやろうか!」という決め台詞を吐いたところで、音楽がスタートしてデーモン植田入場。

10455208_618731451573628_1788808512660845167_n
スクリーンには陵辱されるデーモンの姿が垂れ流し。なんじゃこりゃ。


試合は、KAIが優勢になったところを、セコンドが介入してデーモン有利に。前回、佐藤耕平に勝ったときは(デーモン水を多用したとはいえ)セコンド使わずに勝ったのになあ、、と思いつつも、勝ちにこだわる姿勢は支持しましょう。
しかし、満を持したデーモン水(毒霧)はKAIが両腕でがっちりとブロック。


10474691_618731251573648_5126077091271996508_n

そのままスプラッシュ・プランチャ(ダイビングボディプレス)でKAIが順当に勝利しました。


○[Aブロック1位]KAI
11分12秒 スプラッシュ・プランチャ→体固め※KAIが決勝進出
●[Bブロック2位]デーモン植田


sponsored link


日本のプロレスはサムライTV、WWEはJ-Sports


第5試合 火祭り2014準決勝 30分1本勝負

58861_618756391571134_6116795185926700228_n


佐藤耕平 対 崔領二、ゼロワンを背負う中堅対決です。ゴングが鳴るなり崔が先制で追い込みます。しかし、耕平も強烈な裏投げとファルコンアローで反撃します。ヘッドバッドで耕平が流血したものの、勝負を制したのは崔。必殺のシドマスを決めてわずか5分少しで勝利します。これで決勝はKAIと崔の対決となりました。

短いながらも見応えある試合でした。


○[Aブロック2位]崔 領二
6分49秒 シドマス→エビ固め※崔が決勝に進出
●[Bブロック1位]佐藤耕平




第6試合 NWA UNヘビー級選手権試合 60分1本勝負

10584047_618756458237794_1332551881468629237_n

休憩をはさんでの一発目は、UNヘビー級選手権。
火祭り予選敗退同士によるタイトルマッチ…という位置づけではあるけれど、個人的には注目している2人の対決なので期待は高めです。

試合は全身をペイントしたタマ選手が優勢に進めます。エルボースマッシュで何とか反撃するものの、途中から鈴木選手はグロッキーになってしまいます。しかし、タマ選手必殺のダブルアームパイルドライバーは何とか回避。そして逆転のダブルアームスープレックスを決めて3カウント。


ずっと押されていてあまりダメージを与えていなかったように見えたので、唐突なフィニッシュに場内は反応なし。鈴木選手としては結果は残せたけれど、印象を残せなかったな、という少し残念な結果です。

関本選手と対戦した火祭り開幕戦ではとても良い動きだったと思ったのだけれど、タマ選手とだとまだ良さが出なかったのでしょう。


勝利した鈴木選手は、マイクで師匠であったビルロビンソンに対する感謝を述べ、次回防衛戦にケンドー・カシンを指名。ただ、滑舌が悪くて肝心の「ケンドーカシン」がほとんど聞き取れず、場内ノーリアクション。

ゼロワン見に来る人ならきっとケンドーカシンに反応を示すはずだから、単純にみんな聞こえてなかったんでしょう。あー、やってしまったなあ。


●[王者]タマ・ウィリアムス
8分52秒 ダブルアーム・スープレックス→体固め※鈴木が新王者に
○[挑戦者]鈴木秀樹

セミとメイン(決勝)の様子はその3に続きます。

広告
(プロレス小ネタの多い舞台の映像版です)

【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link

 

このページのトップヘ