プロレスに日本の未来を託すブログ

日本経済復興のカギは、プロレスにある!プロレスに学ぶ、ビジネス論をお届けします。

タグ:WWE

この記事では、2014年7月10日(木)に東京の両国国技館で開催された、WWEの興行、WWE Live (日本公演)の初日の観戦記を書いています。


photo 3



仕事が忙しくないので、WWEに行ける事に気づきました。私はそこまでWWEは詳しくないけど、せっかく来日して下さっているし、帰ってもヒマだし…と思って当日券で行ってきました。

仕事が忙しくはなかったものの、定時で抜けられず、19時スタートのところ20時に到着しました。当日券の一番安い3000円の席は売切れ(というか販売停止)だったので、5000円で入場しました。

ミズ対ジグラー、キングストン&ビッグE対ハーパー&ローワン、そしてサミ・ゼイン(元エル・ジェネリコ)対エイドリアン・ネヴィル(元PAC)の3試合は残念ながら見逃してしまいました。

なお、不幸中の幸いに、この日は東京に台風が接近していたのですが、私が会社を出た時と両国駅についていたときは雨も風も止んでいました。

ビールと両国焼き鳥を勝って着席すると、ちょうど第4試合が始まるところでした。

photo 1


第4試合
ロマン・レインズ&ディーン・アンブローズ 対 ケイン&セス・ロリンズ

仲間割れしたとはいえ、SHIELDはすごい人気ですね。ケインは入場しても火柱は上がらず。TV中継のないLiveだと入場は簡略版なのですね。

ロリンズ(とケイン)にひたすらブーイングが浴びせられ、レインズ&アンブローズにはものすごい声援が飛び交っていました。特に、アンブローズが孤軍奮闘する場面が多く、場内のアンブローズへの声援が大きかったです。

ちょっと笑ったのは、アンブローズがロリンズとケインを場外に連れ出して1人で頑張っているときに、レインズが加勢してこない。どこにいるのかと探したら、レインズは鉄階段に座って存在感を消して休んでました。ええっ??

一進一退の激しい攻防の末、レインズがケインとロリンズを蹴散らしたと思ったところで、ロリンズがマネーインザバンクアタッシュケースで攻撃してしまい、反則裁定でした。結局20分弱も試合をしてました。お腹いっぱいですね。


ここで休憩。よかった、1時間遅刻したけど、まだまだ試合残っていたのですね。

広告




第5試合
ペイジ対アリシア・フォックス


試合(Match)かダンス対決(Dancing Off)かTwitterで募集した結果、7:3くらいの大差で普通の試合になることが決定しました。ペイジは人気がありますね。アリシアのヒール攻撃に若干苦戦したものの、4分でペイジが勝利しました。

サソリ固めの体勢から、反転しないでそのまま相手の顔面を後ろに締め上げるという「その手があったか」的な技(PTOというらしい)がフィニッシュホールド。

ブロンドでもセクシー路線でもなくて、ヒールでなくて、そこそこ試合ができるディーバってこれまでいましたっけ?ペイジ、もっともっと人気出そうですね。




第6試合 シングルマッチ
ロブ・ヴァン・ダム対セザーロ with ポール・ヘイマン


リングアナのコールをさえぎって、ポールヘイマンが入場。場内大声援です。わき上がるECWコール。みんなECW好きなんですねー。ヘイマンは自分の顧客であるブロックレナーの偉業を讃えたあとで、スイスの英雄であるセザーロを呼び込みます。続いて入場したのは大人気のRVDです。

私が深夜にテレ東で見ていた頃からの大スターですが、顔を見ると随分と老けてますよね。でも年齢を感じさせない動きでした。

かなり見応えのある熱戦だった、、のですが、私はビールで酔っぱらってほとんど居眠りしてしまいました…。5000円の入場料が500円もしないビールで台無しに。。。

ロブ・ヴァン・ダムがあのファイブスターフロッグスプラッシュで勝利をしたそうです。見たかった・・・



sponsored link



第7試合 WWE世界ヘビー級王座戦
[王者]ジョン・シナ 対 [挑戦者]ブレイ・ワイアット

シナって王者なんだっけ、、と思ったら、先週に開催されたマネーインザバンクでブライアンが王座返上して、それを戴冠したそうで。全く追えてないです。

最近売り出し中のワイアットファミリーなんだ、と思ったら、想像以上に人気がありました。客席のいたるところで羊のお面をつけている人がいたり、入場時は1-2割近い観客がペンライトやらスマホを光らせて闇の中の入場を盛り上げます。1年前アメリカで見たときはこんなに支持されていなかったような。
photo 4
ほとんどのエリアでみんなランプ(ライト)つけてた。

そして、ジョン・シナの入場です。今更シナなんて…と思っていたら、日本のWWEユニバースのシナ支持率は高かった。この日一番の大歓声が沸き起こりました。私は特にファンというわけじゃないんだけど、やっぱり見ると嬉しくなりますね。
photo 5
こちらもメイン&タイトルマッチにふさわしい大熱戦でした。随所でワイアットファミリーが乱入するものの、レフェリーが退場を命じて、途中からは一対一の戦いに。

