プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:NFL

この記事では、2014年のNFLのプレーオフ、NFCカンファレンス決勝をテレビ観戦した感想を書いています。もう一方のAFCとうってかわった超激戦でした。


NFC_NFL



最近ではプロレスよりもアメフトにハマっています。NHK BS1で放送された試合の観戦記です。前回の記事で、G1でいうBブロック1位決定戦に相当、全体の準決勝ともいえる、AFC決勝のレポートをお伝えしました。今回はAブロック1位決定戦ともいえる、NFCのカンファレンス決勝のレポートをお伝えします。

NFCの決勝に残ったのは、アメリカの中北部にあるウィスコンシン州のチーム、グリーンベイ・パッカーズと、前年の全米覇者、ワシントン州はシアトル・シーホークスの2チームです。

新日本プロレス好きな方に解説すると、常勝メンバーである中邑(パッカーズ)と近年最強のオカダ(シーホークス)の激突というところでしょう。


広告


AFC決勝の感想

前年スーパーボウル覇者(全米優勝)のシーホークスは、タレントぞろいのチームです。パスだけでなく、足も速いQBラッセル・ウィルソン、何があっても絶対後ろに倒れないRBマーション・リンチ、DF陣もBest in the Business(業界最高の選手)と呼ばれるCBシャーマンに、脅威の跳躍のSSチャンセラーなど、スター選手ばかり。攻撃力もあるけれど、2年連続守備1位というチームです。

対するは、2014年度のMVPであるレジェンド予備軍のQB、アーロン・ロジャーズ率いるパッカーズ。的確なパスが持ち味で、得点数は今季は全32チーム中1位。言わばロジャーズの攻めとシーホークスの守りの戦いです。

しかし、試合は一方的なパッカーズの攻めでした。シーホークスのウィルソンはとにかく攻撃ができない(パスが通らない)。怪我しているという噂もあったロジャーズはそんなそぶりもみせず、とにかくパスが通るし、ランも良く出る。
シーホークスは前半の攻撃時間がほとんどないまま16-0と完封されてしまいました。ただ、ディフェンスが脅威の粘りで、4回の得点機会中3回をフィールドゴールに抑えます。最大28失点のところ、16点で抑えます。とはいえ、DFが頑張っているけど、オフェンスのミスが多い、言わばクソ試合の様相を呈していました。守備が決壊したらもっと酷い点差になることが想像されます。

しかし、この試合は後半が凄かった。3QにFGから走るトリックプレーで7点を返すものの、その後が続かないシーホークス。流れを引き寄せることができず、さらにパッカーズに3点を取られます。残り2分で、なんとかTDを奪って19-14とするものの、もう時間がありません。しかし、ここから奇跡がおこります。オンサイドキックというイチかバチかの戦法で、攻撃権を取り戻すことに賭けたのです。そして、まさかの成功。滅多に見ない戦法のうえ、成功率は25%しかないとのこと。土壇場でこんな事を成功させるなんて、神がかっています。

残り2分でTDを奪えば逆転勝利が確定というシチュエーションで、見事にTDを奪います。そして、ツーポイントコンバージョンも成功させ(あわや失敗かと思ったところでロングパス、びっくりしました)、ついに22-19と勝ち越します。

しかし、素早く攻めすぎたので、残り時間がまだあります。ロジャーズは脅威の集中力でササッとFG圏内までパスを通し、キッカーも強心臓で決して近くないFGを成功させ、22-22の同点となりました。

そして、延長戦であるオーバータイム(OT)です。どちらが有利なのか分からなかったけど、シーホークスが先攻に。そしてこの日全く活躍の無かったWRカースへのロングパスが通ってシーホークスが28-22で勝利!本当にとんでもない試合でした。

勝利したウィルソンは感極まって泣いていました。4回のインターセプトと、大不調といってもいい出来だったのに、DFの脅威の粘りと、土壇場でのウィルソンの集中力と強心臓がもたらした、素晴らしい勝利でした。スーパーボウルはシーホークス応援するしか無いですね。







当ブログは、一応プロレスブログ。他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


この記事では、2014年のNFLのプレーオフ、AFCカンファレンス決勝をテレビ観戦した感想を書いています。

AFC_NFL



最近ではプロレスよりもアメフトにハマっています。NHK BS1で週に3試合放送されているアメリカのプロリーグ、NFLの中継を10月以降、全放送を欠かさず観戦しました。 

最終日まで決勝進出者が分からない最近の新日本プロレスのG1クライマックスのごとく、混戦だったNFLの2014シーズン。ただ、フタを開けてみると、強豪が順当に準決勝に進出してきました。

1月中旬に、AFCとNFCというプロ野球でいうパリーグ・セリーグみたいな区分けの1位を決めるのがディビジョン決勝(全体からみると準決勝)が行われました。

ディビジョンの中に4つの地区があるのだけど、NFC決勝は北地区1位のグリーンベイ・パッカーズと、西地区1位で昨年全米を制したシアトル・シーホークスの対戦でした。 AFC決勝は、東地区1位のニューイングランド・ペイトリオッツと南地区1位、インディアナポリス・コルツの対戦です。
新日本プロレス好きな方に解説すると、G1の準決勝の顔ぶれが、常勝の棚橋(ペイトリオッツ)と中邑(パッカーズ)、そして近年最強のオカダ(シーホークス)の3強、そして予想外の健闘を見せた真壁(コルツ)というところでしょうか。今回の記事では、新日本プロレスG1の準決勝で棚橋と真壁が激突したような、ペイトリオッツ対コルツの感想を書きましょう。

広告



AFC決勝、ペイトリオッツ対コルツの感想

こちらは、一方的な試合でした。コルツを真壁に例えてしまったけれど、実際にチームを率いるのは、若干3年目の若手QBであるアンドリューラックです。この3年間で、地区優勝が2回です。コルツは、準々決勝で現役ながら生きるレジェンドともいえるペイトン・マニング率いるデンバー・ブロンコスを鉄壁のディフェンスでほぼ完封しました。今回対するは、もう1人の現役レジェンド、トム・ブレイディ擁するペイトリオッツ。2試合連続で大物を撃破して、時代を動かすのか!

しかし、37歳という大ベテランにもかかわらず、絶好調のトム・ブレイディ率いるペイトリオッツの前にはなす術なく、殆ど何も出来ずに敗戦しました。固いガードに阻まれてパスが通らなかったのと、ラン攻撃を主体としたペイトリオッツに好き放題走られていました。

ペイトリオッツには、ボールに細工をして握りやすくしていたのでは、という疑惑が出ていましたが、それを差し引いても準々決勝でレイヴンズに苦戦したのがウソのような、ペイトリオッツの強さばかりが際立つ試合でした。

そんなわけで、一方的な展開で若干しらけつつも、常勝軍団であるニューイングランド・ペイトリオッツが決勝(第49回スーパーボウル)に進出しました。

次の記事では、ペイトリオッツと対戦することになる、もう1つのリーグである、NFCの決勝の感想をお伝えします。

広告


NFL 2014カラー写真名鑑 (B・B MOOK 1096)
ベースボール・マガジン社
2014-08-30



他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


このページのトップヘ