Let's go Cena & Cena Sucks! のコールが日本でも交互に沸き起こっていました。

シナは持ち技をほとんど出すものの、ワイアットは粘る。セコンドが再介入してきたものの、全てかわしてシナが勝利!見事に王座を防衛しました。

いやー、ハウスショーって甘く見ていたけれど、ヘタに特番とか次のストーリーとかに繋ぐ必要がないので一夜完結という位置づけがあるため、興行全体の満足度はすごく高いですね。各試合の長さや内容もとても満足でした。

(アメリカ住んでいる時にスマックダウン観戦したんですが、演出が派手でびっくりしたけど、煽るだけ煽って不透明決着・短期間決着ばかりで何だかモヤモヤしたのです)


客層は様々ですが、WWEファンが多い感じでした。WWEのTシャツ着ている率が高かった。20代〜30代の独身男女が多かったかな。中学生同士できている人もいた。外国人もそこそこ来ている感じでした。

photo 2

マス席前方を潰してイス席を作っていたこともあって、アリーナ席が広めでした。6178人という発表は本当だと思います。(ただ、台風で来なかった人もカウントしているかも)

1万人入る両国国技館にしては6割の入りとは寂しい数かもしれないけれど、花道などで一部座席を潰していました。ファンは賑わっていたし、客席が薄暗かったこともあって、客席がガラガラという気はしませんでした。悪天候の平日で翌日ホーガン来るという状態では健闘したのではないでしょうか。


広告


【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のない記事への引用はご遠慮ください。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link



 

この記事では、2014年6月8日から6月14日までにアメリカのプロレス界(主に中南部インディー)で起こった出来事をお伝えします。


IMG_5005



NWAを中心に、私が押さえている範囲で、アメリカのプロレス界(の片隅)で起こった出来事をお伝えします。期間が中途半端なのはご容赦ください。

1:WWEがスーパースターを大量解雇

WWEは追っていないのだけど、WWEに出場していた選手たちは、小さなインディー団体にとっては、喉から手が出るくらい欲しい素材です。全国区の知名度や、大舞台で身につけたオーラや技術。解雇された彼らは、今後、生活の為に地方のインディー団体に上がることもあるでしょう。

もとWWEスーパースターであるハリケーンことグレゴリー・シェイン・ヘルムス氏が、解雇された人たちへ暖かいコメントを出していました。

(拙訳)契約終えたスター達へ。自由を謳歌するんだ。インディー界は凄いし、世界のレスリングの故郷だ。


WWEはプロレス界最大の「舞台」だけど、近年俺が見ている最高のレスリングはインディー界だ。幸運を!

要するに、何人かは不安だったり落ち込んだりしてるけど、他はWWE後の人生があるってことだよ、約束するぜ。

同じようにWWEを去りながらも、インディー界で活躍を続けている(であろう)ハリケーン選手ならではの、将来を不安に思っているであろう、元WWEスター達に対するエールです。

自分が努めていた大企業を退職して、新天地で何とかやっていくようになって、退職することになった昔の同僚達に「あの会社だけが会社じゃない。お前ならきっと新しいところで上手くやっていけるさ!」なんてサラりと言えるようになりたいですね。


広告


2.AJスタイルズがNWA系列の団体に出場



アメリカ最大の祝日は4th of Julyこと独立記念日です。
この記念日に、アーカンソー州ベントンという街で、NWA Summer Clashというイベントが開催されます。ポスターからも分かるようにやたらと出場者が豪華です。

メインイベントは、新日本プロレスの王者であるAJスタイルズ 対 スティーブ・アンソニー (Steve Anthony)
他にも、新日本に上がった、ジャックス・ダン、ロブ・コンウェイ、ビッグダディ・ヤムヤム(バイロン・ウィルコット)や、ティムストームなどが参加するようです。テキサス州でもないのに、NWAローンスタータッグ王座戦も行われます。(マットリヴィエラ&グレッグアンソニー組対ロックンロール・エキスプレス)

3.ランス・アーチャー、テキサスのInspire Proで王座戦

NWA加入で勢いづいているであろうテキサス州オースチンの団体Inspire Proの興行"Clash At The Bash"が開催されます。(現地時間で6月15日)


注目すべきは、Inspireの王者であるマイク・デルに、ランス・ホイトことランスアーチャーが挑戦することです。



あと、UCWというとこも侵略するらしいです。6月15日に。お祭りかな。


4.新日本プロレス、渡辺高章選手、クリスヒーローと対戦

詳細不明です。

6月8日のライバルスクールズなる大会でクリスヒーローと対戦したっぽい。追い切れてません。ROH?

sponsored link

日本のプロレスはサムライTV、WWEはJ-Sports


5.CZWのトーナメント・オブ・デスが開催される 


大日本プロレスファンを名乗っておきながら一切追えてませんが、6月14日にデラウェア州で、CZWのデスマッチトーナメント、Tournament of Death 13 (通称TOD13)が開催されます。



日本からは葛西、沼澤、復帰した竹田誠志が出場します。MASADAも出るようです。誰が優勝候補なんだろう?

不定期にこんな形でアップデートして行こうと思います。よろしく。

広告



【ご注意】
リンク・引用は歓迎。ただし、追加情報のなく記事を引用しないでくださいね。

他の最新プロレス情報はこちらで。

プロレス ブログランキングへ

sponsored link


 

このページのトップヘ